5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

性同一性障害はヒステリー性格

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 18:34:28 ID:RAw92yN1
性同一性障害はヒステリー性格、人格障害、統合失調症に分類するのが、
昔から主流だったそうだが、統合失調症は少ないね。
ヒステリーと人格障害は多いが、主流はヒステリーだろうね。
ほとんどが、数千人に1人か、それ以上の顕著なヒステリー性格。
こんなもんで、どんなもんだい?

2 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 18:41:51 ID:RAw92yN1
1/10000程度でなければ、性転換できないとよく聞く ヒステリー性格の強さ

3 :野次馬:2007/01/03(水) 18:47:09 ID:rs+jXk9/
「昔から」というのは「今も」という意味なの?

4 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 19:04:38 ID:RAw92yN1
今は、医学心理学方面でヒステリーという概念を使わなくなった。
それで、性同一性障害についても、
ヒステリーという観点で学術的に見ることが少なくなった
ヒステリーの概念は、古い男女観による誤解が多かった
しかし、今も、性同一性障害の性格は、
古い誤解の男女間にぴったりの性格をしている
男女観の誤解を多く含む古さに適した性格の性同一性障害の当事者が多い

5 :野次馬:2007/01/03(水) 19:08:06 ID:rs+jXk9/
あなたは性同一障害の人を沢山知っているの?

6 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 19:12:27 ID:RAw92yN1
1年に10人程度と新たに知り合うので、400〜500人程度と、顔見知りにってしまった・・・
思春期前から、この世界に出入りしていたので
私自身は、インターセクシャル


7 :野次馬:2007/01/03(水) 19:15:45 ID:rs+jXk9/
それは凄い。
そしてその人たちから感じた共通性はヒステリー的な性格だったと。
ヒステリー性格ってどんなの?

8 :すふ ◆pZQz/M/82. :2007/01/03(水) 19:19:04 ID:fH4Ex9nV
興味 シンシン(((◎))))

500人の顔覚えられるのってウラヤマシス・・・・

9 :野次馬:2007/01/03(水) 19:22:42 ID:rs+jXk9/
いや、別に覚えなくてもいいでしょ。
普遍性を見い出せる目があれば。

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 19:38:34 ID:RAw92yN1
ヒステリー性格は、ネットで検索すれぱいいでしょう
ヒステリーは、自我に着目した概念です 意識の自我形式による統合と解離
500は覚えられる 3000人程度は大丈夫ではないか

11 :すふ ◆pZQz/M/82. :2007/01/03(水) 19:51:41 ID:fH4Ex9nV
>>9
顔見知りっちゅーから、ヤパ顔覚えてるのかと・・・・。

12 :野次馬:2007/01/03(水) 19:51:49 ID:rs+jXk9/
なるほど、心的外傷からの自己防衛から生じるというのが興味深いな。
で、あなたはその自己防衛の仕方に唾棄すべき弱さのようなものを感じるの?

13 :野次馬:2007/01/03(水) 19:54:12 ID:rs+jXk9/
>>11
ごめん。
俺が「顔見知り」という言葉に感じる重みが凄く低かったらしい。

14 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 20:01:28 ID:RAw92yN1
ヒステリー性格は、解離しやすい性格に近い。
ヒステリーの主症状は、解離性障害。これも、今はあまり使わない。解離性同一性障害のみ、臨床で使用される現状。解離性障害のみで受診する人は、めったにいない。
多くは、解離性障害に他の症状が伴う。摂食障害や依存症や性同一性障害などが多く、そっちのほうで診断名がつくのが、今は一般的。

自己保存の本能より、性本能が、比較的相対的に強くなる。自我が解離るのだから、当然だが。
被暗示性が強くなり、そそのかされやく、集団の雰囲気に影響されやすい。
記憶が曖昧になるので、嘘つき無責任と言われやすく、演技的になるが、本人は、正直で責任感が強いと自覚する。演技している、わざとしているという記憶が残らず、演技やわざとの内容だけ、記憶される。ハメをはずしやすい。

要するに、ストレス解消のために人間は、適宜適度に解離する。自我そのものがストレスの原因になる。
しかし同時に、自我が解離すると、性本能が相対的に強くなる。性本能という生殖本能がめいっぱい発動するには、解離しないといけない。自我が邪魔になる。

オウムの信者や、三浦和義氏などは、典型的なヒステリー性格。薬物療法以前の時代の、精神科心理学などの、主要な概念だった。今は薬剤の効果に即して、症状を理解するのが便利なので、薬剤の効き目によらないヒステリーという概念は、臨床では廃れた。
しかし、性同一性障害は薬剤では治らず、治療というさえも適当でないかも知れぬので、ヒステリーという往年の概念で、ぴったり当てはまる。



15 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 20:10:08 ID:RAw92yN1

>12
逆なんだね。ヒステリーの概念が流行した時代は、ロマン主義全盛の時代。
ロマン主義では、自己保存の本能よりも、種族保存の本能を重視する傾向があり、個人は世界と一体になるのが良いとされた。ナポレオンや毛沢東やスカーレット(風と共に去りぬ)や、アラビアのロレンスなどのようなもの。
自我を解離して世界と一体になりなさいというのだから、西欧のロマン主義の最後は、インドにたどり着いて終焉した。
ヒステリー性格というのは、それなんだね。性同一性障害も、その性格がぴったり。性格というだけあって、半分は生まれつきの素質だが。



16 :野次馬:2007/01/03(水) 20:19:19 ID:rs+jXk9/
ロマン主義が掲げるのは感情の解放でしょ。
ロマン主義がインドなどの異国に惹かれたのはそこに「冒険」と「神秘」があるからで、インド思想に近かったからではないと思う。
それに、インド思想にたどり着いたというよりも、ショーペンハウアーの厭世的哲学がそれを広めただけだと思うよ。
はっきり言ってこじつけ臭く聞こえる。

17 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 20:44:17 ID:RAw92yN1
ロマン主義うんぬんの話は、どうでもいいのだが・・・
どうでもいいことを話すと、話がそれるが、ちょっとだけ言っておきますほんと、どうでもいいんだけどネ

>16 ロマン主義が掲げるのは感情の解放でしょ。
感情の主体は? 感情の解放なんて文学的な表現で言っても、自我がしっかりしていたのでは、解放にならんでしょう?
言葉のアヤみたいで申しわけないが・・・ ロマンの話になると、こうなってしまいます。


18 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 20:45:47 ID:RAw92yN1
自我の自由を掲げて納得づくで作られる契約社会という西欧の近代的な考え方の一方で、
西欧では、ロマン主義のように、納得じゃないんだよね〜 という感じ方も、近世近代に流行したよね。
納得じゃないってことになると、自我が解離しないとダメですね。自我は納得づくで行きますから。
解離すれば、当然、集団に意識に心を乗っ取られるね。意識の主体の自我がなくなるが、人間は本能の自動行動だけでは生きて行けないからね。
具体的な行動を納得づくで決めていたのは自我だったが、
感情を解放すればするほど、自我は解離して集団的になるんだよね。ヒステリーの原理です。

人間には納得づくで集団を作る本能と、理性的でなく集団を作る本能があるでしょう? 理性的でないほうは種族保存の本能によると言われています。生殖本能ね。人間は有性生殖ですから性本能のこと。
性本能って、納得もせずに集団を作ります。自我のほうは個体保存の本能によるもので、集団になるときも個体に有利であることを目論んで集団になります。
性本能は、個体よりも、どうしても集団に傾くんだね〜 ロマン主義って、それななのよ。あなたの言う感情の解放をすると、最後はそうならざるを得ない。
ロマン主義の主要な心理はヒステリー。本人や周囲が苦にしなければ、ヒステリーとは言いませんが。


19 :野次馬:2007/01/03(水) 21:01:40 ID:rs+jXk9/
自我=理性ではないよ。
自我がしっかりしているからこそ感情を素直に解放できるんだと思うけど。
というか何故自我をもたない者が感情を生み出せる?
感情とはあまりにも個人的なものなんだよ。
感情の解放が目指すところは個人が自分自身になることで、集団的興奮を得ようとしているわけではない。
ロマン主義は宗教が定めていた倫理や美の基準に反逆し、個人個人が審美的になり、個人個人が価値基準を持つことを推奨する。
(ロマン主義による)個人化の重圧に堪えられなくなったものが集団への帰属を求めてヒステリーを起こすのならまだ分かるけど、
それはロマン主義への反抗であって、ロマン主義そのものではない。
ロマン主義をヒステリーの原因と決めつけるためにロマン主義を曲解していませんか?

20 :野次馬:2007/01/03(水) 21:10:49 ID:rs+jXk9/
「納得できない」というのは既存の価値観への懐疑であって、
「納得することを求めない」という意思ではありません。

21 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 21:17:00 ID:RAw92yN1
>19 自我=理性ではないって、そりゃ、わかってるけど、ロマン主義のことでスレッド立てたのでないので、割愛して、ちらちらとパンチラみたにい見せただけ。
ロマン主義の、わたしゃ専門家じゃないから、説明もヘタだけど、あんまり、突っ込まないでよ。話がそれるから。

感情って、たいてい感情的になると、自我でなく集団の感情に促されるよ。自分一人の感情で、突っ張る人なんて、めったにいないから。
感情を剥きだしにすると、自我が解離するの。これ仕方ないのよ、そういうふうになってるみたい、人間の心理って。


22 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 21:17:46 ID:RAw92yN1
感情が個人的でも、どうでもいいんだけど・・・個人的かどうか文学表現の差だからね。
体で見る個人としては、個人から感情が発せられるのかも知れませんが、感情の主体は、個人という体の単位になっているとは限らないと思うけどね。

細胞のレベル、個体のレベル、集団社会のレベルがあって、
個体のレベルだけでなく、集団のレベルでも、感情があり、
個体はその道具になっているだけじゃないの?
細胞も、個体のレベルの道具になるように、個体も集団のレベルの道具になります。
感情って、必ずしも主体は自我ではないよ。

性本能って、まさにそれなのよね。
個体のレベルでなく、集団のレベルで人を動かします。
人間は、コロニーを作っているというわけです。


23 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 21:23:35 ID:RAw92yN1
>20
そういう言葉の定義は、どうでもいいんだけど、、、
なんとでも自分流に定義できますから、言葉って。
ヒステリーで理解すると、理解しやすいのでは、ということを言っているの。
性同一性障害についてですよ。
廃れた考え方ですが、廃れた理由は、男女差別を含んでいたことと、
精神科が薬物療法主体になったことからです。
性同一性障害は、どうせ障害という言葉尻がくっついていとも、
薬で治るような障害ではありませんから、
昔流のヒステリー論でも行けるのではないかということです。
けっこう、GIDの意識は、男女の古い価値に依存していますしね。

