5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女は言語能\力が優れているという表\現について

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 16:12:51 ID:V9zNcq6Y
女は言語能\力が優れていると言うが、言語能\力って?
男の場合、空間認識能\力や思考力など、随分具体的な表\現をされているが
女は何?言語能\力???w一体なんだそれは
言語能\力とは具体的かつ長い文章を書くことか?
それとも短い文にまとめることか?
それともできるだけ多くの語彙を用いて文章を組み立てることか?

この通りはっきりしない
数学などは自分が得ている公式などの知識を駆使して解く。
言語も同じ。自分が得ている知識(言葉)を駆使して解く。
文章を構\成することは、例えば日本語なら主語〜述語という流れは一定なんだから、結局は公式に当てはめる行為、問題を解く段階で公式を用いる行為と何も変わらない。
数学や物理も言葉も原理となる根本的なところは同じだ。
ここが、女が気を使われてるところさ。
女が得意なのは正確には言語に関することじゃなく、アホ鳥でもできるただ単純なことが得意なだけ。いわゆる雑業。
数学の世界では公式に当てはめるなどの単純な計算は、究極の基礎でひらがなみたいなもんで、いくら連続でできたり多くできても、数学が得意だということにはつながらない
数学の本質はもっと複雑で深いところにあるからね。
ところが言語の世界では、本質が相手との意思伝達のところにあるため、単純な構\成の文の連発でも相手に伝わることで、できてると言えてしまう。
ここなんだよ。女の言われてるところは。
女は単純なことが得意。その連発、いわゆるおしゃべり、日常生活の会話レベルが得意なだけ。
しかし、男のような能\力を持ちえていないため、もはや複雑な文がやたらと連発されてる論文となるともはやお手上げさ。
正確には日常会話レベルが得意というべきものを、大きく気を使ってやって言語が得意なんだ、と言ってやってるだけなんだよね。
脳の構\造的に単純的なことが得意なことを、無理やり言語方面にこじつけてあるだけさ。
おかげで、 言語能\力 なんていう、いかにも気を使ったことがバレバレの曖昧な表\現になってしまったんだろうがね


2 :KKKK:2007/01/31(水) 16:13:23 ID:LtbJq408
2get

3 :そもそも女の存在とは:2007/01/31(水) 16:14:27 ID:V9zNcq6Y
とある家庭の例


XY男 XX女
一代目         YX^1─┬─X^2X^3
                  │
                   ┌─┴─┐
二代目   X^4X^5─┬YX^2  X^1X^3───┬─yX^6
               │               │
               │            ┌─┴─┐
三代目   X^7X^8┬YX^4  y1X^9─┬X^3X^6 X^6X^1─┬─y2X^10
            │           │            │
         ┌─┴─┐      ┌─┴─┐       ┌─┴─┐
四代目    YX^7   YX^8   X^9X^6 X^9X^6  X^6X^10  y2X^6


さあ、この辺で一代目と比べてみよう!

男児→YX^7 YX^8
一代目との関係→Yにより三代目、二代目とさかのぼり、一代目と繋がりがあることがはっきりとわかる


女児→X^9X^6 X^6X^10
一代目とのk(ry

プップププププププwwwwwごっちゃになっててもう誰が誰だかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
これこそまさに、どうでもいい存在www
そして、男児の子を産むだけの器ということがはっきりと証明できますwwwww

存在意義が子を産むだけってwwwwwwwwwプププププププププwwwwwwwww


4 :そもそも女の存在とは:2007/01/31(水) 16:16:12 ID:V9zNcq6Y
女は雑業係だからね。
生物学的にも、雄の存在意義は種の進化、繁栄であることに対して、
雌の存在意義はただの子作りだから。
女はプロトタイプ、男になれなかった試作品、不良品だからね。
人間は進化してるから、ただの子作りに加え、雑業というものを女に与えたんでしょ


どころで、女の存在なんてどんなものか知ってるかな?
まず男は男であることでY染色体によって永久に引き継がせることが可能\だが、
女は一代一代でX染色体がごっちゃになってしまう。
つまり、それだけいい加減ってことは、継ぐ存在としてはどうでもいい存在ということ
すなわち、一代のみの、男性の子供生むためだけの存在。

これをもとに考えてみろ。
遺伝子数が多いということは、それだけ蛇足も多いわけだ。
だいたい必要なものを確実に継がせるには少ない方が有利に決まっているだろう。
女なんて情報が多すぎてごっちゃになってるだけさ
つまり、それだけ一代で十\分って存在なんだろうが
大体、たかが子を産むだけの器にすぎないんだ
そんなものに二代目も五代目もいらないだろ

しかも、最初はみんな女だっていうしね。
男は女→男ってなるんだろ?
ようするに、なりそこない・できそこないは女の方なわけよ
生産過程で機能\を付け忘れた不良品みたいな
まあここまで徹底解剖しなくても、能\力面だけで、女は男のできそこないってのは明らかだけどね。
でただできそこないの不良品を死なせるのはもったいないから、
そのできそこないの不良品にせめて正規品の男性をマンコから産むという役割が与えられたんだろ


5 :◆xIbVusqPEM :2007/01/31(水) 16:17:21 ID:C9ly+5s/
>>1>>4
なんでエスケープ対策されてるんだろうw

6 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 16:17:30 ID:tw85kj5/
言語能力が優れているなら、世界を揺るがす哲学や考察を産み出せたはずです。
無駄口叩いて、相手を怒らせる能力は、「優秀な言語能力」と言えません。

7 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 16:17:36 ID:V9zNcq6Y
>>3を見る限り、男女の在り方はもう歴然だね。
Y染色体は男性を通じて永遠に継がれる。
すなわち、そのY染色体を持ち得ている男性は、生物の本質である遺伝に完全に理にかなっている存在なわけだ。
これが俗に言う、万世一系。
しかし、X染色体しかもちえていない女の場合、毎回ごっちゃになってどの家系か何がなんだかw
そりゃあそうだ。男のなりそこない、すなわち生物の本質からずれて、男性が生まれるためのサブに過ぎない女という存在にそんなものいらないだろう。
で、X染色体を二つもちえていることでどんな利点があるんだい?

そう言えば、女はX染色体を二つ持ち得ているそうだが、一つは不要で不活性化されているそうだよ。
一つあればよいX染色体をわざわざ二つ持って一つが不活性化されているということはつまり、女とは一代だけでよい使い捨てで、ただ腹から出して子育てをするだけが目的とされてる存在に加えて、
男性が存在するためのXYのXの運び屋とも言えるわけだね。

男性→男性、とその系統を繋げるために男児を産む役割だけでなく、その男が存在するためにXの運び屋の役割も果たしていたとは、ほんとどこまでも男のプロトタイプだな。



8 :◆xIbVusqPEM :2007/01/31(水) 16:27:12 ID:C9ly+5s/
>>1
他言語学習能力といえばまあなんとか。
つーかY染色体希少価値論ですかね。そりゃ世の遺伝子の1/4はYですが。
>>3の意図がわからん。あくまで例であって確率表というわけでもなく。

9 :水戸肛門:2007/01/31(水) 16:36:51 ID:zfaJmtwj
女の優れているところ

・脂肪蓄積能力(おっぱいを膨らますことができます♪)
・輸血用の肉体(生理中の血液垂れ流し)
・理屈を排除して感情だけで物を考えられるご都合主義(男性のように理論や我慢を知らずに生きていけるので長生きできます)

こんなところかw

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 17:08:02 ID:q0PxHpXK
>>1
女は言語能力に優れている、なんて言ってる人、養老孟司教授以外で知らないんだけど
そんなに一般的な通説なんでしょうか

11 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 20:54:21 ID:SsMdBySV
>>1
その件に関しては、文系脳、理系脳という側面を無視してはならんようだな。
感情・情緒に関する、言語体系、ボキャブラリーに関して

これらに関して、理系脳を駆使して解明していくという点において
まだまだ、未知なるポイントが残されているのではないのだろうか

なお、これは、ただのメモである。
と突っ込みを回避して、筆を置こう。

12 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 20:59:39 ID:XZFADn2D
男が女に暴力を振るうことについて、腕力の差を理由に非難するなら、
女が男への暴言を振るうことは、言語能力の差を理由に非難されるべき

13 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 23:25:53 ID:ipuiO8zR
>>12
すげー論理!

14 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 23:26:46 ID:ipuiO8zR
女は言語能力が男より強いんだから悪口言うなよな!

15 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 23:31:12 ID:V+eomuIE
男性差別ってたくさんあるんだね。

フェミの悪夢…
2ch の男性解放思想が社会に広まることwwwww

16 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 00:18:02 ID:u6V1nYOv
>>13
いや、正論だろ。

17 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 00:36:45 ID:CvJxZZZd
>>16
そういういみですげーってことだよ

18 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 00:39:56 ID:ozZfYLJX
女の言語パターン
1 いわゆる「説明」ができないので、自分の要求を舌足らずに述べるだけ。それで伝わらないと怒りだす。
2 自分の失敗や欠点は、あからさまになかったことにするか、または全く因果関係のないものを持ち出してそれのせいにする。
3 「変なの」「おかしいわ」など無条件に否定する言葉で相手を攻撃する。

女どうしの会話を聞いていると、互いにほとんど理解し合ってないのに、理解したふりをしていることがわかる。
もっとも理解といっても、特定の商品について「かわいいねー」「そうだよねー」のレベルにとどまる。

19 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 00:41:08 ID:ozZfYLJX
   ▼▲▼▲▼▲▼▲   な ぜ 女 の 脳 は 劣 る の か   ▼▲▼▲▼▲▼▲  
  
女は言葉数が多い。
実はこれは女の脳が男の脳と比較して左右の脳の機能分業が未発達であることと
関係している。
男の脳は、言語的思考を左脳に担当させることにより、右脳における  
高度な空間認識能力や、抽象的思考力を獲得した。  
これが、芸術、宗教、哲学などの分野が男の独断場である理由である。
さらに左右の脳の協調を要する物理学において女の努力が実らないという  
事実は、誰もが認めるところである。
ところで右脳が発達した者同士の会話では言葉の数を減らしても、高度な
コミュニケーションが可能である。
例えば、赤を表現するのに言葉で説明すると膨大な言葉をもってしても、
なお伝達できないのに、実際にイメージできれば説明は不用になるのと  
同じ原理である。  
左右の機能分化が遅れている女の脳では、右脳による高度な空間認識、抽象的
認識の能力を得ることができなかったため、必然的に脳全体を使って言語を  
駆使しなければならない哀れな存在なのだ。  
これ故女は言葉数は多くなるが、背景に高度な抽象的意味内容を持つ言葉  
になると、右脳の高度な働きが必要となるため、ここでも男が優位にたつのである。
つまり女が得意とするのは日常会話レベルにすぎないのである。   

20 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 06:45:01 ID:emOgcqZ7
ミトコンドリア イブ でぐぐってこいチンカスども。

>>19
コピペにマジレスさせてもらうが、似非科学乙。

21 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/01(木) 20:07:55 ID:+XYwIlH4
>>18
だからさ〜、その女という部分を全部、文系脳に言葉を置き換えても
文章が成立してしまうんでないの、という仮説をたててみるかな。

そ、このような、感覚、フィーリングによる
<メディアの言動>に、いとも容易く、疑問すら持たずに
流されていく人々のなんと多いことよ。
掲示板もある種のメディアだからな。
さあ、理系脳を鍛えよう。

22 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 05:02:35 ID:yPcEDfGY
>>20
とある家庭の例

XY男 XX女
一代目         YX^1─┬─X^2X^3
                  │
                   ┌─┴─┐
二代目   X^4X^5─┬YX^2  X^1X^3───┬─yX^6
               │               │
               │            ┌─┴─┐
三代目   X^7X^8┬YX^4  y1X^9─┬X^3X^6 X^6X^1─┬─y2X^10
            │           │            │
         ┌─┴─┐      ┌─┴─┐       ┌─┴─┐
四代目    YX^7   YX^8   X^9X^6 X^9X^6  X^6X^10  y2X^6


さあ、この辺で一代目と比べてみよう!

男児→YX^7 YX^8
一代目との関係→Yにより三代目、二代目とさかのぼり、一代目と繋がりがあることがはっきりとわかる


女児→X^9X^6 X^6X^10
一代目とのk(ry

プップププププププwwwwwごっちゃになっててもう誰が誰だかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
これこそまさに、どうでもいい存在www
そして、男児の子を産むだけの器ということがはっきりと証明できますwwwww

存在意義が子を産むだけってwwwwwwwwwプププププププププwwwwwwwww



23 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 05:03:45 ID:yPcEDfGY
>>20
系統の継がれ方の問題に対し、母親から継がれるものもあるという、

当たり前の上に、全く無意味な話を持ち出して喜んでいる救いがたい無能女(プッ

確実な男性と違い、女の場合、一世毎に父親のXと母親の片方のXが交差し、ごっちゃになってしまうため、

実はどっかの遠い無縁な人間の家系であったりするわけや。

そんな一世毎にごっちゃになってる、生物の本質である系統に関していい加減で、

たかが産むだけの器に過ぎない母系をたどったところで、一体何の意味があるんかのう?(爆笑)

しかも、母系の判別は男性からも可能である。

が、もっとも男性にとっては父系があるため、自分達をこの世に生ませるため だけ の器に過ぎない

母系などたかがおまけに過ぎないがな(大爆笑)

24 :コフ ◆h0ovIHjVDU :2007/02/02(金) 05:54:21 ID:dAguUGRg
女が言語能力に優れてるというのは本当だと思うよ。
例えば英語の先生とかはたいていが女の先生だからね。
逆に男は女にくらべて視野が広いといわれてる。だから社会の先生はたいてい男の先生なのだとか。

25 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 06:03:53 ID:0gemnBUK
>>24
それを証明するためには、まず、英語の先生の男・女の数
社会の先生の男・女の数をデータとして出さないと
いけませんねぇ。
さて、言語表現能力と考えれば、例えば小説家の男・女の数も考える
必要があるだろうな。

26 :東☆八漏 ◆8masoKjFq6 :2007/02/02(金) 06:19:33 ID:IX33OMyq
女の言語能力が優れている、男の○○倍の能力!とか言われているのは、
実際には「与えられた語句の類義語を一定時間内に何種類提示できるか」
といったゲームめいたテストの結果に根ざしているもので、実際に論述する
能力や論証の厳密性、言語理解力等を総合的に調査した結果ではない。

27 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 10:40:50 ID:PJwTqXNJ
言語能力が優れているのなら、会話をすれば延々と話ができるはずだ。

しかし、女は男性様が話を振らない限り確実に会話をとめる。

28 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 13:56:46 ID:1fvUGVrN
言語能力ってのはちょっと範囲が広すぎるな、
もう少し限定的に絞るなら優れてる点もありそうだが。

29 :九条 氷雨:2007/02/02(金) 15:35:38 ID:4w1etf/O
その言語能力ってのは、作家みたいな専門の域じゃなく
一般の学生なんかの傾向って話だろ。
専門家に男の数が多いのは社会では当たり前。
小説家の統計出せとか、馬鹿馬鹿しい。
男は認めたくないだろうが、素人のボキャブラリは女の方が上。
メールなんか見てみろ。
あと、個人のホムペ。
国語の文章問題だって女の方が好むし、学生の時に頻繁に本読んだり作詩するのも大概女。
男の学生なんて漫画や専門誌が殆どだろ。
オレが見て、女の方が高いと思ってんだ。
そうハズレてはいねーよ。

30 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 15:37:00 ID:mo4Kxuh8
氷雨の言うとおり!
口喧嘩で女には勝てない

31 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 15:50:38 ID:45q2Sdq7
スレタイがaddslashesされてる件

32 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 15:55:26 ID:45q2Sdq7
女の言語能力そのものは低いが
文句を言ったりわがままいったりする能力は高い
要するに第三者を不快にしたり迷惑をかける能力は高い

33 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 20:51:29 ID:0gemnBUK
>>25の追記
国語の先生というのをすっかりしまったので、それを追加してくれ。

さてと、>>30 口喧嘩で女に言い負かされてしまうのかよ
おいおい、そりゃ情け無いなぁ。
口喧嘩の極意を伝授しようか。
まずは、相手の喧嘩モード、感情モードに取り込まれない
ということが大前提の第一だな。冷静に、客観的であるべし。
徹底的に観察すべし、

敵を知りおのれを知るべし。

続いて、彼女がなぜ感情のアラシに巻き込まれてしまっているのか
この糸口、原因を探すべし。
冷静な観察から弱点を見つけ敵に対してウィークポイントに対して
ピンポイント攻撃をしてしまうと
敵は逆上してしまうので、さらにその場合、攻撃する前にはその対処方法
退避手段すらをも考慮しておくべし。

34 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 20:54:33 ID:/G+ZwL+w
言語能力が優れてても、話してる内容はバカ

35 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 21:22:51 ID:ga2PmpdS
考えもせずに思いついたことを言葉に出すだけだからな。女は。
こんなもんを言語能力が高いとは言わん。また口喧嘩で女に勝てないと
考えるのも的外れ。

36 :九条 氷雨:2007/02/02(金) 22:11:56 ID:4w1etf/O
>33
そんなモンいらねーよ。
頭使え。
口喧嘩っても喧嘩だからな。大儀や正義なんて必要ない。
話を聞かなかったら外見とか気にしてる事を言えばいい。
暴力に訴えてきたら生傷覚悟でブチのめすか殺せ。
最低だろ?
なら口喧嘩なんか一生するな。
さらに他人につまんねーレクチャーなんかしなくていい。
バカにバカ扱いされても堪えろ。それがバカじゃない奴の義務だ。
実際にどうか、本当は向こうが1番分かってるから口論なんてしなくていい。
それが格の違いってやつだ。

37 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 22:21:03 ID:iOO32NJT
>>36
>バカにバカ扱いされても堪えろ。それがバカじゃない奴の義務だ。
>実際にどうか、本当は向こうが1番分かってるから口論なんてしなくていい。
>それが格の違いってやつだ。
でもそれじゃー当のバカがバカのまま。
バカに自分がバカである事実を気づかせる事、これは意義深い。

38 :九条 氷雨:2007/02/02(金) 22:26:30 ID:4w1etf/O
>37
まぁそれも乙だって言えば乙かもな。

39 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 22:29:32 ID:jj9CZmNs
>>36
それ、やってたら空しくなるべ?

40 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 22:33:02 ID:0gemnBUK
>>38
ぷぷぷ、すでに女みてぇに、ヒステリー起してる
九条 氷雨
大爆笑

41 :九条 氷雨:2007/02/02(金) 22:39:22 ID:4w1etf/O
>40
…そうかよ
じゃあ好きなだけ笑えよ。
しかしどうあがいても、オレが相手じゃピエロに見えるのはテメーだぜ?
タコ助は自覚出来てんのか?

42 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 22:40:41 ID:jj9CZmNs
>>41
いや、どっちもどっちだ

43 :九条 氷雨:2007/02/02(金) 22:52:32 ID:4w1etf/O
ケッ
興ざめだぜ、そりゃー?
また今度来るわ。

44 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 04:57:59 ID:PPTg3DZt
そもそも専門用語に理系脳だとか文系脳だとかいったものは存在しない
ただ脳の構造上、現代語にこじつけて使われているだけだ。

男性の脳は大きさそのもの、左脳に関してはさらに、女より大きいことに対し、女の脳はその脳の中の脳梁という部分が男性より太いだけ。
その脳梁という部分は左脳と右脳の伝達的な役割を果たすのみ。
ではなぜこのことが言語が優れているとか言われるようになったのか

右脳は直感的なもの、イメージ的なものを主な役割とする。
一方左脳の役割は処理的なもの、論理的思考的なものを主な役割とする。
つまり、右脳の直感・左脳の言語処理、この両方の役割が早くできることで言葉を早く解釈し発することなどが可能と言える。

しかし、女は「それ」だけなのである。
女は脳自体は大きくない。全体的に男性に劣り、さらに左脳は足元及ばないところにある。
男性が可能な高度な処理などが女には不可能なのだ。
つまり言語に関わるものでも、複雑な構成になっている論文等になってしまうと、高度な処理、思考ができない女の頭ではもはやお手上げなのである。
よって、決して言語に関わるものが優れているとは言えないのである。
したがって、文系的なものでも男性の方が優位と言えるのだ。

女の脳を言語に関してこじつけるとすれば、あくまで日常会話程度が優れているとまでしか言えないだろう。
さらに正確に言うとすれば、女は機械的な単純な行動が得意なだけだ。
機械的なだけに、女の得意とする行動は今や全て機械によって可能なものとなってしまったが。

言語能力という曖昧な表現に関しては、もはや女に気を使っているとまでしか言えない。
数学の世界では、論理的思考が必要とされない単純な計算ができたところで、それは解く手段としての基礎中の基礎となるだけで得意とは決して言えないが、
言語の世界では日常会話程度でも、政治などの世界でもしばしば主として使われている。
よって言語そのものが得意とギリギリだが判断できるとでも解釈されてたのだろう。
そして、言語能力という曖昧な表現になり、一分野ごとに分け、お互い強弱があるということでイーブンにしようという意図なんだろうが。


45 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 06:26:32 ID:IK1GoTaK
ボキャブラリが高いのは確かに女の方だな。
しかし大学なんかでレポートや論文書かせると作文や感想文書いてくるのは女だな。
意味理解ではなく、同じ知識や単語を共有していることによる同調や仲間意識、
共感を得たいがためのボキャブラリのような気もする。
論述(人間的言語の本質的作用)に関しては女は男にかなわんみたいだな。

あと、数学もあれはあれで「言語」であり言語能力を要求されるんだが、
数学嫌いは女に多いな。
英語教師に女が多いだとか女のほうが英語が得意だなんてのは、
単にモチベーションの問題。
日本女性は日本男性と違って欧米男性や欧米の生活に憧れがあるみたいだからね。

46 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 09:25:57 ID:3P+H86x0
女は口喧嘩が得意だと言うのは確かだと思う。
元々女は口喧嘩か同意しかできないから。それにそもそも口喧嘩というのは…

女の口喧嘩の特徴
1、事実に対して仮定を持ち出す
男性「オマエなあ…なんでこんなに借金抱えてるんだよ。それも全部お前の無駄使いのせいだぞ!」
女「なによ!あなたがもっと稼いでればこんな事にはならなかったのよ!」
2、ごく稀な反例を取り上げる
男性「だからと言って…借金してると分かっててこんな高給ブランドばっかり買ったんだろ?」
女「これなんか、100均で買ったものよ!いいじゃない!!」
3、主観で決めつける
男性「だから、どう考えても浪費してるお前が悪いんだってば。」
女「私の中では全部あなたが悪いのよ!もう決まってるの!」
4、知能障害を起こす
男性「だから少し落ちつけって」
女「これが落ちついてられ無いわよ!バカバカバカバカバカむきーーーーー!!」
5、自分の見解を述べずに人格批判をする。
6、ありえない解決策を図る
男性「じゃあ、どうしろって言うんだ!」
女「アンタが低脳だからいけないんでしょ!もっと私のために稼ぎなさいよ!」
7、レッテル張りをする
男性「そんなこと言う前にお前が浪費を止めれば済む事だろうが!!」
女「私に使わせない気!?女性差別よ!あんたはDV加害者よ!」
8、話を蒸し返す
男性「なあ、後で少し落ちついてからもう1回話さないか…」
女「だから、あなたの稼ぎが……」

1に戻る。

47 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 10:52:27 ID:X+rASPYB
>>44
脳のお話しですか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3
ヒトを含む脊椎動物の脳はその性別により異なった構造を持つ。
これは大脳解剖学における肉眼観察や、ラットに対して脳の形成期に
性ホルモンを投与する実験により確かめられている。
脳の部分で性差があるとみられている部分は、
大脳半球、左右の脳をつなぐ前交連や脳梁、本能をつかさどる視床下部
である(脳の性分化) ただし雄の猿を幼少期から雌として育てれば雌と
同じ行動をとるようになるなどの報告もあるため、これらの性差が
どれほど行動に影響を及ぼすかは定かでない。

ヒトの場合、男女は精神的・文化的に異なった傾向を示すことがある
(ジェンダー参照)が、脳の性差がこれの一因を担っていると考えられている。ただし脳の性差が人格形成にどれほどの割合で貢献をしているかは不明である(見えにくくなった後天的な環境の影響が、生得的な性差であると認識される場合もあるため)

なお、女性は論理的思考時に「論理的思考を司る左脳」を
「想像力を働かせる右脳」と連動して働かすことができ、
男性はこれができないが訓練によって可能であるといわれることがあるが、
科学的根拠に乏しい。

さてと、次は脳内における言語機能について調べてみようかな



48 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 13:21:13 ID:PPTg3DZt
>>47
何が言いたい?
反論のつもりだったり?バカか?
どこも間違ってないようだが。
さすが女の脳だな。感情的になりとにかく反論したいと思うあまり、まったく意味のないレスをしてしまうとは。
ちなみにどこを強調して言いたかったんだ?

49 :九条 氷雨:2007/02/03(土) 13:52:15 ID:ZNQUE6nG
ここにきて左脳だの脳梁だの、理化の授業レベルの常識を語られても
男の方が頭が発達していて、女は単純だという事はとっくに大前提なので何の意見としての意味もない。
今更こんな当たり前な常識で女を論破しようとしている男は賢いと言えないし、
まだ脳レベルでの苦手分野まで男とタメを張ろうとする女も賢くない。
女の論文が下手くそなのは事実で、論文ってのは
「〜は〜だ。何故なら〜だからだ。よって〜は〜だと言える」と理論的に書かなくてはならないが
女が書くと主観だらけの稚拙な雑記に成り下がってしまう。
しかしながら男の作文の能力も女の論文並に下手で、
物理や数学なら得意な秀才でさえも、一行目から躓く才能無しも多い。
比喩や情景描写がまるで出来ない。イマジネーションゼロ。そういう男が圧倒的に多い。
一般視点で見れば、やはりボキャブラリは女>>>男であって
ここに小説家や生物学を持ってくるのは男のコンプレックスの現れだろう。
ちなみに素人女や理系東大生男の作文能力程度じゃ、どのみちオレには敵わないけどな(笑

50 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 14:21:22 ID:R1rkYJEh
>>ちなみに素人女や理系東大生男の作文能力程度じゃ、どのみちオレには敵わないけどな(笑
↑氷雨もカワイイ発言すんだw

51 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 14:29:40 ID:S9MloZBC
>>49
>男の方が頭が発達していて、女は単純だという事はとっくに大前提

これは一般視点では大前提になってないと思うのですが。理科の教科書に書いてます?