ケンカしたいのではないのだから・・・あとは言わずもがな。


24 :野次馬:2007/01/03(水) 21:48:58 ID:rs+jXk9/
じゃあロマン主義や感情と自我の関係について色々異論を挟みたい気持ちはありますが、口をつぐみます。

それでですが、性同一障害をヒステリーで理解できるという主張には異論があります。
まずヒステリーの原因について俺は心的外傷だと考えていますし、
ヒステリーは性同一性障害のように持続的なものではありません。
ヒステリーを起こしやすい人がいたからといって常にヒステリーを起こしてる人はいません。

25 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 22:00:28 ID:RAw92yN1
心理学の用語を振り回すのは得意でありませんので、常識的な言葉づかいで言います。
細胞のどこを見ても、感情というのも、自我というのもありません。
個体のレベルになって、はじめて自覚します。
感情や自我は、細胞の組織的な集合の中で出てくるものですが、
自覚は、自我という個体特有のものです。
個体を超えた集団社会には、自我に代わる自覚する意識はありませんので、
個体が、社会の意識をも代行しています。
個体の持つ二役を識別するために、
個体維持の本能と、種族保存の本能という、二種類の本能を設けるしきたりになっています。
自我は、個体維持の本能を自覚しますが、種族保存の本能を知るとき、
自我自体、非常なストレスになります。
個体維持と種族保存とは矛盾するからです。
自我の解離というのは、このために起こります。
解離しても、知性は働きます。
そろばんの先生が暗算しているときは、かなり解離しています。
乳児も解離しています。動物もかなり強く解離しています。
夢を見ているときは、ほぼ完全に解離しています。


26 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 22:12:52 ID:RAw92yN1
ヒステリーは、だいたい現在では、
解離性障害を核に、それに関連する障害がくっついたものと理解されています。

ヒステリーが一時的な時は、本人に解離の説明をしただけで、治ります。
しかし、そんな人は滅多に受診しません。
脳に病変があるのでありませんから、受診しない人をヒステリーと言う必要は何もありません。

受診する人は、たいてい常習的なもので、子供時代からの性格になっています。
常習的ですので、解離性障害以外の障害が必ず起こってると言っても過言ではないでしょう。

解離しやすい性格には、自我があるということから起こるストレスに弱い素質や、相対的に自己保存の本能よりも、種族保存の本能が強いからではないかと言われています。
心的外傷がストレスに対する弱さを露呈するきっかけになることも少なくありませんが、
性格的にヒステリーの人は、生まれつきの素質が大きいのではないかと思います。


27 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/03(水) 22:25:50 ID:RAw92yN1
ヒステリーは、昔は、それだけで病名のようなものでしたが、
やがて、ヒステリー性格と言われるようになり、
現在では、主症状の解離性障害と、その他の症状に分解されて、
解離性障害のほうは、解離性同一性障害以外には、
それだけで診断されることが、ほとんどなくなり、
その他の症状のほうで診断名がつくようになりました。
その他の症状の一つとして、性同一性障害があるのではないかというのが、
GIDをヒステリー論で見る考え方です。

また、常習的なヒステリーは、
ヒステリー性もしくは演技性人格障害として、診断されることもあります。
性格で診断するか、症状で診断するかは、医師により異なります。

ヒステリー性格や、ヒステリー性もしくは演技性人格障害は、
性格を言っていますので、持続的なものです。

ロマン主義のほうは、その思潮の解釈はどうでもいいのですが、
ヒステリー性格を高く評価するときに、重要になってきます。
ロマン主義は悪くない、いいものだ、という意味で使えます。
ヒステリーと言えば、マイナス価値ばかりのイメージですので。
ロマン主義は、GIDの性転換にも使えます。


28 :野次馬:2007/01/03(水) 23:01:29 ID:rs+jXk9/
ん?よく分からないんだけど人格障害なのに解離性障害なの?
解離性障害は神経症の一瞬でしょ?演技性人格障害が発症しやすいものとして解離性障害ということ?

29 :野次馬:2007/01/03(水) 23:12:25 ID:rs+jXk9/
というか演技性人格障害と性同一性障害を区別しようという意思がないから、
性同一性障害を演技性人格障害の一形態としか見れてないだけのような気がするんだけど。
現在の精神医学で演技性人格障害と性同一性障害を区別してる理由はなんなの?

30 :野次馬:2007/01/03(水) 23:40:22 ID:rs+jXk9/
性同一性障害の人は演技性人格障害の人のように自己顕示したがるの?

質問ばっかで申し訳ない。

31 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 00:12:12 ID:+wdIlyi4
>28
私は、仕事柄とか、性転換手術を受けたとかで、
それなりに、知っているが・・・普通の人は知らないよね〜

解離性障害は、神経症の一種ではありません。
診断名(疾患名)の分類単位は、
ICD(だいたい症状分類)でも、ゴチャゴチャになっています。
人格障害と診断したい医師には、
人格障害のタイプがいろいろ用意されています。
解離性障害と診断したい医師(今は少ない)にも、
いろいろとメニューが用意されています。
人格障害であり、かつ解離性転換性障害が出ていて、
かつパチンコ依存症で、かつ気分障害が出ている、
などという診断は珍しくありません。

>29
人格障害は、性格の分類で、精神障害を分類します。
ふつうは、症状名で診断できるときは、症状で行きます。
解離性障害が出ていれば、そのうえに人格障害とは診断しないのが普通ですが、医師によりけりです。
解離性障害も、ふつうは昔のヒステリー主症状としての解離性障害のほかに、
他の症状が出ているときは、他の症状のほうを診断名にします。
できるだけ、曖昧でない症状に着目して、診断したいのですよ。

ヒステリーという古臭い病名が廃れたので、
性同一性障害に相当するものは、置き場所がなくなっていました。
性同一性障害という専用の病名らしきものができたので、
今は、性同一性障害と言っておけば、それで問題ありません。
原因や機序を探るときに、昔のヒステリー論が役立つ、という意味です。
現在は原因に定説はありません。機序不明です。


32 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 00:23:04 ID:+wdIlyi4

>30
そりゃあ、見せびらかしたいでしょう。
MtFは勿論ですが、FtMもその傾向があります。
継続性転換という考え方があり、
性転換して、反対の性にしっくりと大人しく馴染むのが、性転換の目的ではなく、
手術した後も、死ぬまで、
性転換したというイベントと話題性をネタにした人生を生きるのがいい、
という考え方です。
毛沢東の継続革命論をもじって、継続性転換論と言います。
文化大革命は、継続革命論でやったことになっています。

性同一性障害の性転換も、性転換手術のあと、
さらに、継続して性転換をし続けなければ、うまく生きていけない、
という考え方です。

私はインターセクシャルだったから、SRSの技法はよく似ていても、
性転換とは言えませんでしたが・・・
戸籍は男から女になりました。
GIDの特例法ができる前で、はるか昔になりました。
生活の表面上の実態は、男性のままで、性生活は女性です。


33 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 00:24:55 ID:H4ydxIuM
性的欲求の抑圧は、30才半ばにさしかかる女性でパートナーがいない
未婚の女性をみると肉体的には肌つやが悪く、目の下に隈ができかかり
、精神的には母性に乏しく、知的認識はあっても潜在意識的には他人に
閉鎖的で、少し意地の悪いヒステリックになる女性が見受けられます。


34 :野次馬:2007/01/04(木) 00:55:35 ID:Q0ymQjyL
>>31
解離性障害って神経症の一種じゃないんだ。ごめん、じゃあ何か勘違いしてたみたいだね。
で、まあ結局訊きたいのは「解離性障害は持続的なものなの?」ということなんだ。

>>32
手術したばかりの人が見せびらかしたがるのはしょうがないと思うけど、
継続性転換論なるものは知らなかったな…。
何となく「性同一性障害の人はその苦悩ゆえに自己顕示欲は低い」
というようなイメージを抱いていたんだけど、それは先入観以外の何物ではないからな…。

35 :プチシャワー☆セボン:2007/01/04(木) 00:58:19 ID:3Du1iWGs
ていうか、何故わざわざ性同一性障害の人持ち出して、一般人がアレコレ
云うのかあたしはその動機の方にソソラレルわね★

もしかして、自分もその気があるんだけど必死に否定したいのかしら?
ゲイのゲイフォビアみたいな心理で(アッハ

36 :野次馬:2007/01/04(木) 01:03:31 ID:Q0ymQjyL
一般人というのが何を指しているのかよく分かりませんが、
彼女は性同一性障害と近い悩みを持つ立場だと思いますよ。

まあ、俺自身に対しては何も弁明できませんが。

37 :プチシャワー☆セボン:2007/01/04(木) 01:09:28 ID:3Du1iWGs
本人も性同一性障害なら尚更よw

ゲイでもいるのよね、確かに変な奴もいるけどそういう奴と拘わって
一からげにしてゲイはろくなのいないとか基地外とかしゃっちょこばっちゃう人。

彼女?とか言う人が、自分のケースにおいて自己分析や自己探求したいなら
ご自由にどうぞって感じだろうけど、他の人からしたら大きなお世話
ってことじゃない?



38 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 01:14:52 ID:+wdIlyi4
>35
私の場合は、インターセクシャルでSRSをうけたので、
性転換とは言えないかもしれませんが、SRSの手術のテクニックは、
GIDのものと、それほど変わりませんでした。
手術後の戸籍の性別訂正のこともあり、
今で言うGIDの例と自分とを比較して検討しました。
これが、思春期前から手術後まで、ずっとそうでした。
インターセクシャルはGIDのようには、仲間社会を作りませんので、孤独でした。

私の場合、手術前に性欲を感じたことがありませんでしたので、
手術は、性欲を催すようにする目的が大きかった。
性欲のこと、性本能のことを、今でいうGIDの人と比較しました。

性欲を一度も感じたことのない人を、現在は、
当事者の間で、通称「シャカ」と言われています。
根本的な治療法は、性転換手術だけで、
その他に、育児と、歴史上のお釈迦様の出家瞑想生活が、
若干、効果があると言われています。
DBSという脳に電極を入れる治療法が、現在研究されていて、
一部、性欲関係で実用化した医師がアメリカにいます。
まだ、有効と言えるほどの結果は出ていません。

性転換手術をしなければ、半数の人が自殺します。
中枢神経をいじくらないにもかかわらず、完治する仕組が不明で、
「シャカ」の性転換療法は、論より証拠の治療法です。
GIDの性本能を理解するのは、そのためです。
ロマン主義・インドのことに触れたのも、そのためでした。


39 :野次馬:2007/01/04(木) 01:25:50 ID:Q0ymQjyL
マドモワゼルが優しい人なのは分かってるつもりだけど、
人に理解されづらい類の優しさなんだよなあ…。

40 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 01:30:49 ID:CBL3gjDn
無しさん :2007/01/04(木) 01:23:04
>>706
俺も。ストレスとかかな?