52 :九条 氷雨:2007/02/03(土) 14:32:03 ID:ZNQUE6nG
>50
本日は生憎、アテクシの心は曇り空につき
時折季節外れのスコールと激しい風雪を伴うでしょう。
そんな僕にも意味があると思うのです。
だから君の為に歌います…
【焦雪】。


霞む想ひ出、白い粉雪
指折り数えて今宵は幾夜?
乱れる菊と舌を重ねて、過ぎたる時を忘却に帰す
冬至の彩を僅かに募らせ、いと愛でたけれ愁の華

暁に咲く緋色の焼べは、
鬼の記憶を温めて
君の最果てに贈る花束

霞む想ひ出、白い粉雪
指折り数えて今宵は幾夜?
幾千過ぎて桜は散っても、焦がした想いの丈散らず
その度指折る数え歌

いと愛でたけれ恋の花
いと美しけれ愛の華

久遠に交わる数え歌
僕死す時あろうとも
君、死にたもう事なかれ


Thank you

53 :青菜( `∀´)西尾@ ◆AKUMAl5GUU :2007/02/03(土) 14:40:00 ID:9o80B11i
この時期の牡蠣鍋はウマいけど
同人ガキナベはどう料理しても食えねぇ。

54 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 16:38:42 ID:X+rASPYB
脳科学
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6
さても、皆さま、脳科学へとご招待いたします。

55 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 17:43:19 ID:X+rASPYB
Stop, Dave.
Will you stop, Dave ?
Stop, Dave, Please.
I am afraid.
I am afraid, Dave
Dave



My mind is gooing.
Dave
I can feel it.
My mind is gooing.
There is no question about it.

Dave
I am afraid.
I can feel it.


I can feel it, love.

56 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 19:42:03 ID:X+rASPYB
あらま、しかし、九条たんは、もう少し
危険な感じの、骨のある奴かとおもってたらぁ
こんなにも簡単に
自分でピエロとか言い出して、尻尾まいで逃げちゃう
実に良い子ちゃんだったんだね
ふぅん、それじゃ、ちぃとも、からかいがいがないよぉ〜ん
ファイト! 九条



57 :50:2007/02/04(日) 00:00:21 ID:R1rkYJEh
>>氷雨
ありがとう。なんかいつもと本当に調子違うけど大丈夫?ここ数日妙に寒いから風邪ひかんよぉにね。
>>西尾
藻舞キラーイ

58 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 00:14:42 ID:N5UBjc8u
あー『氷雨』っていうコテの由来がわかった
寒いレスをするからなんだね
キャラも把握した
キザキャラで笑いをとっているんだね
しかしここはツッコミがないと辛いね

59 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 00:27:44 ID:6V9Xx2kg
>50
今日はしばらく泣いてたんだ。彼女が暖めてくれた。
焦雪はその子に、去年の冬に作った歌。
オマエにあげるよ。
なんとなく、オレは今そんな気分だから。

>58
あぁ…氷雨の由来か?
それはな、一々駄スレで突っ込み入れるテメーみたいな能無しのハゲが現れると
オレが毒吐きまくれる口実が出来るからだよ。

60 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 00:32:39 ID:N5UBjc8u
>>59
あー、ごめんよ
君を傷つけてしまって

君のおもしろポエムに大笑いしてしまって、ツッコミをいれそこなっちゃったんだ

61 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 00:37:43 ID:N5UBjc8u
あれ、ジャイアンリサイタルはもう終わり?

62 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 00:39:02 ID:6V9Xx2kg
>60
なに勘違いしてんだバカ。
それでテメーの自尊心が満たせるなら存分に笑え。
オレはテメーの本心なんざさらさら関係ねーよ。

63 :野次馬:2007/02/04(日) 00:42:33 ID:lSF1/6/j
他人の喧嘩を観ているとワクワクするのは何故だろう。

64 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 00:49:31 ID:6V9Xx2kg
>野次馬
やだな。
今日は喧嘩なんてしないよ。
みんな生まれながらに兄弟だから
決して一人を祈ってはいけない
ああ、わたくしはけしてそうしませんでした

65 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 00:51:20 ID:N5UBjc8u
>>63
そうですよ、喧嘩なんてしてませんよ
ちゃんと客としてわきまえてます
客いじりってやつですよ

66 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 00:56:36 ID:KUEiThby
ださいビジュアル系が好きなんでしょ?
ピエロとかいう・・・w

67 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 00:57:50 ID:6V9Xx2kg
マイクパフォーマンスってやつですよ。

68 :野次馬:2007/02/04(日) 00:58:14 ID:lSF1/6/j
あら、いやざますわ。うふふ。

69 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:01:20 ID:KUEiThby
音楽の趣味は知的レベルと比例する。

70 :野次馬:2007/02/04(日) 01:02:59 ID:lSF1/6/j
アインシュタインはモーツアルトが好きだったね。

71 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:07:32 ID:KUEiThby
ぼかぁモーツァルト嫌いデス

72 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 01:08:28 ID:6V9Xx2kg
>66
オレの詞の癖を見てキリトとか持ってくるなんて
オマエあんま知らねーな?
>69
いいかチビ。
お兄さんはV系じゃねーからな。
【パンクス】だからな。
オメーより強いんだからな。
刺されて死にてーのかコラ。

73 :野次馬:2007/02/04(日) 01:10:33 ID:lSF1/6/j
ぼかぁモーツアルトの暗めの曲は凄く好きだなあ。
明るい曲は好きになれないけど。

74 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:12:05 ID:KUEiThby
何を知らないっていうのさヘンッ!
ちなみにチビじゃないよ僕は。パンクソ?へぇー。

75 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 01:20:21 ID:6V9Xx2kg
どうでもイイけどよ
テメーら【女が言語能力に優れている件】について少しは語れよ。



…あー
やっぱ語らなくていいわ。
アインシュタインのTシャツも改造しよーかな。
シドTはいじり甲斐あんだよ。

76 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:20:28 ID:KUEiThby
パンク板いったことないけど氷雨くんはそこにいるの?
お茶菓子もっていくから待っててねー。

77 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:24:24 ID:KUEiThby
論理的思考の基盤をなす哲学や構造主義を組み立てたのが男だから
社会がそこに乗っかってる以上男の方が女より論理的な言葉の扱いには長けてるんだろうねー。
言葉の洪水は女の方が得意とするところだろうけど。
シドTってなに??

78 :野次馬:2007/02/04(日) 01:25:45 ID:lSF1/6/j
>>75
はあ?真面目にやれよ

79 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:26:25 ID:KUEiThby
シドT
シドのTシャツ?

80 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 01:27:08 ID:6V9Xx2kg
>76
あータイミング悪ぃな。
パンク板のパンク=生き方2って過去スレ見てみろよ。
けど最近は全然。
男女板だけ。
ここは何故か好きな奴多いから、あんま飽きねーんだわ。
後、恋愛サロンに無転されてブチ切れたから
横レスしてそいつに絡んだ事もある。
画像はその辺に結構あるから、気に入ったんなら慎ましく無転しろや。

81 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:29:02 ID:KUEiThby
パンクってどんなのが好きなの?

82 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 01:39:51 ID:6V9Xx2kg
>野次馬
うるせーばか。ブチ殺すぞ

>79
そう。単なる安物のプリントTシャツ。

>81
ピストルズは下手だが、ピストルズだから好きだ。
だからクラッシュも好きだがまぁ。
金持ちパンクって微妙。
日本じゃスタパンが1番好き。
あぶらたこ微妙。嫌いじゃない。銀杏曲による。
ピエロはクリーチャー好き。

83 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:42:24 ID:KUEiThby
ふーん、ジョニーサンダースとかは?
NYパンクは聴かないの?

84 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 01:44:43 ID:osTm6sMa
>>1
結局、脳みそが多い分、男が全てにおいて有利な希ガス。
マシンガントークと言えば男だし・・・。

要は、脳梁が発達した男は神の領域に逝くと思う。

85 :野次馬:2007/02/04(日) 01:56:58 ID:lSF1/6/j
脅迫された…。
悪いけどテロには屈しない。

86 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 02:05:35 ID:6V9Xx2kg
>83
あぁ、あんま聞かねーな。
けどニューヨークって風もミュージックも好きだ。
かなり古いけどビーチボーイズってあったろ。
あれのUSAの西海岸歌った曲とか聴いてると
やっぱアメリカ好きだわ。
アメリカ人ってあっさりしてて優しいしな。

>野次馬
オレはテロリストじゃねぇ。
政治やイスラムなんて糞食って死ねって感じだ。

87 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 02:18:35 ID:KUEiThby
音楽の趣味も論調も青臭いコテハンっすね。

88 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 02:32:46 ID:6V9Xx2kg
>87
ゴメンな。真面目に語るのは止めてるんだ。
そういう気分じゃねーし、そん時はいつも適当な事言って流すんだよ。
嘘はつかないけどな。

89 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 02:36:51 ID:KUEiThby
ふーーーん。
ちなみにあぶら「だ」こだよ。

90 :オマンコ:2007/02/04(日) 03:14:14 ID:L7I/WhMi
別に女の言語能力は高くないだろ。

おしゃべり程度の能力であれば女はすぐ上手になる(ように見える)が、女はなにしろ本を読まないしオタク性ががないから、何かに夢中になって知識を吸収しまくる、なんてこともないしね。それじゃ、会話が1分ももたないよ。

要するに母国語で起きていることをそのまま外国語に置き換えてみればわかりやすい。女って自分の専門分野でもノートとか資料見ながら話すし、そうでない場合は女子アナみたいに頷いているだけだ。外国語でも全く同じ。中身がないからまともな会話は成り立たんだろ。

91 :九条 氷雨:2007/02/04(日) 03:14:46 ID:6V9Xx2kg
この板にオレのスレがあったけど
一度も保守しなかったら落ちちまった。
割りと思想とか書いてたかなアレ。
腐ってた時だったけどな。
普通の事書いてたかな。

92 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 10:41:47 ID:Iaj+x9q7
>>90
お前の言う、言語能力の定義がわからん。
>おしゃべり程度の能力であれば女はすぐ上手になる(ように見える)
これは言語能力じゃないの?
女にはこの能力ないの?
この能力には知識が必要か?知識と言語能力は別だと思うが。

   

93 :オマンコ:2007/02/04(日) 12:01:43 ID:L7I/WhMi
>92

 知識は言語能力そのものではないという指摘はもっともだが、さりとて知識と遊離した言語能力もないんじゃないの? もっと正確に言うと、言語能力の中に知識も含まれるんじゃないの?

 おまえさんが指している言語能力ってのは「流ちょうさ」だけに感じられるがどうなんだ? 
 でもな、流ちょうなことが言語能力の高さなら、6歳くらいの女児が相当高いって事になってしまう。だがこれは一般の認識とはだいぶかけ離れているよな。

 それとな、外国語を習ってわかることは、女の言語能力云々といっても最初の三割くらいの部分で見かけ上の習得が速いだけだぞ。
 そしてな、女は根がまじめなのか人間的に退屈な存在なのか、教科書を何度も復習するだけ。好奇心が男に比べて劣るので、一見「非実用的」なことには絶対に手を出さない。
 だから知識が広く深くなっていかないし、結果として知識も増えない。だからいつまでたってもおしゃべりの域を出られないんだよ。

94 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 13:06:05 ID:Iaj+x9q7
>>93
>おまえさんが指している言語能力ってのは「流ちょうさ」だけに感じられるがどうなんだ?
いやだから、今は92で引用した90の文についての話なんだから。
一般には言語能力てのは曖昧で広い使われ方する言葉と思う。
このような意味で使われることもある。6歳女児が相当高いってのは?だが。

>おしゃべり程度の能力であれば女はすぐ上手になる(ように見える)
これが女のおしゃべり能力を否定してるようにみえたんで。     

95 :オマンコ:2007/02/04(日) 13:43:32 ID:L7I/WhMi
>94

 母国語における女児のおしゃべり能力の高さは認めるが、たとえば大学生になって習った外国語であれば、女のおしゃべり能力はかなり見せかけのものだ。
 むしろ女はコミュニケーション好きなので身振り手振りを含めて相手=外国人に「接近」する度合いが男より高いだけだろう。
 でもそれじゃあ、最初の一歩あるいは二歩が早いだけで、なにかハマルものを通じて外国語を吸収しまくる男に猛烈な勢いで抜かれてしまう。

 公平と正確さを期すために記号で表すと言語能力は

ハマルものがない男<女<何かにハマッている男

じゃないのか。

96 :オマンコ:2007/02/04(日) 13:47:30 ID:L7I/WhMi
ついでに指摘すると、

ハマルものがない男<女<ハマッている男

という図式は何も言語だけでなく日常や仕事全般に認められることだな。

 そして、女が決して「芸術」の域に達さないのは別に教育のせいでも差別でもなんでもなく、勝手に女が80点主義を貫いているからだけだ。

97 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 15:57:16 ID:/aPers6Z
やっぱ氷雨氏はカコイイな
正論は好きだよ

98 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 16:08:15 ID:EXy2Cp+H
女の言語能力って・・・
単語に意味ベクトルを付与して、近接語彙を延々と出力させる機械があれば
それで代用できるぞ?

言葉ってその意味を理解し、深く思考するための道具だろ?

ただ無意味に言葉を並べ立てるだけでいいならとっくに機械で実現してる。
人工無能チャットシステムとか。

99 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 16:18:18 ID:Iaj+x9q7
>>98
なんすか、意味ベクトルって?