711 :Mr.名無しさん :2007/01/04(木) 01:23:04
848 名前:Mr.名無しさん :2007/01/04(木) 01:16:57
http://www.nbvfrty78ioknbvcxdrt6y78ikjnbvcxdrty78ikjbvcxsdrty7u8ikjbvcxsdrty7u8ikjnbvcxsdrty7u8ikjnbvcxzsdrty7uikjnbvcxzsdrtyuikjnbvcxsdrty7uikjnbvcxzsert6y7u8ikjnbvcxsdrtyuikjnbvcxsdrty78ikjbvcxdrty78iokjnbvcxdrtyuikjnbvcxsdrtyujbvcxdrtygfrt

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


700 名前:Mr.名無しさん :2007/01/04(木) 01:18:30
>>698
十分な睡眠、十分な栄養

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail:

全部読む 最新50 1-100 関連ページ 板のトップ リロード

41 :プチシャワー☆セボン:2007/01/04(木) 01:37:17 ID:3Du1iWGs
>>39
ありがとw

いいじゃん?憎まれたりサンドバックになる人も必要なんじゃない?w

42 :野次馬:2007/01/04(木) 02:01:08 ID:Q0ymQjyL
うーん…

43 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 09:20:53 ID:+wdIlyi4
>33
本能に合致すると、快感中枢が刺激されて、脳内麻薬が出ます。怒っていても、本能的なら、気持ちいい。
原始的な脳に格納されている先天的なプログラムは、実行されるたびに脳内麻薬を出し、禁断症状を起こさせます。
気持ちよさを求めて、同じことを何度も繰り返し、大脳の神経細胞の樹状突起が他の神経細胞と手を繋ぎ、条件反射の回路ができ、間脳などの原始的な脳のプログラムと連絡します。
大脳の学習による高等な知性は、間脳などの原始的な本能のプログラムに支配されています。

性本能が阻害されると、自我は個体維持のためにのみ、集団の中の行動を決めなければなりません。
自我は、それ自体ストレスがかかりますが、性本能が機能しないと、自我を解離させられず、病気になります。
自分自身の利益などどうでもいいように、性本能による集団行動に夢中になる脳天気のほうが、健康に近い。

ヒステリー性格は、自我の弱い人でもありますが、
最後まで自我を解離しないで自分の責任を全うするために頑張った末に、力尽きてダムが決壊するように解離する人でもあります。
性本能の弱い素質だったからかも知れません。

ヒステリー論は、自我の解離と統合に着目して、自己保存の本能と種族保存の本能により、通常でない心理を理解しようとします。
原因不明かつ薬物療法の効かない精神障害に有効な解釈法で、GIDの理解に役立つと思います。


44 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 14:34:10 ID:+wdIlyi4
この掲示板、
品のない掲示板(スレッドのタイトルだけ眺めた)。
ポルノ板ではないか。
女性論、男性論が、ポルノ。

ニューヨークの銀行強盗関連のエリザベスも、凄いヒステリーだったらしい。
分裂病と診断されていて、刑事責任を免れたが、
徴兵逃れのために、分裂病で入院、という建前になっていたらしい。
今なら、性同一性障害で問題ないが、ひどいヒステリーだったそうな。

最近、日本の子供のGIDで、
男子の女子としての通学や、改名を認めるトピックスを目にするが、
GIDという診断名がなければ、
成人ならヒステリー系、人格障害系、
子供なら、発達障害、行為障害、情緒障害系の診断名にしてもよさそうな病態だと聞く。


45 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/04(木) 14:39:20 ID:+wdIlyi4

>44 発達障害、行為障害、情緒障害系 ・・・うんぬん

いずれも、成人すれば、ヒステリー系、人格障害系。



46 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/05(金) 00:25:15 ID:7Xvs6/ad
gafun

47 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/05(金) 00:26:13 ID:7Xvs6/ad

シャカで調べたが、ここしか出なかったぞ。
http://www.abc-cgi.com/bbs/yb.cgi?room=hisae
gooの教えてにもあったが、↑当事者の掲示板はここだけ
120人SRSしてる。GIDに次ぐSRS勢力か。

ヒステリは、評判悪いんだなぁー これが。
日常語の意味と、精神医学用語の意味が違うので、
誤解の元なんだよなぁー

一般人は、ヒスを起こすほうの、俗語の意味しか知らんので、
理解されないと思うよ。
記憶喪失、解離性トランス、多重人格、などなど
そっちのほうを例示して、説明したほうがいいんじゃないの?

シャカの当事者組合には、顧問医師が18人もいるって、ホントか。
顧問弁護士が7名?
なんだコレ どうなってんだ! 出てこい、池の鯉




48 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/06(土) 00:55:33 ID:qVWNTtTn
http://www.abc-cgi.com/bbs/yb.cgi?room=hisae
この掲示板、揉事中です。


49 :メン ◆3FwOd6PnI. :2007/01/06(土) 00:59:53 ID:J1euwbUc
>>41
自分でそう言う割には弱いよな。
良薬は口に苦し忠言は耳に痛しだよ。

50 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/06(土) 01:08:42 ID:qVWNTtTn
このスレッド、2ちゃんねるから、さよならしたほうがいいと思います。
ここの掲示板(男女板)の男の子は、中学生か高校生の欲求不満のホモの子かな。
IQ130ぐらいだと思います。背伸びするので、欲求不満の童貞ホモになるのよね。
シャカの人の掲示板を見ましたが、男か女か性欲かインタセックスか、
そういうことが命にかかわる病気の原因になっていて、
性転換手術で治療する人達ですので、GIDや欲求不満童貞ホモガキとは馴染まないと思うの。
ほかの掲示板にしたほうがいいよ。
2ちゃんねるは時代遅れで、もうじき潰れるしね。
内容のレベルが中高生になってきているから、もう人が離れて行く感じ。
シャカのかたは、大人のかたですよね。ここはやめたほうがいいのでは。お節介でした。


51 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/06(土) 01:25:52 ID:6q0Fh6yT
漫画家の駒井悠は性同一性障害だと思う

52 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/06(土) 04:41:50 ID:DFOAYBcf
えー?でも他の掲示板見たら女同士のイジメがすごかったよ?

53 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/06(土) 14:18:16 ID:qVWNTtTn
他の掲示板って、GIDの掲示板?
ここは、不特定多数の人が来るから、価値があると思うの。
個人のホムペにくっついてる掲示板は、お行儀がいいけど、
集まる人が偏っているし、人数も少ないしね。
主義主張にかかわらず、どんな人で来る掲示板で、
なんでも来いの掲示板で、来る人の人数が多いのが、
2ちゃんねるの価値かもしれないけど、
女性論男性論の掲示板って、
なんか欲求不満の中高生のスペルマどろどろべちゃべちゃだから、
実のある話のできる雰囲気じゃないね。
男の子の性欲ムキ出しが、女性論男性論なのかって、言いたくなる。
結婚しないと、男性は、ムキ出しになるのは仕方ないんだけど、
結婚してから、いつまでも奥さんにだけ剥きだしにしていて欲しい。
ふだんは、ちゃんとズボン履いて歩いてください。
ピンピンさせない!





54 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/08(月) 01:12:58 ID:ETDfPQbE
>>51
そんな奴ァいねぇ!!

55 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/08(月) 02:16:32 ID:EwnGNixI
ヒステリは演技的ってことに、異論がある人がいるけど、
ヒステリの、嘘や演技は、自覚がない。
自覚のないものを、嘘や演技と言うのは、紛らわしい言い方だけど、
ヒステリ性格とは、どんな性格かって言うとき、
そういう言葉を使うことになってるんだ、昔から。

被暗示性が高いとか、そそのかされやすいとか、
自己同一性が希薄になるとか、記憶が飛ぶとか、人格が交代するとか、etc.
演技的って言うのも、そういう常套句。

正直になるんだ、ヒステリは。一瞬一瞬の気持ちに。
だから、こころの溜めが効かなくなる。
重層的な構造を維持できなくなるから、嘘や演技を使えなくなり、
極端に自分の気持ちに正直な人ってこと。

そのことから、多重人格になる。
解離性同一性障害のこと。
多重人格だから、心が多重だと思うのは、マチガイ。

普通の人間は、心が多重。重層構造。
人生は、積み重なって行くので、あれこれ、こころの地層を踏まえている。

多重人格の人は、その重なりを、一重の横並べにしてしまう。
さっきは恐い人。今は優しいひと。次は涙もろい人。
昨日の自分は、昨日のこと。今日の自分は、今日のこと。
昨日のことで、なんで今日の自分が責任を責任をとらないといけないのか、
わからなくなっているように、他人には見える。
無責任に見える。


56 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/08(月) 02:19:06 ID:EwnGNixI
よく調べてみると、昨日の記憶の要所要所が行方不明になってる。
これを、自己同一性がなくなるって言う。
解離した結果だから、解離性同一性障害と言って、多重人格のこと。
記憶に問題があるから、人格が交代する。

性同一性障害のことを、
解離性同一性障害の、性別限定バージョンと言う人もいるが、
これも、よく調べてみると、
限定バージョンでなく、フルバージョンだとわかる。

解離すると、自我が希薄になるから、
記憶が行方不明になるのは、当然で、自己同一性が曖昧になる。


57 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/08(月) 02:19:55 ID:EwnGNixI
ところが、解離は健康な生理現象だから、ややこしい。
解離性障害は、不適切に解離するってこと。
ふつうは無意識に解離と統合を調節しているが、意図的にも調節できる。
解離すると、記憶が飛ぶから、
意図的に解離したということまで、忘れる。

行動の客観証拠から、記憶が事実と大幅に違とか、
空白になっていることがわかり、
解離していたとわかり、解離性障害とわかり、ヒステリーとわかる。
人格が変わったのは、そのせいだったとわかる。
性同一性障害で、それが起こるってこと。

解離性障害は、トカゲの尻尾切りのようなもので、
危なくなると、解離して記憶を落とす。
気持ちを楽にするために。

解離すると自我が弛むから、ストレス解消になるが、
周囲に運命を委ねることになり、
種族保存の本能で行動するようになる。
性本能ね。
これを、健康な人は無意識にやっているが、
性同一性障害では、それを意図的にやるので、解離性障害になる。
子供の時からの性格になっているので、ヒステリ性格と言う。



58 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/09(火) 01:23:38 ID:8CIElLuH
>>35>>37>>41
ヒステリー論が廃れたのは、世間の誤解と、薬物療法の普及。
世間の誤解は、ヒスを起こすのを、ヒステリーと思っていること。
患者がヒステリーを嫌うようになり、仕方なく、解離性障害や人格障害で、間に合わせるようになったの。
GIDは薬剤で治らないので、ヒステリー論を排除するには当たらない。

自分の誤解で、ヒステリに嫌悪感を持ち、GIDはヒステリと聞くと、言った者に敵意を持つ結果になっています。
勉強して、人に矛先を向けないようにしてください。

GIDは、検査すればヒステリー性格が、明瞭に出ます。
極端な結果で、それだけで、すでに何らかの精神障害を暗示しています。

ヒステリー性格は、ほぼ3才で形成を終えて、以後変更不能。
GIDは、少なくとも症状が出るのは、それよりも遅い。
生まれつきの脳の素質に関係しているか否は、ヒステリーもまた性本能に関係しているので、今のところ識別困難です。

GIDの犯罪は、ほとんどヒステリー性格によるものです。
37の発言と同様の気持ちで、ヒステリー論者を集団で襲撃した事件もあります。殺人未遂でした。
GIDの性転換は、周囲に多大な迷惑を掛けますが、本人は極楽気分で陶酔しますので、周囲が融通を効かせて辛抱させられる羽目になります。
大きなお世話でなく、精神障害の実態を知り、知らせることは、隠して欺くことよりも、大切と思います。
ヒステリーを隠さなくても、GIDの性転換の妨げにはなりません。

半陰陽など、GID以外で性転換する人には、命が掛かっていますので、自己分析や自己探求でなく、GIDの精神障害の実態を正直に知ることが、命のために必要です。


59 :ヤラセ:2007/01/10(水) 00:21:39 ID:Bz0aTq2m

GIDの人は、普通の人と同じで、ヒステリーって言われるのを嫌いましゅよ。
それで、ヒステリーっていう疾患名はなくなったのですが、
疾患がなくなったのではありませんから、
ほかの名札のところに、配当しているだけみたいё

ヒステリーと言わずに、解離性障害と言ってみてはどうかしら。
障害って付けると嫌悪感で引きつけを起こす人がいるから、
とりあえず、解離しやすい人っていう言い方をして、
解離と統合の意味を教えてあげるのが、いいのではないでしょうか。



意識の解離と統合は、海と陸みたいなもんで、
普段は海と陸の中間のところを、行ったり来たりして、暮らしています。
自我の解離が深くなると、統合が弛んで、統合が締まると、解離が浅くなります。
個体保存の本能と、種族保存の本能との、潮の満ち引きですね。



この二つは、細胞単独と個体とのように、
個体と集団社会との、レベルの違う先天的プログラムの実行ですから、
どうしても同じ地平では、矛盾して、せめぎ合うんですよね。
解離と統合は、生命活動のレベル変換のことで、
個体のほうは自我として意識されますが、集団社会のほうは自覚できません。
それは、細胞単独の本能のプログラムを自覚できないのと同じです。
自我の解離と統合の度合いを目安にして、生命活動のレベルの違いを知ります。



60 :ヤラセ:2007/01/10(水) 00:22:31 ID:Bz0aTq2m



解離と統合の度合いの調整は、普段は無意識におこなわれていますが、
意識的におこなうこともできるんですよ。



解離すると、夢の中みたいに、自我があさってになって、自己保存の本能が弛みますから、
過去の記憶や責任を継承しなくなり、自己同一性が曖昧になり、
一瞬一瞬を生きるようになって、演技的になります。

解離すると、自我が希薄になりますから、被暗示性が高くなり、そそのかされやすくなり、
周囲の意識が流れ込んできて、流行する価値に流されて、集団に付和雷同するようになります。

解離すると、種族保存の本能に支配されるので、集団レベルで異物を排除するために、個人の人格を無視して凶暴性を発揮します。



人って、発情期がなくなって、年がら年中発情していますよね ёё
種族保存の本能を目一杯利用して、高等な社会を作るためだそうです。
人って、コミュニケーション手段が優れていて、個体間の空間的距離を克服して、情報をやり取りするので、
すでに個体がたくさん、たくさん密着して、集合体を作ってお団子状態だそうです。
群体を作ると、個体の生理が変質して、集団モードになるんですけど、
解離とか発情とかは、もろ、生理が変質するそうです ёё
個体モードの自由な自我が、集団社会の身過ぎ世過ぎのためにストレス溜めてる状態と、
解離して、集団モードの無自覚の意識が、社会の中で役割を受け持っている状態とを、識別できるようになると、
GIDがヒステリー性格だってことが、見えてくるそうです ёё



61 :ヤラセ:2007/01/10(水) 00:24:12 ID:Bz0aTq2m



統合失調症って、脳の病気で、無理やり解離させられるのね。
自由な自我がなくなって、周囲の意識が流れ込んで来ることを、
「脳が、誰かに乗っ取られる」「電波が飛んできて、脳に命令している」
とか訴えて、自由な自我を必死で守ろうとします。
勝手に解離させられるから、誰かが脳を操作しているように感じて、
被害妄想になって、ものすごく苦しむそうです。

解離性障害の人は、脳に病気がなくて、自分から解離しちゃいますから、
自我があさってになって、集団の意識に支配されるのが、とっても気持ちよくて、
オルガムスを感じた状態で生きてるみたいなもんだそうです。



解離したほうが、気持ちいいのよね。
なんてったって、性本能だから。
でも、無責任になっても、知らないよ〜 記憶喪失になっても知らないよ〜
嘘つき、あれは演技だって後ろ指さされても、知らないよ〜

♪わたし馬鹿よね〜 お馬鹿さんよね〜 
♪うしろゆ〜び うしろゆ〜び、さされ〜ても〜

けっこう自己陶酔して歌っていました、うちのオッサン。



初歩の初歩、書いてしまったよ〜ん(中学生向け)
                   


62 :野次馬:2007/01/10(水) 00:36:15 ID:QtX3pKp+
読みました。分かりやすいです。

63 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/11(木) 00:40:52 ID:i321L5lO

ヒステリーは本人気づかないの?
ヤラセさんじゃないけど、むちゃヒスのプチ☆はヤラセじゃないの?
スレ立てた御仁と談合して、性同一性障害のヒステリー、浮き立たせるために、演出してるんじゃないの?
異議ありのGIDが、ヒス○だしの実演に及ぶなんて、
ストリップかな まな板かな
………うまく出来すぎてる ○o。。 munyamunya…

                   疑心暗鬼 真相如何



64 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/12(金) 22:03:56 ID:WYPFKVGF
”プチ????☆???”さんは、知らない人です。
エサで釣り上げたつもりはなく、談合はしていません。
GIDのかたは、ヒステリー性格ですので、問題ありません。

あるGIDの人は、初対面の客を紹介されたので、挨拶して軽く談話しました。
常連客数人が、談話に同席しました。
変わった口紅の色だね、とお客が言った途端に、
そのGIDは客の顔面を拳で殴り、鼻の骨を折りました。
なぜ、怒って暴挙に出たのか、誰にもわかりません。
本人は何も説明せずに、店を辞めて姿をくらましました。
このGIDはSRSを済ませている人です。

あるGIDは、普通の会社員で、大学教授に連れられて、ラウンジで歌い、
大きくなった乳を出して、テーブルの上で踊りました。
数人の男に乳を触らせてあげて、とてもいい気分で笑っています。
私も同席しました。
数日後、大学教授は、乳のことを言い触らしました。
彼女に尋ねると、その教授を、とてもいい人だと言って、盛んに誉めています。
普通の会社員なのに、乳遊びを言い触らされて、問題ないのでしょうか。
ところが、彼女は、乳の件を、すっかり忘れています。
自分は、そういう淫らなことを、絶対にしないと言います。
彼女がぞっこんの大学教授が言い触らしているので、
強く否定すると、辻褄が合わなくなってきます。


65 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/12(金) 22:05:05 ID:WYPFKVGF
あるGIDは、SRS後に結婚すると約束して、婚姻届を書きました。
戸籍の性別が変更されるまで、法的には無効ですが、
数億円の事業に出資する契約もしていました。
SRSの予約が決まるなり、一方的に破棄して、
相手に30億円の損害を負わせました。
理由が振るっています。
「そんな約束はしていない。トラブルは何もない」
相手方によると、トラブルがないことは確実で、両者一致しています。
GIDの一方的な心変わりですが、
約束の内容は、録音と書面に残っています。
結婚と億単位の事業計画という約束の責任について、
GID本人は、3才の子供のように無頓着でした。
知的障害ではなく、普通よりも頭のいい人です。

以上の例は、SRSをする人の平均的レベルのヒステリー性格の一端で、
けっして珍しいものでなく、万が一にも受診すれば、主症状は解離性障害と言えます。
上にあげた3人は、いずれもGIDの運動において、
幹部クラスの指導的立場であるか、同等の発言力があります。
この程度のことは、GIDのヒステリー性格では、ごく普通ですので、
おつきあいなさるかたは、その積もりで、心に予防線を張って置くのがいいでしょう。


66 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/12(金) 22:06:02 ID:WYPFKVGF
ほんの10年ほど前まで、アメリカの形成外科学会の内部文書に、
手術を受けて、代金を支払わないGIDが多いので、
料金前払いを徹底するように呼びかける記述がありました。
GIDが悪人であるかどうかは別として、文書の趣旨は、
GIDが、どんなにお涙頂戴の心の真実を訴えても、
翌日には、恩を仇で返すことをするので、情にほだされないように、
という意味でした。
GIDは非常に強いヒステリー性格ですので、個人的な責任には耐えられません。
いわば、舞台の上に立ち、客席から見られて、いつも見守られているような人生が、本人の性格に適した生き方です。
あるいは、軍隊のように、いつも命令を受けている生き方がいいでしょう。
見放されて、人の目の行き届かない所で生きる人生になると、
無責任が禍いして、転落します。
ヒステリー性格一般と同じ取り扱いが必要で、周囲が、
「男らしいよ、心は侍みたいよ」、「きれいだよ、女神みたいだよ」と
言ってあげると、本人は催眠術にかかったようになりますので、
周囲が磁石の力で、鉄屑の位置を制御するように、
社会が責任を持って、舞台から転落しないようにコントロールしてあげます。
性同一性障害として、一生、話題性のある生き方ができるように、
世間が、GIDの人達を見続けてあげなければいけません。
そうすれば、GIDの人達は、性転換の気持ちを世間から尋ねられて、体験談を披露するたびに、
うっとりとして、舞台の上で裸になるような人生を歩むでしょう。
だれにも注目されなくなれば、転落して悪いことをするようになります。
耐性のない性格、自我のストレスに耐えられない性格ですので、
責任は社会が持ってあげなければいけません。
そのために、みんなで磁石を使ってください。


67 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/13(土) 01:04:24 ID:OTR3t8Gw
こんばんは。これわかる?