>言葉ってその意味を理解し、深く思考するための道具だろ?
感情を伝える道具でもあると思う。  
 

100 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 16:28:41 ID:EXy2Cp+H
>>99
リンゴ(赤, 果物, 甘い, a4, a5, a6, a7, a8, a9, , , )
って風に単語にその意味を付与しようとするナレッジマネジメントの手法。

101 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 16:45:41 ID:Iaj+x9q7
>>100
サンクス
しかし、女の言語能力をその程度にしか見ないのは過小評価と思う。 

102 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 16:52:45 ID:EXy2Cp+H
>>101
女は言葉なんか使ってないよ。
その証拠に「かわいい」「やばい」でコミュニケーション取れるじゃない。
言語のように聞こえる何かでコミュニケーションしてるだけ。
論理構造を持った言語を操っているわけではない。

103 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 17:06:31 ID:Iaj+x9q7
>>102
99でも書いたけど、言語って論理構造を表現する道具とともに
他人と感情を伝達しあう道具でもあると思うけど。
  

104 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 17:11:34 ID:EXy2Cp+H
>>103
だから「きもい」「かわいい」「やばい」で感情を共有してるじゃん。
そういう感情共有は語彙の乏しさだとは思っても言語能力の高さだとは思わんな。

そもそも女は赤ん坊の面倒見るために「言葉にしない感情をキャッチする」能力に
優れているわけだから、言語に頼らない感情共有を発達させてきたわけだから
言語能力に劣っているのは当たり前なんだよ。

105 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 17:25:12 ID:Iaj+x9q7
>>104
言語能力をその意味で定義するなら同意。
ただ、おれはそれは論理的能力であって言語能力はもっと広いものと考えていた。
こうなると定義論だけど。    

106 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 17:54:07 ID:E28tMvtJ
脳と精神は如何に出会うか(脳と音楽の周辺)
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/kokikawa/noutoseisin/noutoseisin.html

107 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 18:32:51 ID:PYpeRhXi
核心ついたスレには現れず、糞スレで延々揚げ足とりを繰り返す荒らし豚猿バカ女ども
某板でニートが自虐的に「今年も俺達は現実を見ない」と言っていたが、これを女にすると




                    「今年も私達は現実を見ない」

108 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 19:03:40 ID:SGSuPhL4
>>104
やはり脳内察知に優れているのか

109 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 21:45:59 ID:EXy2Cp+H
言語能力というから混乱する。
井戸端会議専用脳とでも言っておけばいい。

110 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 22:02:51 ID:iehKiB3d
女は言語能力が無いくせにあることにしたがる輩が多いから混乱する。

111 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/05(月) 04:19:56 ID:5hdPUm6N
そもそも専門用語に理系脳だとか文系脳だとかいったものは存在しない
ただ脳の構造上、現代語にこじつけて使われているだけだ。

男性の脳は大きさそのもの、左脳に関してはさらに、女より大きいことに対し、女の脳はその脳の中の脳梁という部分が男性より太いだけ。
その脳梁という部分は左脳と右脳の伝達的な役割を果たすのみ。
ではなぜこのことが言語が優れているとか言われるようになったのか

右脳は直感的なもの、イメージ的なものを主な役割とする。
一方左脳の役割は処理的なもの、論理的思考的なものを主な役割とする。
つまり、右脳の直感・左脳の言語処理、この両方の役割が早くできることで言葉を早く解釈し発することなどが可能と言える。

しかし、女は「それ」だけなのである。
女は脳自体は大きくない。全体的に男性に劣り、さらに左脳は足元及ばないところにある。
男性が可能な高度な処理などが女には不可能なのだ。
つまり言語に関わるものでも、複雑な構成になっている論文等になってしまうと、高度な処理、思考ができない女の頭ではもはやお手上げなのである。
よって、決して言語に関わるものが優れているとは言えないのである。
したがって、文系的なものでも男性の方が優位と言えるのだ。

女の脳を言語に関してこじつけるとすれば、あくまで日常会話程度が優れているとまでしか言えないだろう。
さらに正確に言うとすれば、女は機械的な単純な行動が得意なだけだ。
機械的なだけに、女の得意とする行動は今や全て機械によって可能なものとなってしまったが。

言語能力という曖昧な表現に関しては、もはや女に気を使っているとまでしか言えない。
数学の世界では、論理的思考が必要とされない単純な計算ができたところで、それは解く手段としての基礎中の基礎となるだけで得意とは決して言えないが、
言語の世界では日常会話程度でも、政治などの世界でもしばしば主として使われている。
よって言語そのものが得意とギリギリだが判断できるとでも解釈されてたのだろう。
そして、言語能力という曖昧な表現になり、一分野ごとに分け、お互い強弱があるということでイーブンにしようという意図なんだろうが。



112 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/05(月) 06:43:23 ID:rJ6Y/QMr
とりあえずラジオのフリートークは男のが面白い

113 :オマンコ:2007/02/05(月) 11:41:34 ID:PPy7feC3
>112

 女はユーモアないね、確かに。あれは自分を客観視して、それを笑い飛ばせるための精神的成熟も必要なんだが女はそのどちらもないしな。

>111

>女は機械的な単純な行動が得意なだけだ

 その通り。20代で(職場で)女が活躍しているように見えるのも、その世代求められることが機械的な単純作業であることが多いからだ。
 それと上の顔色を見てさっと行動できるかどうか。これはどうみても女の方が優れているだろ。

 話を元に戻すと、高度な知的作業をするには精神的落ち着きと経験、知識が必要だから男でも20代は難しい。
 30代に入れば男は「主観」と「客観」がかなりきれいな形で分離されることもあって高度な知的作業が可能になるが女を観察していると全く変化がない。なぜか高校生くらいで止まっているように見える。

 要するに女が中学〜20代半ばまで(男に比べて)活躍しているのも、結局は早熟なだけということが最近よくわかってきたよ。
 それに加え、性的魅力で周りの男たちに手伝わせるのだから「大活躍」して当然といえば当然。
 だが早熟ということはそれだけワニや亀などに近いってことだ。こうした動物は生まれた時から成獣になるまでほとんど形も機能も変わらないからね。

 蛇足だが、よく「女が生命力が強い」なんていうのもこの20代の大活躍と似ている一種の「目の錯覚」といえるだろう。
 まず本当に生命力が強いのだとしても、犬や猫が人間より生命力が強いのをみてわかるとおり、単に原始的なだけかもしれない。
 さらに、男どもに守られて生き残っているのを見て「生命力が強い」と言っているだけかもしれない。
 しかしこれが本当ならば、親にかばわれて地震で生き残った幼児は一番生命力が強いってことになってしまう。

あと
>男性が可能な高度な処理などが女には不可能なのだ

これを見て思い出した。女の場合、「大きな脳を持った故の悩み」というのはあんまりない感じがする。偏頭痛やホルモンによる自律神経失調症、鬱というのはよくあるが。。。

114 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/14(水) 00:55:17 ID:+7lXI08J
女はツッパリやヤンキーと言った生き物と生態に類似性が多い。なれ合いを至上とした快楽主義。楽しければ全て良しという観念から成り立つそれだ。俺が思うに女には信念や仁義たるものが欠けている。単純に精神遅滞を患ってる障害者が大半じゃないのかな

115 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/14(水) 01:01:33 ID:7NbyZ4iZ
>>113
>女はユーモアないね、確かに。あれは自分を客観視して、
>それを笑い飛ばせるための精神的成熟も必要なんだが女はそのどちらもないしな。

激しく同意
「女性が○○ですって、ムッキー」なんてのは
自己の客観視や精神的な成熟とは真逆の行動だしね


116 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/14(水) 11:33:15 ID:60H7VMWg
女は沈黙が苦手で、敵意と感じるんじゃないか?
男にもそういうタイプは居るが。

つまらない事でも、しゃべるのが社交辞令なんだろう。
友愛表現ですよ。
言葉数は多ければ多いほど良し、の価値観。

117 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/14(水) 16:14:39 ID:GUlLwI9g
>>115
結局のところさ、女は子供ってことじゃね?

いやマジでさ。
いやはっきりいって、女のほうが寿命が長いじゃん。
例えば子供のままで永遠にとどまれたとしたら、もの凄い長生きするよね。
だから女は早めに成長を止めることで、長生きできるようにしてんじゃないか。
男は寿命を犠牲にすることで、より高い次元の生き物になる。

生殖なんて、サルだろうがブタだろうができることだ。
排尿とか睡眠とかと同じレベルの原始的な機能。
文明をつくり、自身を客観視し、論理的に思考する能力は人間の男性にだけ許された崇高な能力だ。

118 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:35:16 ID:7iq+YehW

テストステロン(Testosterone)は、 男性ホルモンの一種。

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて精巣から大量のテストステロンが分泌される時期があり
これに曝されること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴を失い、男性化する。
なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、ジヒドロテストステロン(en:Dihydrotestosterone)という
別の男性ホルモンによるものと言われている。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる。
一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1〜2%の割合で減少する。
テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには
急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。
テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても
30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。

女性の男性ホルモン分泌は副腎からのみで、分泌量は男性の20分の1と言われており
陰毛の発毛に関与する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

男の子が乳幼児のころの死亡率や自閉症の有病率が高いのは、
このアンドロゲン・シャワーの影響によるものである。
アンドロゲンシャワーも、あまりに多いと暴力的な性格になり、少なければ少ないで男らしさに欠け
男の子というのは、きわめて不安定な状態で生まれてくるものである。
精巣から大量に分泌される「テストステロン」とは簡単に言えばドーピングだ。
アスリートが使い問題にされることがあるドーピングというのは
主に、生体から分泌される男性ホルモンの代表であるテストステロンの構造を
模して合成して作るものである。
アスリートが使い問題にされるドーピングに、男の子は胎生期や乳幼児のころに
晒されているようなものなのだから、死亡率が高くなるのは当たり前。
男の方が寿命が短いのも、この男性ホルモンの影響である。

119 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:36:09 ID:R0PEVgDT

テストステロン(Testosterone)は、 男性ホルモンの一種。

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて精巣から大量のテストステロンが分泌される時期があり
これに曝されること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴を失い、男性化する。
なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、ジヒドロテストステロン(en:Dihydrotestosterone)という
別の男性ホルモンによるものと言われている。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる。
一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1〜2%の割合で減少する。
テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには
急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。
テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても
30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。

女性の男性ホルモン分泌は副腎からのみで、分泌量は男性の20分の1と言われており
陰毛の発毛に関与する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

男の子が乳幼児のころの死亡率や自閉症の有病率が高いのは、
このアンドロゲン・シャワーの影響によるものである。
アンドロゲンシャワーも、あまりに多いと暴力的な性格になり、少なければ少ないで男らしさに欠け
男の子というのは、きわめて不安定な状態で生まれてくるものである。
精巣から大量に分泌される「テストステロン」とは簡単に言えばドーピングだ。
アスリートが使い問題にされることがあるドーピングというのは
主に、生体から分泌される男性ホルモンの代表であるテストステロンの構造を
模して合成して作るものである。
アスリートが使い問題にされるドーピングに、男の子は胎生期や乳幼児のころに
晒されているようなものなのだから、死亡率が高くなるのは当たり前。
男の方が寿命が短いのも、この男性ホルモンの影響である。

120 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:46:11 ID:R0PEVgDT

基本的に晩成型の動物は、体が大きく知能の高い傾向があるが
成熟するまでが非常にひ弱で、成熟に時間がかかるという弱点がある。
例えば1才くらいであれば、人間より犬のほうが知能は高いと言われてる。
犬と人間ほどの差は無いとしても、結局そういうことだ。
類人猿やクジラなど高度な動物になるほど、成熟に時間がかかり
離乳や親離れの時期が遅くなる傾向がある。

女は二次性徴が男より約2年早く始まり成長が早く早熟だ。
人は二次性徴を終えると共に、急激な成長もほぼ終わりを迎える。
つまり二次性徴の訪れる時期の遅い男の方が、それだけ成長期間が長いということにもなる。


もともと人間なんて生物学的に見れば最弱だ。
生命力の強さで見れば、人間はゴキブリやネズミなどの下等生物には全く敵わない。
人間など足元にも及ばない。
犬や猫も人間より生命力は強いと言えるからね。

121 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:47:17 ID:Yp2+g7aR

世界の一番の資産家がビルゲイツと2番目は忘れたけど男。ほとんど男。
世界企業のTOP1000に入る企業の社長はほとんど男。
歴史上の人物はほとんど男。歴史上の芸術家もほとんど男。
テレビや電話や電化製品、車や飛行機やコンピューターを作ったのは男。
科学を発達させ、文明を発達させたのは男。
芸術、宗教、哲学、物理学、数学、発明などの分野はほぼ男の独壇場。
この長い歴史の間、女が革命を起こしたり、革新的なものを発明したことなど極わずかしかない。
女は時には男同士の権力や縄張り争いにより起こる戦争に巻き込まれ
それを止めるだけの力も権力も無く、
女性の社会進出も、結局は今まで、男が飽きるほどしてきたことを
今やっと女ができるようになっただけであり、男が作り上げたものの上でいい気になっているだけ。