「ぺちゃくちゃ、おしゃべりする人は、
脳のどこそこの形が、こうなっていて、
おしゃべり好きは女性に多いから、
脳のその形は女性の脳の形で、
MtFのGIDにその形が多い」って言ったって、

「おしゃべり好きが、
女性と先天的に因果関係のある証拠にはならなくて、
女性がスカートをはくみたいに、
単なる文化的な因果関係かも知れない」

わかるよね?

スカートはく人は、女が圧倒的に多いし、
おしゃべり好きも、女が圧倒的に多いけど、
女とスカートの関係は、流行文化に決まってるように、
女とおしゃべりの関係も、流行文化かも知れないでしょう?

文化的な因果関係を、脳に求める事になります。
これやると、形質人類学になっちゃうのよね。
ゲルマン系ドイツ人は、脳の形からして、最も優秀で美しく、
ユダヤ人は劣等だってことを、
形質人類学は、脳の形と機能から証明して、
ナチスドイツはそれを根拠に、ユダヤ人を焼却しました。
なんか、GIDの人って、それをやっているようです。

論理的なからくりなんですけど、わからない?
わかりますよね。


68 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/13(土) 01:14:20 ID:VKx3eslq
ヒステリーって女の病気かと思ってた。
昔カナダ人からカナダで男女平等の法律作ったらヒステリー患者の女が
減って、その代わり男が女に職場奪われて回帰運動が起こったって
聞いたけど?

69 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/13(土) 20:04:42 ID:OTR3t8Gw
ヒステリーは女の病気っていう誤解があったから、いまはヒステリーって言葉を使わないのよね。
もともと、子宮から来た言葉で、古代から女の病気として使われて来たんだけど、近代的な精神医学も、200年間ぐらい、使い続けてました。

第二時世界大戦後に、脳の中枢に選択的に効く薬がいっぱい出来て、
精神科は、薬物療法の時代になったので、
ヒステリーという病名も、精神科の病気の分類から消えました。

ヒステリー研究の最終的な成果は、
これは、女の病気じゃなくて、
ストレス一杯の自己保存の本能に対して、
種族保存の本能がクレームをつける病気だということです。

自己保存の本能って、ようするに自我ね。
種族保存の本能って性本能で、集団の本能。

男と女で、文化が違うので、性本能の現れ方が違っていて、
女の場合は、ドレス着て舞踏会で踊って、
亭主にコップ投げて、万引きして、心療内科に連れて来られるようなもの。
男の場合は、軍隊で行進して、ユダヤ人をゴミ焼却して、
食卓ひっくり返して、強盗殺人やって、終身刑食らうようなもの。

みんな自我が弱くなって、性本能が強くなったせいなの。
親が子供の命を救うために、自分の命を捨てるのは、ヒステリー。
女の病気は、誤解だったの。昔の女は経済的に自立してなかったから、
亭主に引っ張られて精神科に連れてこられただけ。
亭主のほうはヒステリーでも、精神科に出頭する馬鹿はいません。

ヒステリーは、主症状解離性障害+α(具体的にトラブルになった病態)、で現されます。
主症状は共通で、+αのほうは、文化や流行や人それぞれによって変わります。
現代は、ヒステリーの10%ぐらいが、GIDになるほど、GID流行の時代です。
GIDの90%以上が、ヒステリーです。


70 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/14(日) 00:07:21 ID:H6JG+s/e
現代はヒステリーの10%がGIDになるというのは、どこから引用してきましたか。桁、間違えていませんか?
GIDが強烈なヒステリー性格という点は、まったく問題なく、精神医学的には常識の部類ですが、
ヒステリーという概念がなくなりましたので、新しく、どこかに分類しなければいけません。
GIDという特別誂えの疾患名が創設されましたので、性別違和があり性転換を望む人については、GIDで問題ありません。

GIDのヒステリーは非常に強烈で、SRSを受ける人については、人口1,000人とか10,000万人とか100,000の中で、最もヒステリー性格が強いというぐらいのレベルです。
このレベルですと、通常の生活はできませんが、ヒステリーそのもので受診する人は非常に珍しく、たいていは他のトラブルで受診します。
GIDもまた、性転換したいという理由で受診しますので、本人の気が変わらなければ、簡単にGIDと診断できます。
ヒステリーに決まっていますので、ヒステリーかどうかは詮索しませんし、
解離性障害が起こっているのに決まっていますが、本人は自覚していませんので、聞いても無駄です。


71 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/14(日) 00:12:27 ID:H6JG+s/e
ヒステリーでは、記憶が欠落していたり、記憶の捏造があります。
トラブルの原因について、本人は心当たりがないと言ったり、
記憶を捏造して、医師による原因詮索を誘導しようとしたりします。
身体が自然とそうなると言って、身体のせいにしたりしますが、身体には異常ありません。

男と女の識別は、性器の形状でおこなうようになっています。
正しいか間違っているかではなく、定義です。
これ以上に、多くの人の支持を得る定義はありません。
GIDが、自分を反対の性別であると認識する根拠の多くは、
通常の人なら、本人の精神の融通の範囲内であり、変更可能ですが、
GIDでは、変更不能であると自覚します。
これは、性別に関係のありそうな価値や行動について、
性別にかこつけて、精神の融通が利かなくなる精神疾患であると診断できます。
性転換療法は、GIDに対する治療法の一つですが、
薬剤が効きませんので、GIDと同程度の強烈なヒステリー性格の人が引き起こすトラブルと比較して、
性転換療法によって起こるトラブルは、比較的小さく、GIDの性転換療法は、それなりの効果があると考えます。


72 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/14(日) 10:23:32 ID:H6JG+s/e
性同一性障害はヒステリー性格というスレで書いた者ですが、
GIDそのものについては、医師から見ると、
身体の外観が反対の性に近ければSRSを受け、遠ければパートタイムの異性装だけで済ませ、
中間ぐらいなら、ホルモンだけのパートタイムやフルタイムと言う具合に、
身体の身体的外観によってGIDの行動が決定されるのは、客観的に一部の例外を除いて間違いありません。
身体の外観をインプットすれば、行動のパターンが決まります。
類推と現実の間に差はなく、GIDの行動のパターンは、比較的簡単に予想できます。
GID特有の行動パターンは、精神障害としては単純で軽症です。

精神障害として重要なのは、ヒステリーのほうです。
ヒステリーは、主症状の解離性障害+具体的な症状、として表れてきます。
具体的症状はケースにより異なりますが、GIDはそれにあたります。
主症状の解離性障害が各種トラブルの原因になり、GIDは結果にすぎません。
GIDの行動パターンは身体的外観で決まりますが、その外観は、
本人自身が希望して性ホルモンの使用によって作った外観です。
子供のGIDでは性ホルモンを使いませんので、普通の外観の子供が、
自分は反対の性別であると駄々をこね、その心理は、
ヒステリー性格によるものです。同様のヒステリー性格が、思春期以後に、
本人自身が性ホルモンの使用を希望する心理になります。
ヒステリー性格は、種族保存の本能が自己保存の本能を凌駕しやすい性格で、
具体的には、自我が解離しやすい性格として表れます。
記憶を失いやすく捏造しやすく、無責任の傾向が強く、人格が変わりやすく、演技的になり、被暗示性が強く、そそのかされやすく、
集団の意のままに動きやすく、集団の威を借りて凶暴になりやすくなります。
ヒステリー性格や解離しやすい性格は、検査で簡単に検出できます。
GIDでは男女を問わず、数百人〜数十万人に1人という非常に強烈なヒステリー性格が検出されます。
種族保存の本能は性本能や集団本能のことで、一般に個体維持よりも高次の本能です。
自分の命を顧みず、集団のために行動する本能です。
座禅して瞑想するのは、自我を解離してストレスを解消し、
種族保存の本能の大切さを知る目的です。GIDは、生まれながらに、
そういう性格の強い人達です。


73 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/15(月) 08:20:17 ID:zIEMa0fQ
 

 ヒステリーが性的違和を起こす機序は?
 
 


74 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:50:12 ID:DJz6KuJZ
 
詳しいことは、後日、暇があれば書きます。
今夜は、ダイジェストだけで堪忍してください。眠たい。
大慌てで書きます。誤字脱字変換間違は御容赦願奉候。

強烈なヒステリー性格が性的違和を起こす仕組みは、
世間のヒステリーの誤解と、ほとんど同じ理由です。
つまり、ヒステリー論が廃れた理由と同じです。
ただし、薬物療法の普及は除外してください。

自我の解離を、世間は知らないということ。
もっぱら、ヒスを起こすようなのを、ヒステリーと思っていること。
ヒステリーは、女の病気だと思っていること。
ヒステリーと言われることを毛嫌いして、心が傷つくこと。

以上が、ヒステリーの仕組みに関する世間の誤解です。
この誤解と同じ心理が、強烈なヒステリー性格の人に起こると、
性別違和を起こし、性同一性障害が起こりやすくなります。

一般の人の性欲が、男女ほとんど同じで、
土台の身体的事情や、習得した文化が女性ですと、女性的な性欲になり、
男性ですと、男性的な性欲になるのと、同じです。

ヒステリー性格でも、土台の身体が女性ですと、
女性であることに性別違和を感じ、
男性ですと、男性であることに性別違和を感じるようになります。



75 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:50:59 ID:DJz6KuJZ
 
眠たいけど説明 
 
ヒステリーの人を見て、
世間の人は、自分勝手で、我がままな性格だと、言います。
ヒステリー性格の人は、自我のストレスに耐え難い素質で、
解離しやすく、自我が希薄に、曖昧になりやすい人です。
自我が強いのでは、ありません。

ヒステリー性格は、
嘘をつきやすく無責任になり演技的であると表現されますが、
解離しますから、
本心と、嘘や演技とを、使い分けられません。
自己同一性が損なわれ、記憶が自分中心的でなくなり、バラバラになり、
自我によって統一された記憶を呼び出せなくなり、
その時その時の意識に身を任せます。
本人は、嘘や演技の、動機や意図を、記憶していません。
夢のように生きています。

ヒステリー性格の人は、
解離して、自己保存の本能が弱くなりますので、
集団の中で、自分の有利になるような、
自己中心的な、功利的に行動ができなくなり、
集団の傾向を察知して、集団と一体になるように行動します。
流行の感覚、文化、所属している集団の動向などに流されて、
自我を虚しくした行動をとります。



76 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:51:31 ID:DJz6KuJZ
 
けっして、我がまま自分勝手でなく、嘘つき演技的でもありませんが、
記憶が受け継がれず、責任をとるべき自我が、虚ろです。
当人の意識に反映した集団社会のほうに、
嘘偽りや、間違いや、不安定で理不尽な事が多いと、
ヒステリー性格の人も、その通りになります。

禅宗では、俗世間の間違いが、本人の心に流れ込まないように、
人里離れた山の中で座禅して、解離します。
俗世間の迷妄と隔離されて、自然と一体になり、
自我のストレスが解消されて、宗教の迷妄に流されます。

ヒステリー性格の人は、一般世間で解離しますので、
運を天に任せて、心は、集団社会に開かれます。
赤ん坊の自我は、まだ形成されていませんので、
親や家族だけでなく、万人に開かれています。
家族に限定するのは、親のエゴ(自我)にすぎません。
死にそうだと感じた人は、解離して、自我がなくなり、
心が開かれて、気持ちよく死んで行きます。
痙攣して、叫んで、のたうち回るのは、筋肉の反射にすぎません。
フランス革命のギロチンの露と消えた人は、
デュ・バリー夫人を除いて、みなさん解離して、
気持ちよく首を落とされました。
日本の死刑執行でも、大部分がその通りだと聞いています。



77 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:52:03 ID:DJz6KuJZ
 
ヒステリーは、女の病気と言われて来ましたが、
昔の女性は、経済的に貧しかったので、病院へ行けと命令されて、
仕方なく受診して、ヒステリーと診断されただけです。
ヒステリー性格の男は野放しですから、多くは刑務所に行きます。

ヒトラーに陶酔したドイツ人は、女性ばかりではありませんでした。
天皇陛下万歳と叫んで感涙した日本人も、同じだったと思います。
オウム真理教の信者も同様で、逮捕された医師のほかに、
数名の医師が信者でしたが、いずれも男性でした。

ある宗教では、新人を募るときに、両手を会わせて黙想させます。
気分が悪くなったり、気絶したりする人を、合格として、勧誘します。
何とも感じない人には、ハイ左様なら、と冷たい態度を取ります。
信者がヒステリー性格でなければ、教祖は贅沢できません。

ヒステリーに、男女の頻度や程度の差は、ありません。
ジャンヌ・ダルクも、ナポレオンも、強烈なヒステリーでした。
風と共に去りぬのスカーレット(創作)も、アラビアのロレンスも、
いい線、行っていました。
火あぶりになった魔女の多くは、解離性同一性障害や解離性トランスで、
ヒステリーでした。
全身に刺青を入れるヤクザも、イスラム原理主義の自爆テロ希望者も、
ヒステリー性格です。



78 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:52:37 ID:DJz6KuJZ
 
ほとんど生まれつきで、こういう人がいなければ、
軍隊も国家も成り立ちません。
愚父は、珠江飛行場を攻撃しようとして、連隊全員、敵に囲まれて、
袋のネズミになりました。
切り込み隊を募集して、敵の銃弾の中を突破して、退路を確保しました。
切り込み隊員は、全員戦死しましたが、
この人達のお陰で、連隊は玉砕しなくて済みましたので、
靖国神社に神として祀られているそうです。
誰が、切り込み隊に応募するか、最初からわかっていたと言います。
毎日行動を共にしていて、性格はわかっていましたから、
志願する人もわかっていました。
ヒステリー性格です。
自分の命を虚しうして、集団社会のために捧げることを、喜ぶ人でした。

同じ性格の人が、現代では、性的違和を感じます。
男か女かは、関係ありません。
土台が男なら、自分の心は女だと感じ、女なら男だと感じます。
この人達は、種族保存の本能で行動しやすく、
自己保存の本能に未練がありません。
研ぎ澄まされた鏡のように、集団社会の意識を反映します。
その集団がヤクザなら全身に刺青を入れますし、
暴走族なら通行人を袋叩きにして殺します。
もっと大きな社会なら、ナポレオンやジャンヌダルクになります。
日本の総理大臣は小物ですので、
性別違和も感じないほど、我利我利亡者でしょう。



79 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:57:18 ID:DJz6KuJZ
 
ヒステリー性格を心理テストで検出するには、
ブラインド検査でなければなりません。
誰も、ヒステリーと言われたくありませんから、
出題の意図がわからぬようにして、
意図的な回答ができないようにします。
人がヒステリーを嫌うのは、ヒステリーが誤解されているだけでなく、
種族保存の本能が虐げられ来たからです。

フランス革命から、すでに200年以上たちました。
ルソーは、社会が要求する”責任”の概念に要請されて、
自我の”自由”という概念を掲げました。
これがなければ、責任は個人でなく、神様や王様がとらねばならず、
神父や王様の恣意によって、民衆が正当に殺されます。
自我の納得ずくで作られた契約社会が、現在に至るまで、
社会の建前を守っています。

現実の社会が、そんなものでないことは、子供でも知っています。
自我に自由など、お伽噺にすぎません。
生まれつきに解離しやすく、
種族保存の本能が優位に立ちやすい人にとっては、生殺しの社会です。
我がままだ、自分勝手だ、無責任だ、と非難されればされるほど、
それは違う、と声を上げたくなります。



80 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/16(火) 00:58:32 ID:DJz6KuJZ
 
その時、自我の解離と統合、自己保存と種族保存の本能とを、
本人自身が、取り違えています。
ヒスを起こしている、と言われて、悔しい思いをします。
世間も本人も、ヒステリーを誤解しています。
ヒステリーは女の病気だと思っています。

この誤解と嫌悪が、ヒステリー性格の人に起こると、
種族保存の本能が、性別違和として、感じられるようになります。
フランス革命では、女性の経済的自立は、夢にすぎませんでした。
男は、女性を、性欲の捌け口と、子供を産んで育児する道具にしか、
考えていませんでした。
女性にとっても、シンデレラのように踊って、
国王の妾になることが、夢でした。
200年以上たって、自己保存の契約社会の嘘が、目に見えてきました。

社会の嘘が、種族保存の本能を誤解しています。
ヒステリー性格の人は、研ぎ澄まされた鏡のように、
社会の嘘と誤解を映します。
嘘と誤解が、強烈なヒステリー性格の人の、
性別違和となって現れてくるようなりました。

ヒステリー性格と言わなくても、
社会性性格とか、何か別の看板を作ってくれる人がいれば便利です。
超自我とか、世界精神とか、絶対精神とか、歴史の必然とか、
菩薩やら、超人やら、そういうのは遠慮。
眠たいので、寝ます。
また追々、暇なときに、付け加えて行きます。
土日しか休めない貧乏人ですので、おやすみなさい。



81 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/17(水) 23:35:22 ID:4a5GQIpD
2ちゃんねるって、まだ潰れないの? はじめて、2ちゃんねるって知ったけど、sageってあったのを、セージのことなんだと思ってました。
ハーブが好きなんだなあって思ってたので、2ちゃんねるを潰さないで欲しい。

gidって、一般の人は、本人が一人でgidになると思っているけど、子供のgidには、そういうのも確かにあるわね。
これも、事実を言うと、親がネットやマスコミでgidのことを知って、親と医者が寄ってたかって、子供をgidにしてしまってるんだけど。

中学生より上の年齢のgidは、全部、gidのコミュニティと遭遇して、はじめて、自分の心の性別が、身体の性別とは違うと言い出すの。
遭遇する前は、そんなこと、感じません。
遭遇すると、「子供の時から、ずっと違和感を感じていた」と言い出すの。
集団ヒステリーと思います。

コミュニテイとの遭遇の仕方に、今はインタネットが加わったから、集団ヒステリーかどうか、はっきりしなくなった感じ。
でも、あたしは集団ヒステリーと思うわ、gid。





82 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/18(木) 20:40:38 ID:kz/d/Qhu
精神科のお医者から、GIDとアヘン中毒は似ていると言われて、ビックリ!
 アヘンは、罌粟? 水パイプで吸うと、気持ちよくなって、とろんとして、寝転がるんだそうです。一日中、気持ちよく生きているんだけど、アヘンが切れると、凶暴になります。
アヘンの購入を妨害されるとか、生活態度の悪口を言われると、凶暴になります。
アヘン中毒は、気持ちのいい時の症状と、禁断症状が出たときの凶暴な苦しい症状があるから、お医者は両方を知ってないといけないそうです。

パチンコ依存症も同じ。あれは、麻薬を買わなくても、脳内麻薬が出て、気持ちよくなるから、経済的。
脳内麻薬が切れると、すぐカーッとなって、家族を突き飛ばすから、パチンコ屋に行ってる時が、家族は一番ありがたい。
サラ金地獄になって、会社やめて、自己破産して、離婚して、子供を炎天下の車の中に置いたままパチンコして、子供は熱射病で死ぬ。

性同一性障害も、同じタイプの性格だそうです。
自分の心は男とか、女とか言って、イイ気持ちになってる時の症状と、禁断症状が出て短気凶暴になる時の症状と、両方を知ってないといけないそうです。
両方を比較して、同じ性格の人が罹りやすい障害とを比較して、性転換がいいのではないかと、お医者は結論します。
どうせ性格だから、お薬飲んでも治りません。
オウムのようにサリン作るのと、どっちがいいかと考えると、性転換のほうが、遙かに健全です。
家族や会社のかたは大変と思いますが、ガンバってください。

他の病気としては、各種依存症、摂食障害、感情障害、リストカット、薬物中毒、
淫乱症?、同性愛? 各種集団ヒステリー? オカルト宗教趣味? 夜遊び? などなど、脳に病気のない精神障害なら、なんでも来い、だそうです。



83 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/19(金) 00:18:43 ID:pMtV6AF/

>>35
>>37

このスレッドの言わんとしている性格が、まともに出ている。
本人は自分の性格を自覚していない、ダローネ。
この性格に、この誤解、この無自覚があると、自動的に性同一性障害になる、
という意味だと思うが、
その通りになっているようで、非常に興味深い。