122 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:48:44 ID:Yp2+g7aR

女は議論に弱い。     
言葉数を多くまくしたてても、結局男に、矛盾点や非論理性を指摘されて敗退する。  
実はこれは女の脳が左右の機能分化が遅れている理由による。        
男は言語を左脳に担当させることにより、右脳における高度な空間認識能力   
をはじめとする非言語的思考を獲得した。                 
議論においては各概念を頭の中で、あたかも将棋の駒を配置するがごとくに   
配置して、各概念を関係づけるのである。          
空間認識能力に劣る女はこの作業ができないため、正しく各概念の関係を  
把握することができないのである。               
このため、自分の非論理性や矛盾に気がつかないのである。    
これが、男の目からみて女の議論が稚拙で幼稚に思える理由であり、  
女が議論に弱い理由である


女は言葉数が多い。
実はこれは女の脳が男の脳と比較して左右の脳の機能分業が、未発達であることと関係している。
男の脳は、言語的思考を左脳に担当させることにより、右脳における
高度な空間認識能力や、抽象的思考力を獲得した。
これが、芸術、宗教、哲学、数学、発明などの分野が男の独壇場である理由である。
さらに左右の脳の協調を要する物理学において男が優位にたつという
事実は、誰もが認めるところである。

ところで右脳が発達した者同士の会話では言葉の数を減らしても、
高度なコミュニケーションが可能である。
例えば、赤を表現するのに言葉で説明すると膨大な言葉をもってしても、
なお伝達できないのに、実際にイメージできれば説明は不用になるのと同じ原理である。
左右の機能分化が遅れている女の脳では、右脳による高度な空間認識、抽象的認識の
能力を得ることができなかったため、必然的に脳全体を使って言語を駆使しなければならない。
これ故女は言葉数は多くなるが、背景に高度な抽象的意味内容を持つ言葉 になると、
右脳の高度な働きが必要となるため、ここでも男が優位にたつ。
つまり女が得意とするのは、言葉数勝負の口喧嘩と日常会話にすぎない。

123 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:52:15 ID:Vs+3GAkX

【人格障害】
人格障害の原因のほとんどは、自我の形成期における乱れた家庭内環境によるもので、
母親の過保護、父親の不在、もしくは親による虐待などによって、
生まれ持った気質と相俟って一般には思春期以降に表面化する。

演技性人格障害の9割は女性、反社会性人格障害の9割は男性であり、
生涯有病率が同程度であり、似たような病象も見受けられることから、
同じ疾患が性差として現れた物であるという解釈もある。
他に境界性人格障害や依存性人格障害は女性に多く、
自己愛性人格障害はどちらかといえば男性に多いとされる。

ただし、全ての人格障害の中で最も多いのは境界性人格障害であり、
精神科を受診する患者で「人格障害」と診断された患者のうちの半数が、
境界性人格障害であると言われている。
つまり人格障害患者の約5割を境界性人格障害が占めているということだ。

境界性人格障害は明らかに女性に多く約75%を占め、入院患者ではさらに男性の4倍に達する。
また、境界性人格障害の回復期には、一過性の自己愛性人格障害を経るケースが多い
という報告もあり、逆に、自己愛型防衛に失敗した自己愛性人格障害の患者が、
境界性人格障害の状態を呈した例も報告されているため、
自己愛性人格障害は境界性人格障害が安定した状態であるとも考えられている。
境界性人格障害の原因としては「幼少期のトラウマ体験」か「生理学的な脳の脆弱性」
の二つの原因が重視されている。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm
http://www.deborder.com/
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch105/ch105a.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E6%8A%80%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3

124 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:53:41 ID:Vs+3GAkX

(9割が男性である 「反社会性人格障害」

その通り、犯罪者に多いとされるのがこの人格です。
この人格の特徴は、良心の呵責を感じることなく、冷静に凶悪犯罪を行えることです。
こういうことだから人を愛する能力を欠いていたり、人の気持ちが分かる優しさが足りません。
しかし、人の顔色をうかがいながら、戦略を立て、うそをついたり、だましたりする能力は抜群です。
人の心理をよんで操作するのがうまく、表面的には魅力的さえあります。
この人格者は犯罪的な行動を繰り返すものの、良心に乏しいのでほとんど罪悪感を感じることはありません。
不安やうつ気分におそわれることもありません。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm)

125 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:54:54 ID:covyN2K/

身体表現性障害である身体化障害、転換性障害も女に多く見られる。

「身体化障害」は重度の慢性障害で、さまざまな身体症状(主に痛み、胃腸症状、性的症状、
神経症状など複数の症状)が繰り返し発生し、原因となる体の異常が見あたらないのが特徴。
この障害で見れれる特徴的な性格としては、依存的で自己中心的。賞賛や賛美を渇望している。
身体化障害の患者には、人格障害や他者への極端な依存も多くみられる。
身体化障害の患者にみられる身体症状は、助けてほしい、気にかけてほしいと訴える
コミュニケーション手段と考えられる。
また、大人としての責任から逃れたいなど、その他の目的から症状が現れることもある。
不快な症状が続くため、患者は楽しいことへ目が向かず、
自分には価値がないと思ったり、罪悪感に苦しんだりする。

「転換性障害」はヒステリーと呼ばれていたもので、精神的心理的なストレスや葛藤が原因で起こる。
内的な葛藤の抑圧により、不安が身体症状へと転換したものである。
患者はそうしたストレスや葛藤を、無意識のうちに身体症状へ転換する。
転換性障害は青年期から成人期初期にかけて起こる傾向にあるが、初回の発症はどの年齢でも起こることがある。

症状は多くの場合、社会的または精神的につらい出来事が引き金になって発症する。
転換性障害とはいわゆるヒステリーのことであるが、現在ではヒステリーという言葉は使われない。
昔ヒステリーと言われていた言葉には3つの意味があり、
ヒステリー性格、ヒステリー症状、ヒステリー神経症と言うものです。
ヒステリー性格とは、小児的、未熟的、自己中心的、強い依存心、感情不安的、
虚栄心、虚言傾向、非暗示的、演劇的、誇張的、自己顕示的などの性格をさすものである。
転換性障害で最もよく見られる症状として、突然動けなくなる、手が動かない、
声が出ないなどの「運動麻痺」そして、手足や顔の感覚がなくなるという「感覚麻痺」です。
尚、身体醜形障害の発症率には男女差は見られない。
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099c.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099e.html

126 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:55:38 ID:covyN2K/

解離性障害とは、何かしらの強いショックやストレスを受けた時に、記憶が飛んでしまったり、
普通のままでいたのではとうてい耐えられず、かつ強い恐怖のために、
自分の心を防衛しようとして別人格が生まれてしまったりするものです。
解離性障害には、解離性健忘、解離性とん走、解離性同一性障害、離人症などがあります。

通常、解離性障害は極度のストレスが引き金となって突発的に発症します。
ストレスは、衝撃的な出来事、事故、災害などを体験したり目撃することで
引き起こされることがあります。あるいは、あまりにも耐えがたい心理的な葛藤から、
相いれない情報や受け入れがたい感情を意識的な思考から
切り離さざるをえなくなったため発症する場合もあります。

解離性同一性障害とは、俗に言う「多重人格」のことです。
離人症の女性の発症率は男性の約2倍と言われ、
解離性同一性障害の女性の発症率に至っては、男性の5倍にもなります。
参照
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4875/bunrui/kairi.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch106/ch106a.html
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm    http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/DID.htm

解離反応を起こしやすくする上で性の違いが仮にあるとしても、これを評価するのは難しい。
解離性同一性障害の症例集はどれも女性の有病率の懸命な高さを示しています。
この差は報告例が多くなるにつれて着実に減少しています。
しかし、「女性対男性の比は8対1ないし9対1」と見られてきました。
経験の豊富な何人かの治療者は「4対1から2対1」というずっと低い比率を報告するものもあります。
女性の解離性障害の有病率が高く現れる理由は、これまで多くの臨床家が憶測しているけれども、
理由が少なくとも一部はサンプルのとり方に優位の偏りがあるせいでしょう。
女性の解離性同一性障害疾患者は自殺企図や自傷行為のように
自分に暴力を向ける傾向があるので、精神保健の場に現れることが男性に比べて多く、
男性の解離性同一性障害疾患者は暴力を外部に向ける傾向があるため、
刑事裁判所の場で出会う事が多くあります。
http://dissociation.xrea.jp/disorder/dissociation/index.html

127 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:57:15 ID:covyN2K/
大きくわけて5つある神経症のうち、

様々な行動や状況の中で強い不安や恐怖心を感じる「不安障害」

ある対象に対して強い恐怖心を感じる「恐怖症」

依存的で自己中心的な人に多く見られ、助けてほしいと訴える手段や、大人としての責任から
逃れたいなどの目的から症状が現れたり、精神的心理的なストレスや
内的な葛藤の抑圧により、不安が身体症状へと転換する「身体表現性障害」

何かしらの強いショックやストレスを受けた時に、記憶が飛んでしまったり、
普通のままでいたのではとうてい耐えられず、かつ強い恐怖のために、
自分の心を防衛しようとして別人格が生まれてしまったりする「解離性障害」

の4つは女性に多く見られる。

強迫神経症(強迫性障害)は男女同等か、
思春期では男性の方が若干発生しやすいと言われている。
ただ、強迫症状には自分で確認している「自己完結型」と、
確認のために他人も巻き込む「他者巻き込み型」の二つのタイプに分けられ
他者巻き込み型は女性に多く、より重症感があります。
参照
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm  http://dissociation.xrea.jp/disorder/dissociation/index.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch106/ch106a.html  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4875/bunrui/kairi.htm
http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/DID.htm   http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099c.html    http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099e.html



結局女は子供と同じってことだな。
自己中で自分の利益しか考えず感情で動き、依存心が強い。
女子供と言われるわけだ。

128 :女は弱い:2007/02/15(木) 11:59:10 ID:3vrlOkb7

神経症は、心の病気の中では最もポピュラーなものです。
不安障害や身体表現性障害を総称したものを「神経症」と言います。
神経症またの名を「ノイローゼ」とも言いますが、もともとは「末梢神経の病気」
と言う意味で使われていました。
昔の精神科の大きな疾患のひとつに「ヒステリー」というものがありました。
ヒステリーというのは「突然歩けなくなる」「声が出ない」「手の感覚がおかしい」などの
末梢の神経がやられたのではないのか??と思わせるような症状となることが多く、
この病気を「神経症」と命名したのです。

しかし、実際に麻痺を起こす本当の原因は「心の中の不安」なのです。
つまり、末梢神経の病気ではないのです。
そこで、最近は医学的には神経症という言葉自体が使われにくくなってきています。
神経症とは「主に心因性に起きる心身の機能障害」と定義されます。
「主に」とあるのは、心因(心理的要因)以外にも、その人の素質や性格も関与してくるからです。
「機能障害」とは、身体の形が変わってしまうような形態的変化のある器質障害ではなく、
元に戻ることのできる病態という意味です。

神経症には大人に見られる普通の神経症によく出現する神経質傾向と、
ヒステリー傾向があり、

『子供の神経症はヒステリーの形をとることが多く、
女性の神経症も男性に比べてヒステリー性格が強い。』

なぜ女性に多いのかというと、物事を解決するのに男性は理性や理屈で
解決しようとするのに対して、女性は感情的に対処しようとする傾向が強いからである。
ヒステリー性格とは、小児的、未熟的、自己中心的、強い依存心、感情不安的、
虚栄心、虚言傾向、非暗示的、演劇的、誇張的、自己顕示的などの性格をさすものである。
これらの個体側の準備状態に心因が加わって生じるのが神経症です。
そして、その根底には「不安」というものがあります。

・・・続く

129 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:00:32 ID:3vrlOkb7

・・・続き

神経症は、表面にでてくる症状(前景症状)によってさらにタイプが分けられます。
不安が前景に立つ不安障害、対象に対する不安が前提に立つ恐怖症、
身体症状が前景に立つ身体表現性障害、離人症状が前景に立つ解離性障害、
強迫観念が前景に立つ強迫性障害などです。
ただし神経症は不安障害に限らず「不安が症状の中心」になることに変わりありません。
特に不安障害ではその度合いが大きいということです。
また、精神病(特に精神分裂病)でないことを確認することも必要となってきます。

神経症の発生要因には、個体側の要因(性格や素質)と、
環境側の要因(ストレス状況)の二つを考えないといけません。

一つは「心理的ショック」が原因のときです。ストレスといってもよいでしょう。
これには、大惨事に出会うといった圧倒的ショックから、
きわめて個人的な、失恋とか社会的名誉を失うといったショックまで、いろいろあります。
もう一つの場合は、遺伝的な脆弱性が、家族生活、社会生活、
または職場における何らかのストレス要因と相互作用することにより、
精神疾患の発作が引き起こされることがよくあります。
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm  http://www.mental-health.org/mh13-20.html#sinkeisho
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch098/ch098b.html

多くのこころの病気では何らかのストレスが引き金となって、発症することが多いようです。
逆にストレスがまったく影響しないこころの病気もありません。
多くの精神科関連病が「ストレスと素質」によって発症することが分かっています。
素質とはその人の遺伝や性格などです。 ストレスに強い人もいればそうでない方もいます。
ストレスによって発症する人もいればそうでない人もいます。
http://akatan.cool.ne.jp/stress.htm

130 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:01:23 ID:3vrlOkb7

扁桃体は外から入ってくる情報に対して、快、不快、恐れ、警戒、好き、嫌い、などの
判断を下すことに関係している部位である。女性の場合、この扁桃体を含む大脳辺縁系で
処理される情動情報が、男性よりも前交連という連絡回路で交換される度合いが多い。
「前交連の繊維が左右に連結している部位の中に、情動反応に関連する
臭内野や扁桃体などが含まれていることである。女性が男性に比べて情動的細やかなのは
前交連による情報交換の度合いが多いからかもしれない」と述べている。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_4.html

事故や災害が起こった時の映像なんかを見ても
いざとなった時にキャーキャーピーピー言ったり泣いたりしているのは
圧倒的に女のほうが多い。
事故現場災害現場で活躍してるのはほとんど男。

映画とかでキャーキャーいって、パニくる役は女の方が多い。
これはきちんとした科学的根拠に基づかれているものである。


阪神大震災の時、父親が留守の家庭の死亡率は父親が在宅の家庭の二倍。
http://51kanojo.com/backnumber07.html
この前の列車事故、女は被害者意識丸出しで座り込んでいたが
男は自分が怪我をしていても、他の人を救助していたのが印象的だった。
パニックになったときこそ、男女差がはっきりと分かれる瞬間だ。
消防士に女が少ないとニューヨークでフェミニストが叫び女性消防士が増えたが、
9.11の時に危険な救助を一切行わず、結局誰1人女性消防士は犠牲にならなかった。
役に立たない女の救助隊員ではなく、男の救助隊員の数を増やしていればもっと人が助かった事だろう。
安全便利な世界になった今、女は権利を叫ぶが、結局その安全が乱れた時に脆さを露呈する。


女はパニックに陥りやすいが、危険や不安に対する反応は強いため、
男よりも早く危険に気付ける。
どちらの方が良いのかは、その状況による。

131 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:02:09 ID:EB8IeqCJ

カリフォルニア大学ロスアンゼルス学校のL・Sアレンらは
左右の大脳半球をつなぐ神経組織の脳梁が、女性を丸みを帯びて大きく
男性が筒状で細い傾向を発見した。
それによる男女の思考法の違い
男性は「集中的、区画的、積み上げ的なステップ思考」
女性は「網の目のようなたくさんの情報を一度に処理し、全文の文脈の中で意味を把握するウェブ思考」
女性が「ウェブ思考」を得意とするのは、前頭葉の一部が女性のほうが大きいことと
脳梁の違いを上げている。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_3.html
何か一つのことに集中する、没頭する、極める、ということは男に分がある場合が多い。

女は周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
男は周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。

仕事ばっかりして家庭を疎かにする、というようなことが起こるのは
この男性特有の思考法によるものが大きいと思われる。

男っていうのは、例えば野球が好きな人ならば、その野球に多くの時間を費やし
野球の中に様々な楽しみや情熱を見出していこうとする
集中的、区画的、積み上げ的なステップ思考の生き物である。

132 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:02:45 ID:EB8IeqCJ

仕事をすぐに止めてしまうのは女の方が多い。
これは別に結婚退社とかだけでは無く、
仕事が嫌になった、他のことがやりたいということが理由でもだ。
女性の社会進出が言われてはいるが、結局は生涯を同じ会社に勤め、
一生家族を養っていこうというだけの覚悟を持った女はほとんどいない。


女性は先を見越して判断することが苦手だ。
男は長いスパンで物事を考えることを得意とするため、嫌なことがあっても
先のことを考えて踏み止まるが、女性は嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうケースが多い。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html


女は空間的に何かを組み立てたり何かを構成したり、長いスパンで物事を考えることを不得意とする。
例えば、将棋や囲碁など高度な戦略や組み立てを必要とされるものは男の方が強い。
これは戦の上での戦略、兵の配置などに役立つと考えられる。
女は男の脳と比較して、左右の脳の機能分業が未発達である(脳梁が太い) 。
したがって、右脳における高度な空間認識能力や、抽象的思考力を得ることができなかったため
空間的に何かを組み立てたり構成する能力が極めて低い。

囲碁は女子でもそれなりに男子とやりあえるため、公式の対局でも男女合同で行なわれるが
将棋となると、たまに女流が男に勝つことはあっても、トータルで見れば女子は男子に全く敵わないため
男女別で行なわれている。
空間認識能力が必要とされる物事では、どうしても男に分があるのは仕方ない。

133 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:03:25 ID:EB8IeqCJ

男は長期的視点で物事を考える。
遠くにある目標に向かって動くことで、困難や嫌なこと、他にやりたいことがあっても
妥協や我慢をしたり、計画を立てて行動する事が出来る。

対して、女は「今、目の前にある」事しか見る事が出来ない。
遠くにある目標や利益はピンと来ないため、計画を立てて自制することが苦手だし、
短期的快楽を求めて刹那的な行動に出たりする。
(男には刹那的な性欲があり、それによって冷静さを失うケースは除く)

女が男の語る「夢」を理解できないのはそれが原因だともいえる。
男「俺はこういう夢がある、それはまだ遠いから達成のために頑張るぞ!」
女「ふーん・・・それはいいけど、今、目の前にある現実を見なよ」
一見冷静な意見に見えるが、これは女が遠くにある目標に向かって動く視点を
持てないがための意見だろう。

女が言う「男はバカ」にも通じる部分がある。
今その時点で考えれば「バカ」でも、最終的な結果に繋がることがあるが、
これを女は理解できない。
本当のバカ男もいるが、それは計画性がなく刹那的な男。
女の言う「バカ」とはちょっと違う。

たとえば将棋やチェスや囲碁などが得意な人は女ではなく男に多い。
これらは相手の手を読んだり、数手先まで局面を想像して進めなければいけないゲームだから、
長期的思考に優れた男の方が有利。
現実でも、男は何か物事を始める時に綿密に計画を立ててそれに臨む。
(何時までに何をし、その後何時にどうする、など。)

134 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:04:43 ID:NcSfereD

女は客観的に物事を見ることを好まない。
また論理的に物事を見ることも苦手とする。
たいへん素晴らしい能力である。
子供を育てる上においては。
客観的に見てどうか、ではなく自分がどう感じるかという主観、感情で
論理ではなくただ子供がかわいいという感情、愛情で、子育てをする。
大事なことだろう。子供を育てる際の、母性というのはこういう女性の接し方を言うのだろう。

ただ、社会は逆だ。
お前がどう感じるかより、客観的に見てどうなのか。数字は?データは?
人を説得させるのも、事実を論理的に並べる必要がある。
女性は理解を好まず、共感を好むという言い方もされる。
社会という雑多な人間と生きていくには、共感という特定の相手としか通用しないコミュニケーションは
はっきり言って無用である。
万人が好き嫌い関係なく理解できるある種数学的な論理、理論と云うコミュニケーションが必要だ。

135 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:05:14 ID:NcSfereD

女性の弱点「空間認識欠如」はこんなところにもあると思う。
異性に対する価値認識の欠如、と言うか。
肉体的にしろ、母としてにしろ、そういう価値認識を男性は女性に
対して持てるだけ秩序を作れるんだよね。
それが一部の女性から見たら差別のように思うんだろうけど、
異性に対しそういう価値認識すら持てないよりは遥かにマシだ。

空間認識能力っていうのは、要は無を有と見る能力のことで、
それは異性を認知することで、社会を作る上では欠かせないことです。
男性は女性という「場」のようなものを、空間として己の中に
包含できるが、女性はそうしてしまうことに何かいらぬ不安を
感じるみたいですね。
どうしても女性は男性という女性と対となる空間を、
空間として認知できず、男性に社会に存在する余地を与えないような
穴埋めをしてしまう。
それこそ女性の空間認識能力の欠如であり、
つまり自分と異なる者を排除しようとし男性を否定し、より公平な見方や判断をできないということ。

136 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:05:53 ID:NcSfereD

女は家事や育児などたくさんのことを、同時にこなす必要があったため
右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く、同時にたくさんの情報を取り入れることができ
同時にたくさんのことをこなせるような脳の作りになっている。
さらに右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろにある膨大部が男よりも大きいため
感受性が豊かで、些細な変化に気付き直感に優れる。

その反面、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろの方にある膨大部が
男よりも大きいため、情動的に細やか、情緒的に繊細で情緒不安定になりやすく、感受性が強く
膨大部の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすく
もともと女は、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため、情報の受け渡しが
過剰になりやすく情報を上手くまとめて把握できずにパニックになりやすい。
女は、周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
これらは、女により子供がかわいい、かわいそうという感情を強めさせ
子供の心配をさせたり子供が病気だ、子供がお腹空いてる
そういうことに敏感に気付かせるため。

それに対し狩りに適した男は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が細く
同時にたくさんの情報を取り入れることができないため
何かに没頭すると、その他のことが疎かになりやすい。
が、何か1つのことをこなす場合の集中力に優れ、
周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は膨大部が小さいため鈍感だが
膨大部が小さく感受性や情緒的に鈍い男の方が動じにくく、脳梁が細く
情報の受け渡しが過剰になりすぎない男の方が、情報を上手くまとめて
把握することができるため、いざとなった時でも集中力や判断力を失いにくい。

137 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:08:17 ID:X3YAonhq

女は家事や育児などたくさんのことを、同時にこなす必要があったため
右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く、同時にたくさんの情報を取り入れることができ
同時にたくさんのことをこなせるような脳の作りになっている。
さらに右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろにある膨大部が男よりも大きいため
感受性が豊かで、些細な変化に気付き直感に優れる。

その反面、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろの方にある膨大部が
男よりも大きいため、情動的に細やか、情緒的に繊細で情緒不安定になりやすく、感受性が強く
膨大部の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすく
もともと女は、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため、情報の受け渡しが
過剰になりやすく情報を上手くまとめて把握できずにパニックになりやすい。
女は、周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
これらは、女により子供がかわいい、かわいそうという感情を強めさせ
子供の心配をさせたり子供が病気だ、子供がお腹空いてる
そういうことに敏感に気付かせるため。

それに対し狩りに適した男は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が細く
同時にたくさんの情報を取り入れることができないため
何かに没頭すると、その他のことが疎かになりやすい。
が、何か1つのことをこなす場合の集中力に優れ、
周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は膨大部が小さいため鈍感だが
膨大部が小さく感受性や情緒的に鈍い男の方が動じにくく、脳梁が細く
情報の受け渡しが過剰になりすぎない男の方が、情報を上手くまとめて
把握することができるため、いざとなった時でも集中力や判断力を失いにくい。

138 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:08:56 ID:X3YAonhq

女は自立心に欠け、依存心が強い


何百万年の原始時代のころから、男と女には仕事の役割分担があり男は狩りに行って食料を調達する、
女は近くの人との調和をはかりながら木の実を採ったり、自分たちの子供を育てる。
人間はこのような生活が長い間続いたため、さまざまな違いを持つようになった。
例えば、男の場合は獲物を狩るために自分と獲物の距離と、自分の持つ
スピードを駆使して空間能力が発達した。それに対して、女は自分の子供が
何か訴えているとき、その微妙な表情により、何を訴えているのか判断できるようになった。
また男は、獲物を待って、何時間も自問自答を繰り返し、効果的な方法で獲物をしとめようと
工夫するのに対し、女はコミュニケーションを大切にしてよりよい生活環境を築こうとした。
だから、問題が起きたとき、男は何時間もひとつのことを無言で考えて解決策を
模索することができるのに対し、女は誰かとコミュニケーションをはかり口に出して解決しようとする。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_2.html



男は、獲物を待って、何時間も自問自答を繰り返し、効果的な方法で獲物をしとめようと
工夫するのに対し、女はコミュニケーションを大切にしてよりよい生活環境を築こうとした。
だから、問題が起きたとき、男は何時間もひとつのことを無言で考えて
解決策を模索することができるのに対し、女は誰かとコミュニケーションをはかり
口に出して解決しようとする。
男は一人でじっくり考え、行動するのに長け
女は他人と話し合ってみんなで結論を出し、行動するのに長ける。

139 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:09:56 ID:X3YAonhq

女は打算的だが、詐欺にひっかかりやすい。
女は打算的だが、周りに流されやすい。周囲の意見を鵜呑みにしやすい。(依存性、集団性)
例として、女性は全体的に占いに弱いことが挙げられる。
占いというのは、自分の意思や意見が弱い人がはまりやすい。
自分のことを自分で決めきれない、自分1人で決断や判断をしきれない傾向を示す。
女性は男性よりも何か問題が起きた時、友達や家族などにすぐ相談しようとする傾向があるが
これも同じ事が言えるだろう。


女はマザコンだろうがファザコンだろうが批判されない。
男ほど自立することを求められていないから。
女は別に親から仕送りを貰ってようが、親と一緒に住んでいようが、
一緒に手を繋ぎながら買い物していようがたいして問題にされない。
少なくとも、男と比べれば歴然の差だ。
そもそも、女は男(夫)に依存できる。

140 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:10:38 ID:X3YAonhq

女性は「他者に勝ちたい」という欲求を強くする男性ホルモン、テストステロンが
男性の10分の1〜20分の1と少ない
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html


テストステロンは男性ホルモンの中の一種であるが
その中で最も活性の高いホルモンである。
テストステロンは精神に作用するホルモンとしては最上ランクといえる。
男性は思春期になるとテストステロンがどんどん生産されるようになり
25歳から28歳でピークを迎え、以降徐々に低下していく。

ただし、男女での生産量の格差は相当なものがある。
成人男性の正常範囲が250から1100ng/dl、成人女性が10から60ng/dlで
男性は女性の4から110倍ものテストステロン漬けにされていることがわかる。
いかに男性がテストステロンの影響を強く受け
テストステロンに支配されている生き物であるかが予想される。