84 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/20(土) 12:46:15 ID:iBUDg1Yc
説明不要と思いますが、一般の人もいらっしゃいますので、説明させてください。
ある種の先天性の性欲欠如(当事者はシャカと言っています)では、間脳の神経経路に先天的な異常があり、
先天的な性器の反射と、先天的な快感反射とを結ぶ先天的な経路が、先天的に欠落もしくは機能不全になっています。
この経路は、生まれた後には形成できません。

いわゆる性欲の対象という文化を学習して、快感反射を得るための条件反射の神経回路を、大脳に後天的に形成するには、
先天的な反射経路が確保されていなければなりません。
先天的な経路に、後天的な条件反射の回路を結びつけることが、性欲の獲得です。
性欲の対象は恣意的ですが、通常は文化的に流行しているものを優先的に学習します。
学習によって大脳に条件反射の回路が出来るには、快感反射による脳内麻薬が必要です。
脳内麻薬により気持ちよくなり、禁断症状の苦しさを避けるために快感を求めて、同じことを何度も繰り返しますので、条件反射の回路が出来ます。
後天的な性欲が形成されるには、先天的な身体的性器反射に、先天的な快感反射との間に、先天的な神経経路が存在することが前提条件です。

シャカでは、それが先天的に欠如していますので、生まれて一度も性欲を感じず、
そのことが性本能全体の衰微を招き、生きる意欲を失い、やがて何の苦悩も苦痛もないのに、約半数の人が自殺します。
自殺の仕方は、事故か自殺かわからないようなもので、自殺の準備をせず、遺書を残さず、
冬山で遭難したり、自分一人だけ友人と違う方向に泳ぎ出し、そのまま帰らぬ人となるようなものです。


85 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/20(土) 12:59:15 ID:iBUDg1Yc
シャカの治療として、性転換手術があり、すでに世界中で200名近い人が受けています。
手術後、性欲を感じるようになり、生きる意欲が涌き、幸福感を感じ、自殺しなくなります。
この人達は性転換したいとは思っていませんでしたので、
いわば、胸が痛むので病院に行ったところ、心臓移植をしないと助からないと言われたようなものです。
シャカの人達は、半陰陽や性同一性障害のSRSと比較して、
自分の現在の心理と、性欲の対象という文化と、性欲を形成する過程と、
性本能(種族保存の本能と同じ)と自我(個体保存の本能の表れの一つ)と、解離と統合と、
脳の形質と文化との遺伝学的あるいは形質人類学的、優生学的な関係とから、
性転換手術後の自分の心理をシミュレーションします。

シャカの人達は、経験から言って、GIDで言われている性欲の対象や性自認や脳の形質と男らしさ女らしさのと関係やホルモンシャー説などの考え方が、
事実と大きく異なるのではないかという印象を持っています。
シャカはこれまで、性転換手術後の性別に相応しい身体的外観の人しか、SRSを受けませんでしたが、
他に治療法がなく、命の問題があることから、最近では、性転換手術後の性別に相応しくない外観の人でもSRSを受けて、
日常生活は男性で、性生活は女性という生き方を選ぶ人が現れるようになりました。
それでも、劇的に性欲を感じるようになり、幸せに暮らせるようになる、という現実があります。
勿論、手術前に同性愛の趣味など毛頭もありませんでした。
戸籍は女性に訂正されています。
男性のままの戸籍でもOKですが、性器の外観の関係から女性を選ぶのが普通です。

シャカの経験では、GIDの性別の考え方は、事実無視の個人的感覚や流行に基づく文化運動、という印象を持ちます。
シャカでは、性欲の対象や性欲は、性器以外の身体的外観に生理的には無関係で、
心理的にはどちらの性別にも適応可能ですが、文化的スタンダードと相談、という現実を知ります。
現在、脳に電極を挿入して、間脳の身体的性反射と快感中枢とを結ぶ経路を、
直接に刺激する治療法(DBS)の応用が模索されています。
シャカには不評です。


86 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/24(水) 22:11:31 ID:c8CSNWfm

請求書
はやく、次、解説してくだされ。



87 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/27(土) 17:59:44 ID:mrtCXj6c
インターセックスの人の受診に付き合ってあげたら、医師に怒られてるんだ。
なぜかと友人に聞いても、わからん。
友人のほうは、保険証受け取らずに、そのまま帰ってしまう。
あとで、ゆっくり友人から話を聞くと、友人は自分の性器の事、医師に言えなくて、
気持ちのことばかり医師に言ったそうで、精神障害扱いにされて、なぜか怒られたと言うの。
友人、戸籍は女。
言えないよね、なかなか性器のこと。
俺も、友人は一人前の大人だから、付いて行ってあげるだけでいいと思っていて、
診察前の問診票の書き込みなんかも、チェックしてあげなかった。
馬鹿だネー、言いにくいのなら、問診票の問いに書き込んだほうが、気持ち楽なのに、友人は書き込まなかったらしい。
医師も馬鹿だねー。
患者の顔見たら、戸籍女で男の顔してるんだから、わかりそうなもんなのに。


88 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/27(土) 18:08:08 ID:k+JnMcKw
全然主流じゃないし、
どう見ても障害。

性同一性障害に同じ男性として生まれてくる人がいる以上、
全力でその人を守る。同じ仲間なんだから。
脳が女性なら、女性として扱う。

89 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/27(土) 21:00:31 ID:mrtCXj6c
↑ ん? GIDのことか。そう言えば、ここもGIDのスレだったか。俺はナンテとこに書き込んだのか。
ふむふむ。
ヒステリーもGIDも精神障害だよ。ヒステリーは偏見が多すぎたので、ま、言ってみれば廃止になったの。
医者はね、今、仲間内で「アレはヒステリー」って言うときに、声ひそめて耳打ちするの。
それぐらい、患者がヒステリーて言われることを毛嫌いするようになったの。
それで事実上廃止になったようなもの。
薬物療法の普及と分析医がいなくなったこともあるけど。
それでも、ヒステリーという精神障害そのものがなくなったのでなく、
解体して、部分ごとに名前を新しく作って、配置替えして、
ヒステリーかどうか、素人にわかりにくくしてしまっただけ。
昔のヒステリーを再構成すると、性同一性障害はヒステリーの中に入るよ。
ま、分類なんて、どうでもいいけどね。


90 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/27(土) 21:01:10 ID:mrtCXj6c
↑脳だけど、GIDは、どちらの性別の脳でもなくて、だいたい中間型を示すね。
これは、社会生活の関係から、発達しなかったのか、生まれつきなのか、学説の分かれるところなんだけど、生まれつきが優勢みたいな感じ。(オレの感じだけど)
生まれつき、どちらにも発達しない素質の脳。
だから、身体が男に生まれると、脳が男に適応できずに、わたしの心は女って言い出す。
女に生まれると、脳が女に適応できずに、オレは本当は男だ、と言い出す。
本当は、生まれつき中間ではないか、ということ。
もっと、嫌がられることを言うと、本当は、生まれつき、自我のストレスに対する耐性の低い脳ではないか、ということ。

ここのスレでは、そのことを、自己本能よりも社会本能(別名種族保存本能、集団本能、性本能)が優位に立ちやすい脳で、
具体的には、解離して自我を淘汰しやすい脳ではないか、という表現で解釈をしているらしい。
自分にどれだけ有利かという感情を捨てて、我を顧みず、一心に社会のために働くことを好む脳ではないか、ということ。
それが、フランス革命以後、自我の自由を仮定した契約社会が200年経過したので、反乱を起こし始めた、
と、まあ、そういう説を掲げているのだと思う。
生態的、社会的解釈のほうは、主流かどうか知らんけど、ヒステリーという言葉を使うか否かは別として、自我の解離と脳のことは、定説に近いと思うよ。


91 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/27(土) 23:19:10 ID:p4umCFlx
【文化】「セックスするほど、自分が男じゃない現実が」性同一性障害体験記で、早大院生語る★2
ttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169904272
昨年5月、衝撃的な「告白本」が刊行された。体は「女」だが心は「男」という性同一性障害の
実情を描いた「ダブルハッピネス」。著者、杉山文野(25)は高校まで日本女子大付属という
「お嬢様」育ちで、フェンシングの元日本「女子」代表だった早大教育学部院生。
「ダブルハッピネス」は赤裸々な表現で全編が彩られている。
−セックスすればするほど、自分の体が男ではないという現実を痛いほどつきつけられる。
 体は女だという、いまだに信じられない信じたくない現実を実感する
−毎日、風呂に入る。鏡に映った自分の裸を見る…生きてきた年数×365回以上、自分の裸を
 見ているけど、いまだにこの体が信じられない…女体の着ぐるみ、女体スーツを身につけているとしか思えない
−(中学時代)誰かにセーラー服を笑われている気がしてならなかった。学ランを
 着ている他校の男子を見るたびに「僕もあれを着ているはずなのに」と思った
作者は大学院生の「アンちゃん」。「この本で自分の気持ちのほぼ9割を出し切った。もう怖いものはありません。
20年以上『娘』として育ててもらった父とは、この本をきっかけに『息子』としての関係が徐々に出来つつあります」
カラっとした人柄同様、文章は軽妙だ。
−普通の男子が「明日学校行く時スカートはいて行けよ」といわれたら、ほぼ全員が
「冗談でしょ?いやマジ勘弁してよ」となるだろう。その状態を、僕は毎日12年間続けたのだ
「差別や偏見は実情を知らないというところから始まる。『金八先生』以降、肯定的に
捕らえる流れが出来上がってきた。しかしカミングアウトすることがすべていいとは思わない。
自信もないのにカミングアウトすると辛くなります。だから言いたいけど言い出せない人にとって、
この本が何かのきっかけになってくれればいい」ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/36672
※画像 ttp://www.iza.ne.jp/images/news/20070127/15426_c160.jpg
※前 ttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169888653


92 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/28(日) 00:50:51 ID:1W0adVnI
女の性同一性障害って、みんな同性愛だね。
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/210
ハリー・ベンジャミンで思い出したけど、
あの人、MtFについては、同性愛とGIDを俊別していたくせに、
FtMについては、うやむやにしていたね。
ホモが嫌いだったのかな。レズは好きで。


93 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/29(月) 18:43:26 ID:ifnZMc8l

★お尋ねします★
息子が、学校で、性同一性障害は精神病の一つだと、教えられました。どんな点が精神病か、宿題になっていますが、息子に聞かれても、母親の私は性同一性障害の人を知らないので、わかりませんでした。失礼ですが、どこが精神病なのでしょうか。よろしくお願いします。