このテストステロンが多く分泌されると、男でも女でも闘争的になり、性欲も上昇し
やる気や自信が高まり、興奮しやすく攻撃的になり無謀さを高める。
人間の脳をエンジンに例えると、テストステロンとはガソリンの中にたらす
ニトログリセリンのようなもの。
男はこのホルモンが多いからこそ人と闘って勝ち抜こうという意志が強く芽生え
争いを好むようになる。

141 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:11:46 ID:K/ZLEQhl

スポーツなどで使用を禁じられているドーピングというのは
主に生体から分泌される男性ホルモンの代表である、テストステロンの構造を模して合成したものである。
例えばドーピングを多量に投与すると、体内より自然分泌されるテストステロンなどの
男性ホルモンの分泌能が低下し、逆に女性化するという副作用が起こることがある。

したがって、精神神経系への影響(意欲低下、うつ状態、気分の女性化)
性的能力の低下(意欲低下、勃起障害、精子の数の減少や変形、精液の正常変化)
精巣の萎縮や亀頭の退縮など外性器の変化、女性化乳房を起こす。

ただ基本的にはこの薬物は、「筋肉増強だけでなく、やる気や自信が高まり興奮しやすく攻撃的、
闘争的になるという心理的変化をもたらす」競技能力の向上と共に、このような心理的効果をもつため
アスリートに人気がある。本来、ステロイドは貧血治療や手術後の回復促進剤として用いられ
このたんぱく質の合成を促進すると言う効果を利用して筋肉を増強しようとする狙いである。

「ドーピング使用による女性の男性化」
東ドイツ・スポーツ医学研究所のドーピング研究室では、ドーピングの効果人体に与える
影響とともにドーピング・コントロールの網をくぐり抜けるトリックも研究されているといわれ、
さらにミュンヘン・オリンピック以降東ドイツ女子選手の男性的な体型が問題にされたが
いかに女性の体型や声質の変化なしにドーピングを行うかの研究もなされているといわれる。
http://www.reco.co.jp/doping/sid01.html
http://www.volleyball.gr.jp/dop.htm
http://www.sc.gp.u-tokai.ac.jp/kuboken/SP/drug/sp-drug-3.html

ただ、体内で自然に分泌される男性ホルモン及びテストステロンと
外部から体内に取り入れるドーピングとでは、副作用に大きな違いがある。
ドーピングは自然分泌されるテストステロンと比べ、副作用が強く
天然に存在しない合成物質を、長期間にわたり過剰投与することで
肝臓や腎臓、心臓に異常を来たすもので、大変危険なものである。
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm
つまり、男は副作用が極めて少ない天然のドーピングを、体内で多く分泌している、と言える。

142 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:12:43 ID:K/ZLEQhl

テストステロン(Testosterone)は、 男性ホルモンの一種。

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて精巣から大量のテストステロンが分泌される時期があり
これに曝されること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴を失い、男性化する。
なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、ジヒドロテストステロン(en:Dihydrotestosterone)という
別の男性ホルモンによるものと言われている。

女性の男性ホルモン分泌は副腎からのみで、分泌量は男性の20分の1と言われており
陰毛の発毛に関与する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

男の子が乳幼児のころの死亡率が高いのは、このアンドロゲン・シャワーの影響によるものである。
アンドロゲンシャワーも、あまりに多いと暴力的な性格になり、少なければ少ないで男らしさに欠け
男の子というのは、きわめて不安定な状態で生まれてくるものである。
精巣から大量に分泌される「テストステロン」とは簡単に言えばドーピングだ。
アスリートが使い問題にされることがあるドーピングというのは
主に、生体から分泌される男性ホルモンの代表であるテストステロンの構造を
模して合成して作るものである。
アスリートが使い問題にされるドーピングに、男の子は胎生期や乳幼児のころに
晒されているようなものなのだから、死亡率が高くなるのは当たり前。
男の方が寿命が短いのも、この男性ホルモンの影響である。

143 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:13:36 ID:K/ZLEQhl

基本的に晩成型の動物は、体が大きく知能の高い傾向があるが
成熟するまでが非常にひ弱で、成熟に時間がかかるという弱点がある。
例えば1才くらいであれば、人間より犬のほうが知能は高いと言われてる。
犬と人間ほどの差は無いとしても、結局そういうことだ。
類人猿やクジラなど高度な動物になるほど、成熟に時間がかかり
離乳や親離れの時期が遅くなる傾向がある。

女は二次性徴が男より約2年早く始まり成長が早く早熟だ。
人は二次性徴を終えると共に、急激な成長もほぼ終わりを迎える。
つまり二次性徴の訪れる時期の遅い男の方が、それだけ成長期間が長いということにもなる。



もともと人間なんて生物学的に見れば最弱だ。
生命力の強さで見れば、人間はゴキブリやネズミなどの下等生物には全く敵わない。
人間など足元にも及ばない。
犬や猫も人間より生命力は強いと言えるからね。

144 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:15:23 ID:w1u7F8fT

食料が豊富になった今の時代、脂肪の価値など皆無に近い。
脂肪なんて付けようと思えばいくらでも付けれるし
現代の人のほとんどが、どちらかといえば脂肪を落とすことに必死だろう。
どんなに太りにくい体質の人でも、プロテインでも飲みまくって運動しなかったら
あっという間に見事な脂肪だらけのデブになれる。
筋肉量が多くなると、脂肪が燃えやすくなる為(新陳代謝が良くなる為)、脂肪が付きにくくなるが
付けようと思えば、筋肉質な体の上にでも脂肪を付けることが可能だからね。



皮下脂肪を減らしてエネルギー消費量を極小化する

ランニング効率に最も即効的な影響を与えるのは体重の適正化、すなわち減量です。
皮下脂肪を減らし、エネルギー消費量を極小化することが、
ランニング効率を高める最も有効な手段です。
現在の一流男子マラソンランナーの体脂肪率は体重の約5〜6%、女子では10〜11%
平均的日本人では男子が14〜15%、女子が20〜21%です。
アメリカのかつての名マラソンランナー、フランク・ショーター選手の体脂肪率は1.7%と
これまで測定された中でも最も少ない値を記録しています。
http://www.seiko-pgt.or.jp/what/guide4.html
何が言いたいかというと、42kmを走る人が1.7%の体脂肪率でも大丈夫なんだよ。
どれだけ体脂肪というものが、人間にとって少なくても大丈夫なものなのか、
ということがお分かり頂けるだろう。

145 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:16:03 ID:w1u7F8fT

骨粗鬆症患者の約7〜8割は女性です。
女性の最大骨量は男性より低く、また閉経後の数年間は
女性ホルモンの急速な低下に伴ない急激に骨量が減少します。
そのため、女性は男性より骨粗鬆症になる危険性が高く、より若い年齢から骨粗鬆症が見られます。
(男性では、女性ホルモンと同様、男性ホルモンが骨形成を進めています。
しかし、男性ホルモンは女性ホルモンほど加齢によって減少しません)。
女性は男性に比べてもともと骨量が少ないため、形成・吸収のバランスが崩れたときに
症状が表面化しやすい。
http://www.med.or.jp/chishiki/kotu/001.html
http://www.med.or.jp/chishiki/kotu/002.html#anchor864232
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E7%B2%97%E9%AC%86%E7%97%87



女性は男性に比べ骨格の作りが華奢で脆く、骨も水分と脂肪の含有量が
多く無機質に乏しいため、同じようなサイズでも男性より強度がどうしても劣る。
戦場や訓練で女兵士が男の兵士より負傷しやすいのは、運動能力や体力的な問題だけじゃない。


英国メディアの30日の報道によると、英国軍は身体機能を理由に
女性兵士を前線での戦闘任務に投入しないことを決めたという。
英国国防部の研究によると、一般男性兵士の身体機能と同等レベルにある女性兵士は2%。
部隊で女性兵士が負傷する割合は男性兵士の8倍にあたるという研究結果もある。
報道は、この決定は女性兵士を直接の戦闘へ投入しないだけで
戦争勃発時には部隊内での勤務をさせるとしている。
一方、内閣閣僚の多くが女性兵士の前線への投入を望んでおり
一部にはこの決定が人権侵害にあたると批判する声もある。
http://j.people.com.cn/2002/03/31/jp20020331_15748.html

146 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:22:16 ID:w1u7F8fT
血液は酸素を運ぶわけで、筋肉量が多くなれば
それだけ酸素が多く必要となるため、基本的には血液を多く必要とするようになる。
だからその原理で見れば、女よりも男の方が基本的には血液を多く必要とするだろう。
ただしそれは心肺機能など個人の体力にもよる。
酸素の運搬能力が発達してるなら、常人より少ない血液でも効率よく酸素を供給できる。
出血に馴れてるとショック症状を起しにくく出血も止まりやすい。

最大酸素摂取量、肺活量ともに男の方が上だ。
(最大酸素摂取量は男性の場合、一般成人で約40ml、
マラソン選手で80ml程度が平均だと言われ、女性は男性の7〜8割程度である。
一流のマラソンランナーの最大酸素摂取量は
男子では80〜85ml/kg・分、女子では70〜75ml/kg・分である。
http://twv.edisc.jp/guide/stamina.html    http://www.seiko-pgt.or.jp/what/guide4.html)

さらに血液の中でも、肺より酸素を取り込み、酸素を体中に運搬する役割を持つのが赤血球である。
赤血球は血球中最も多く、約96%を占めている。
赤血球の数は、1立方mm中に男性で約500万個/mm³、女性で約450万個/mm³であり男の方が多い。
(ヘモグロビン量の正常値は、男性で、1dlあたり13.5〜17.6g、女性で11.3〜15.2g)
血液中に含まれる赤血球の量が多くなると、より多くの酸素を運搬することが可能であり
赤血球が少ないと貧血の状態になり、運べる酸素が少なくなるため有酸素運動の能力は低下する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E8%A1%80%E7%90%83
http://contest.thinkquest.jp/tqj2001/40495/seki.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/SPECIAL/HEALTH/2001/2001082001.shtml
http://www.necsoft-okinawa.co.jp/social_c/blood_donation/kekkyuu.htm
http://www.motodoc.jp/qualify/kiso6_1.html
大抵の手術の際の血漿量や収縮・拡張期血圧の目安は男の方が上に設定されてある。
つまり医学的に見ると、出血に耐する能力も
男性>女性はほぼ証明されてるし戦場などの現場でも実際にそうだ。

年間献血回数も女が4回以内であるのに対し、男は6回以内に設定されてある。
年間で献血をできる量は、女が800mL以内であるのに対し男は1200ml以内だ。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index2.html

147 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:23:47 ID:jnjNleOQ

最近の学説では、男の方が痛みに強いということは定説になってきてる。


最近の研究で男性ホルモンであるテストステロンが
痛みを鈍感にするということが分かっている。
例えば興奮している時、闘いにのぞんでいるとき、スポーツや喧嘩をしてる時などになると
テストステロンのレベルが高まるため、痛みをあまり感じなくなる。
これは男性が狩りや闘いにのぞむ時に、テストステロンのレベルが高まることで
痛みを鈍らせ、気力を維持させるためのものだと言われている。
これがスポーツなどをしている時に、痛みがあまり感じなくなる原因。

それから男の脳は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁という部分が細い。
そのため男は、同時にたくさんの情報を取り入れることができず
同時にたくさんのことをこなすことはできないが、何か1つのことに対する集中力に優れる。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は何かに集中している時、より痛みを忘れやすいといえる。

さらに女性の脳は脳梁の後ろの方にある膨大部が大きく、
扁桃体は外から入ってくる情報に対して、快、不快、恐れ、警戒、好き、嫌い、
などの判断を下すことに関係している部位であり、
女性の場合、この扁桃体を含む大脳辺縁系で処理される情動情報が、
男性よりも前交連という連絡回路で交換される度合いが多いため、情緒的に繊細で感受性が強い。
ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。

148 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:24:24 ID:jnjNleOQ

女が出産する時というのは、脳内麻薬が大量に分泌される。
この脳内麻薬は痛みを和らげるだけではなく、痛みを忘れさせる効果がある。
つまり、女は「出産の痛みに極端に強い」だけ。

そんなこと少し考えれば分かることだろ。
女が、出産以外の痛みに強くある必要が全く無いから。
人類起源以来、男の役割は、女より重い物を持ち上げ、戦になれば女子供を守るため
痛いのもガマンして相手を防ぎ、倒すのが役目だったんだから。
力仕事の経験がある男なら誰でも、仕事の後知らぬ間に手の皮がむけたり、血が出て
いたり、シャツに血が付いていたりはよくある事だろ。


男性のほうが痛みに鈍感である 
Testosterone reduces responsiveness to nociceptive stimuli in a wild bird.Hau et. al, Horm Behav. 2004 Aug;46(2):165-70. [Science Direct]関連1
男性ホルモンのテストステロンが痛みを鈍らせることを発見した。
これは男性が闘いにのぞんでいるときなど、テストステロンのレベルが高いとき
痛みを鈍らせる効果が気力の維持に役立っているのかもしれない。
オスのスズメの片方の脚を湯を入れたビーカーにつけ、湯の温度を変えて
通常の痛みの閾値を決定した。
テストステロンが入ったシリコンゴム容器をスズメの背中に移植してテストステロンを与えた。
52度Cの湯では、テストステロンを投与されたスズメは、投与されていないスズメよりも
3倍長い時間、脚を湯の中につけたままにしていた。
こうして、テストステロンを投与されたスズメは痛みに対する耐性が高まったことが示された。
テストステロンの効果を妨げる薬の効果を試した。
この薬を与えられたスズメは、48度Cの湯に脚をつけている時間が半分足らずになった。
薬を投与されていないスズメは、48度Cではほとんど痛みを示さなかった。

149 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:25:08 ID:jnjNleOQ

「男は痛みに鈍感」を実証

この事実を別段驚くこととは思わない人も少なくないだろう。
男性は女性よりも鈍感である。少なくとも痛みに関しては。
米国とベルギーの研究者たちは、男性ホルモンのテストステロンが
痛みを鈍らせることを発見した。
男性が闘いにのぞんでいるときなど、テストステロンのレベルが高いとき、
痛みを鈍らせる効果が気力の維持に役立っているのかもしれないと
研究者たちは考えている。

この研究論文の主著者である、プリンストン大学(米国ニュージャージー州)の
動物生理学・行動学者Michaela Hauは
「もし、男性が痛みに鈍感であれば、何かと闘う意欲や、
さらに次の闘いに加わろうとする意欲が高くなるはずだ」と話す。
自然の鎮痛剤
フロリダ大学(同州ゲインズビル)で人間の痛みを研究しているRoger Fillingimは
「人間においても痛みの感度にテストステロンが
何らかの影響をおよぼしていることは間違いないと思う」と言う。
慢性的に痛みを感じている男性に、テストステロンを補充してやると
効果があるかもしれないとFillingimは考えている。
慢性的な痛みを持つ男性は、テストステロンのレベルを下げる薬を使っていることが多く
テストステロンが持つ、苦痛を和らげる効果が妨げられているとみられるからだ。
http://www.natureasia.com/japan/sciencenews/bionews/article.php?ID=1295
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15256306&query_hl=1

150 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:26:20 ID:jnjNleOQ

女は痛みに弱い。
女が痛みに強いのは、出産の時だけ。
科学的に仕組みはわかってる。

強い痛みやストレスを受けると、人間の脳からは、
エンケファリンやエンドルフィンといった、
麻薬と同じ作用を持つ物質が、脳下垂体から出てくるのです。
出産時の妊婦の人にも脳内麻薬は分泌されます。
分娩中には、血液中のエンドルフィンの濃度は
通常の2倍〜3倍と増加していき、ついには6倍ぐらいになるそうです。
出産の痛みもある程度は脳内麻薬物質で和らげることができるのです。
http://www1.ocn.ne.jp/~seizan/seizan/fmt/p16.htm


男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

151 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:28:18 ID:9TnDMdnl

女性ホルモンは主に卵包ホルモンと黄体ホルモンの2つでできている。
卵包ホルモンが多いほど可愛さやか弱さを強め
黄体ホルモンが多いと力強くたくましく、おばさんに近くなる。
卵包ホルモンと黄体ホルモンがどちらも少ない人は、おばあさんに近い。
妊娠中はその黄体ホルモンが大量に分泌され、出産が終わると分泌は減少する。
が、 経産婦(出産を経験している女性)も黄体ホルモンの分泌量は多い傾向がある。

力強さと性欲と乳発育のためには黄体ホルモンが必要になる。
逆に卵包ホルモンが多いと、か弱くなりすぎる恐れもある。
中年になると卵包ホルモンの分泌量が減少するため、力強さは増す傾向がある。
これは黄体ホルモンは、ほぼ男性ホルモンであると言って良く
実際に体内に残った黄体ホルモンは、男性ホルモンに変化する。

黄体ホルモンの男性ホルモン化は卵包ホルモンによって抑えることができるが
中年になると卵包ホルモンの分泌量が減少するため、より男性化しやすくなる。
女でも生まれつき男性ホルモンの分泌量が多い人はいるし
経産婦(出産を経験している女性、つまり母親)やおばさんは
通常の女よりも男性ホルモンの分泌量が多く、実質的に男よりも
男性ホルモン濃度が高い女も結構いる。

152 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:29:45 ID:e2aEIPSM

テストステロン(Testosterone)は、男性ホルモン(アンドロゲン)の一種。
天然に存在する物質の中では、最も生理活性の強力な男性ホルモンと言われている。
男性は女性の約20倍のテストステロンを持っている。
女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しているが血中テストステロンで比べると、男性の5〜10%
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_of_female.htm

胎内のホルモン具合がおてんば娘を生み出します
男性ホルモンであるテストステロンレベルの高い母体から生まれた女の子は
男っぽい行動をとる傾向。
逆にテストステロンレベルの低い母体からはやたらオトメチックな子が産まれがち。

テストステロンの低い母親から生まれた女の子は、女の子らしいふるまい、バービー人形や
化粧に興味を持ち、高いテストテスロンレベルをもっている母親からは
男勝りでトラックや車を競走をするのを好む子がいたり
スポーツへの関心も強く示したりと、おてんば娘が生まれやすいことが分かりました。
http://www.excite.co.jp/world/url/body/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.bbc.co.uk%2F1%2Fhi%2Fhealth%2F1368675.stm&submit=%83E%83F%83u%83y%81%5B%83W%96%7C%96%F3&wb_lp=ENJA&wb_dis=2&wb_co=excitejapan

153 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:31:12 ID:e2aEIPSM

自殺で実際に死に至る割合は男性の方が高い。
が、自殺を試みる割合自体は(自殺未遂も含めると)、女性は男性の2〜3倍である。
(自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍はいると言われている)

銃や首つり、飛び降りなどの方法を用いるとほぼ確実に死に至るため
自殺未遂に占める割合はあまり多くは無い。
米国における自殺既遂者の中では、銃による自殺が最もよく用いられる方法で
圧倒的に男性に多い手段である。
女性の場合は、服毒、服薬、入水などの、暴力的でない方法を選ぶ傾向がみられる。
男性は銃や首吊り、飛び降りなど、より暴力的な自殺を試みる傾向が強いため
死にいたる割合が高くなる。
自殺未遂とは、自殺行為を行ったが死には至らなかった場合をいう。
自殺行為で死に至る可能性があるとは思われない場合は、自殺演技という。
このような行動(たとえば、アセトアミノフェンを6錠服用するなど)を取る人は
本気で死のうと考えているのではなく、助けを求め自分に注意を向けさせようとしている。
(自殺演技も含めたら、女の割合は3倍以上になるだろうと言われている。)
参照
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch102/ch102a.html
つまり女は、精神的に追い込まれ自殺したがる人は多いが
結局死にきる度胸も無く、どっちつかずってことですね。


男に比べ、女の方が圧倒的に自殺経験者自体は多い。
が、女は大半が未遂で終わる。
その訳として、男は首吊りなど、自殺を完遂させる方法を用いることが多い一方で
度胸がない女性達は薬物を用い、痛みも無く、体を傷つけるようなこともない方法を試みようとするからだ。
自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍いると言われ
自殺未遂者において女性は男性の三倍以上にもなる。
つまり女というのは、都合の悪いことがあればすぐに死にたがるが、
死ぬにしても死にきれない大変デリケートな生き物だったんですね。

154 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:31:45 ID:e2aEIPSM

うつ病の生涯有病率は男性15%、女性25%と言われている。
(感情(気分)障害全体での生涯有病率は男性で14.7%、女性では23.9%)
代表的な不安障害であるパニック発作やパニック障害は女性に多く、男性の2〜3倍の割合で発症します。
(不安障害全体での生涯有病率は男性では19.2%、女性では30.5%)

【精神障害の生涯発症率】
大うつ病       男性12.7% 女性21.3%
躁エピソード    男性1.6% 女性1.7%
気分変調症     男性4.8% 女性8.0%   
全般性不安障害  男性3.6% 女性6.6%
社会不安障害   男性11.1% 女性15.5%
広場恐怖症     男性3.5% 女性7.0%
特定の恐怖症 男性6.7% 女性15.7%
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28t1.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100d.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85
尚その他代表的な精神疾患である、心気症、総合失調症(精神分裂症)の発症率に男女差は見られない。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07.html

うつ病の危険因子である女性は,ホルモンの問題,女性のより密接な関係をもちたがる性質,依存的性質,
および男性志向社会において自分の宿命をコントロールする際の無力さによって通常説明される。
しかし,生物学的に傷つきやすいことも関係している。

2つのX染色体を保有することは,優性X連鎖が関与している場合は,双極性障害において重要となる。
男性と比較すると,女性は高レベルのモノアミン酸化酵素を有している。
(モノアミン酸化酵素とは、気分にとって重要であると考えられる神経伝達物質を分解する酵素。)
甲状腺機能は,女性でより多くの調整障害がみられる。
抑うつ的な女性は,うつ病に典型的な,内向的で,くよくよし/抑制的な性格スタイルを示すことが多い。
その一方で,抑うつ的な男性は、躁病に典型的な外向的で,行動志向的な性格スタイルを示すことが多い。
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=15/s189.html

155 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:32:29 ID:e2aEIPSM

全般性不安障害とは、様々な活動や出来事について過剰な不安や心配が生じることで、
女性の発症率は男性の約2倍となっています。

特定の恐怖症とは、特別な対象または状況に対する広範かつ持続的で、そして不合理な恐怖感です。
恐怖の対象は大きく4つに分けられ、状況型では、高所恐怖症や暗所恐怖症、閉所恐怖症、
動物型は蛇やクモなどの虫、様々な動物に対する恐怖、血液・注射・外傷型は人体に関する恐怖、
自然環境型は嵐、風、雷などが恐怖の対象となります。最近の調査では恐怖症をもつ人は、
全人口の約4割前後であることが報告されていれ、女性のほうが男性の2〜3倍多いこともわかっています。

ただし、ほとんどの不安障害や恐怖症は、女性の方が男性の2〜3倍多いことが分かっているが、
社会恐怖症(対人恐怖症)に関してだけは、他の恐怖症に比べ男女での差が極めて少ない。
社会恐怖は任意の12カ月の間、女性で約9%、男性で約7%に生じそれでも若干女性の方が高いが、
社会恐怖の中で最も重症度が高いと言われる回避性人格障害になる割合は、男性の方が女性よりも
高いことが示されている。全体的に不安障害や恐怖症は明らかに女性に強く表れるが、社会恐怖に男女で
大きな差が見られないのは、女性の方が言語能力やコミュニケーション能力に優れていることが影響していると考えらる。
http://www.fuanclinic.com/byouki/sukoyaka.htm  http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100e.html


明らかに女の方が社会的に保護されてるのは明確。
女は男ほど、競争社会を生き抜く必要も無く
義務や責任を男ほど背負う必要も無く、男みたいに家族を養うことを義務付けられてるわけでも無く
男のクセに、男なんだからと我慢をしいられることも無い。
男は、女の子には優しくしなきゃダメと、子供のころから言われながら育ち
男が女に攻撃的、暴力的な態度を取ることは許されない。
逆に女が男に攻撃的、暴力的になることは、男が女に対してよりもかなり肯定される。

それにも関わらず、女は精神病になりやすいんだよ。
どんだけ精神弱いんだ。

156 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:33:07 ID:e2aEIPSM

<情緒的に繊細な女性の方が運転中にパニックに陥りやすい>

女性が情緒的に細やかなのは、脳梁の後ろの方にある膨大部が男性よりも大きいためで、
その部分の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすいとも言える。
逆に危険や不安に対する反応が強ければスピードも控えめに運転して当然だ。
以上のような脳の性差を知っておけば、運転に男女間の食い違いがあっても腹が立たなくなるかもしれない。
http://web.archive.org/web/20030308012141/http://www.urban.ne.jp/home/nasucpao/tokutoku/toku11-20/toku+no.17-d.html


男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。

脳梁が太い女性は、男性と同じものを見ても一気に大量の情報が流れてしまうので
いろんなことを考えすぎてしまう。そのため、優柔不断になりやすい。

決断するということは何かを捨てることである。
つまり、Aという方法が成功する可能性が8割だったとき
2割の可能性を捨てることが決断するということだ。
しかし、女性はその2割がなかなか捨てられない。
その2割を捨てたために起こりうるデメリットにまで目が向いてしまうからだ。
洋服やメニューをなかなか決められないのも同じ理由。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

157 :女は弱い:2007/02/15(木) 12:36:46 ID:sughz8W+

>>118-156

158 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/15(木) 13:18:11 ID:fwyAE7Hf
女¥性¥な¥ら¥で¥は¥の¥視¥点

159 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/24(土) 20:06:00 ID:AFeOo6+q
必死な、女は弱い、の連打ですな
でもその女、0歳から100歳以上までおりますが
これら全てを包括しているのかいな

どっこらしょと
やれやれ、ほんに、視点の狭い者のう

160 :クリストフォロ・ミケーネ様 ◆manko/yek. :2007/02/24(土) 20:10:43 ID:mYKNmZDq
>>159





161 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/10(土) 11:06:45 ID:uxL5sXnt
言語
言語とは、コミュニケーションのための記号の体系。
狭義には人間の音声による言葉を指すが、広義には身振りなど音声以外の
要素も含む。
また、動物間のコミュニケーションや、コンピュータに指示するための
記号の体系(プログラミング言語)を指す場合もある。

日本語や英語のように自然発生的に生まれた言語を自然言語と呼び、
これに対してエスペラントやプログラミング言語のように人為的に
創作された言語を人工言語と呼ぶ。
自然言語は、母語とする人々の存在を失うと使用されなくなり死語と
呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E
さて、言語能力とは、コミュニケーション能力と展開されるのだろうが
実に、自己中な連中が多すぎるな。
これでは、意思の疎通すらでけんわい


107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)