94 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/30(火) 04:57:26 ID:DKvMXlYB
スレタイ衝撃的だった!
自分は性同一〜と診断されてるんだが
うちの母親が演技性人格っぽい…

95 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/30(火) 17:10:23 ID:DKvMXlYB
>>90
なるほど。
中間の脳、なんかわかる!
興味深い話だな。

96 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 12:06:05 ID:OeqjB8lc

>>93 性同一性障害の人と日頃よく接していられる精神科医のかたに聞いたことがあるのですが、
年齢に関係なく性同一性障害の人には、非行少年非行少女が非行に走る心理と同じものが出ているそうです。
非行そのものの心理ではなく、普通の社会を離れて、非行グループや夜遊びの場に近づいて、羽目をはずしたくなるような心理のことです。
これと同じ心理が、性同一性障害では3才ぐらいの子供でも、50才以上の大人でも出てくると聞きました。
子供の頃からずっと、その心理の人もいれば、40才を過ぎてから急にそういう気持ちになる人もいるそうです。
人間、羽目をはずしたくなる気持ちになると、性の心理に異変が出るそうです。
ここのスレッドの人の記事を読んで、自我と性欲とが拮抗する本能の表れだと知って、なるほどと思いました。
性の同一性というのは自己同一性の表れの一つで、自我障害の一種だと知りました。
精神科医のかたに聞きましたところ、性のことだけでなく、すでに自己同一性すべてに異常が出ているそうで、
自己同一性だけでなく自我機能全体に異常が出ている人もいるそうです。
性同一性障害は、その徴候の一つにすぎないと聞きました。
自我障害に賛成です。

内因性ではないのですが、性同一性障害は精神病の一種だそうです。
性の同一性に病気があるのですが、原因や仕組や治療法だけでなく症状もいまだに漠然としているので、障害という言い方にとどめているそうです。
循環器障害と言うようなのと同じことで、心臓移植をしなければいけないような重大な病気も循環器障害です。
具体的な言い方をしたほうがいいときは、原因や機序や症状など、病気の正体がはっきりしているのなら、何々病と言い、正体とまでは言えなくても、症状だけでもはっきりしているなら、何々症と言うのが普通です。
そういう事がわかっていない時は、単に何々障害と言っておくそうです。
正体のわかっている病気を、漠然と何々障害と言っても、別に構いません。

性同一性障害は、世界中で、はっきりと精神疾患の一つに決められていますが、
同性愛は、趣味や文化や嗜好の問題なので、病気ではなく健常だそうです。
疾患というのは病気を分類するときの最も大きな単位で、けっきょく病気と同じ意味になります。



97 :引用子:2007/01/31(水) 18:37:23 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/179 から引用
あれ〜 ここでも精神科と宗教で、患者の取り合いする。
脳に病気のない精神障害は、いつも最後は、
宗教とか、オカルト集団とか、ギャンブルとか、
催眠商法とか、集団ヒステリーグループとか、、、、
そういうのと、精神科とで、患者の取り合いになって、
精神科のお医者さんが、負けてしまう。
性同一性障害では、精神科のお医者さんが奮起して、
先手を打って、法律作って、患者を囲い込んだそうです。
性同一性障害は麻薬中毒患者の集団ヒステリーのようなもので、
脳内麻薬が効いているうちは、恍惚状態で、
麻薬が切れると、禁断症状が出て凶暴になるんだそうで、
脳内麻薬の出やすい生まれつきの性格なんだって。
催眠術にかかりやすい性格で、催眠術にかけてもらっている状態でないと、生きていけないとか。
オウムの信者になるような人と同じ性格で、強く生きなさいって言うと、サリン作るそうです。
尼寺でお経読んで気持ちよくなっている状態と、
ギャンブルやって気持ちよくなってる状態と、
催眠術に掛けられて気持ちよくなっている状態とは、
脳味噌の生理的状態が同じで、
尼寺は、世間から隔離されているので、変な催眠術には掛からないけど、
一般世間で催眠術に掛けられると、
たちまちオカルトやら、性同一性障害やら、ギャンブルやら、
そういうのに、はまりこむそうです。
性転換は、人に迷惑をかける程度が、比較的少ないので、
本人がこれに夢中になっている間は、
ギャンブルに凝ったり、サリンを作ったりしないので、
これは治療法の一つになる、ということで、
精神科では、性転換を治療法にして、患者を囲い込んだそうです。
ぐずぐず言うんだったら、尼寺へお行きなさいっていう感じは、
ftmの性同一性障害の人に、禁断症状が出始めているときの、
凶暴な心理の断片だそうです。


98 :引用子:2007/01/31(水) 18:40:09 ID:OeqjB8lc

http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/182 から引用

自分らしくなんて、そんな自分、ありませんよ。
赤ちゃんに、自分なんて意識、ありませんよ。
自分らしく生きたいなんて言うと、
自分の雛形とかオリジナルとかがあって、
それと現在の状態を比較して、自分らしく生きたいって言ってるように聞こえるけど、そんな雛形やオリジナルの自分って、ありませんよ〜
自分らしく生きたいの自分って、妄想?
希望を、まるで原型が最初からあるかのように考えてるのよね。
そういうのを、プラトニックって言います。
プラトンって人は、生まれる前から、人間には雛形があるって考えました。
現在の状態は、その雛形の影、幻にすぎないってね。



99 :引用子:2007/01/31(水) 18:42:17 ID:OeqjB8lc

http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/188 から引用

この人の言い回し、なんか、わかりにくいけど、
お寺さんは、世間の現実と隔離されているので、
自殺者が多いんだね、お坊さんの自殺者。

性転換は、半陰陽の人と、性同一性障害の人と、
シャカと言われる生まれつきの無性欲障害の人との、
3種類の障害の人達の治療法になっていますが、
通称「シャカ」と言われる人達は、お釈迦様のことを、
生まれつきに性欲のない障害で、代理セックスで子供を妊娠させて、
妻の妊娠を確認すると、子供に「障害」という名前を付けて、出奔して、
性欲が出てくるような苦行をしたが、効果が無く、
静かに座禅瞑想すると、性本能が刺激されることを確認して、
新しい宗教を開いた人だと言っています。
仏教は、性本能を主題にした宗教ですので、
性同一性障害と仏教とは、まんざら無関係でもありません。

山奥で座禅瞑想するのと、世間で自我を捨てるのとは、
結果が全然違っていて、
世間で自我を捨てると、性的違和感を感じるようになると聞いています。

自分らしく生きるという自分らしさの感覚というのは、
限りなくプラトニックというのが、発言の趣旨かな。
意味が難しい・・・



100 :引用子:2007/01/31(水) 18:44:06 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/198 から引用

性同一性障害の皆さんとお付き合いしています。
皆さん、何事につけても、好き嫌いの許容範囲が物凄く狭いので、
変だなと思っています。
怒らないでね(^^)
反抗期の中学生くらいと思いました。
人生でいちばん好き嫌いの許容範囲が狭くなる時期。
拒絶反応が過激というか、頑固です。
20才から45才の人が、中学生と同じなのは、変だなと思いました。

顔と身体が男っぽく見える人(戸籍♀)は、性転換させてあげたい。
これ、わたしの気持ち。
心は、納豆のよう。
関西の人は、ゲェーッと来るそうですけど、腹ぺこで食べると慣れるのですよ、納豆。
男性はオナニしながら食べるとイイとか(^^)
でも、好き嫌いの許容範囲が狭くなると、納豆に手をつけずに飢え死にしてしまいます。
嵐山のお猿さんは、九州の山に引っ越しさせられて、みんな飢え死にしました。
GID? 同性愛? 嵐山のお猿さんのことですよ。
怒らないでくださいね。

我慢しなくてもいいのと、もう我慢できないのとの、
中間ぐらいの、ほどほどのところが、
世間の標準と、物凄くズレてて、反対の性のほうに近いと、
ひょっとしたら、性転換したほうがいいかなって、
世間の人も思うと、私は思うの。
最初から、我慢しなくてもいいと言ってると、
ガツーンと、ゲンコツ食らいそうな気がします。

怒らないでね。おねがい(^^) オヤスミナサイ☆


101 :引用子:2007/01/31(水) 18:48:39 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/203 から引用
オハヨ。
健康な人は、男の文化も、女の文化も、どっちも許容範囲内ですよ。
食事のマナーとおんなじ。 パリへ行くと、フランスの食事のマナーを楽しみます。
インドへ行くとインド、日本は日本のマナーが楽しい。
男だったら、男のマナーがあるから、それで行きます。
私は女だから、女のマナーで、髪結いさんに行ってから、お化粧して、ドレス着て、結婚式に行きます。
男だったら、私はタキシード持ってないから、買いに行きます。
床屋さんに行って、男の髪型にしてもらいます。
女だから、女のマナーで、男性に愛してもらいます。男だったら、男のマナーで、女の子を物色します。
どっちでも、OKなのよ。
健康な人って、男の文化も、女の文化も、好き嫌いの許容範囲なの。
文化の流行が変わると、楽しいでしょう?

性同一性障害の人に 「どうしてあなた達は、性別のことで、許容範囲がそんなに狭いの?」って聞くと、
「なぜか知らないけど、体の性を受け入れられない」と言ってました。
医学の本を見ると、説は色々あるけど、定説はなくて、原因不明なんだそうです。
テレビでも、マスコミの人が性同一性障害の専門医の人に聞くと、
その先生は、病気ですって、はっきり答えていました。

普通の健康な人は、
男の体でも、女の体でも、男の文化でも、女の文化でも、中間の文化でも、男のエッチでも、女のエッチでも、中間のエッチでも、
みーんな、許容範囲の内だから、食事のマナーを楽しむ感じですよ。
明日から男と言われれば、
あー楽しいけど、服持ってないから、どうしようって悩むだけ。
医学書買って、男のエッチの生理を勉強して、練習しなくちゃ、と思います。
普通の健康な人は、そういうふうに、男か女かは、好き嫌いの許容範囲内です。

どうして、自分の好き嫌いの許容範囲が狭くなる病気なのに、世の中のせいにするのかしら?
狭い好みに合わせた世の中にはならないと思います。
自分の病気を、まず受け入れないといけないのと違うかしら。


102 :引用子:2007/01/31(水) 18:50:58 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/210 から引用
もう20年ぐらい前だけど、亡くなったハリー・ベンジャミンさんが、昔の論文を見せてくれたの。
1940年代に書いたものだったんだけど、TVを1〜5に分けてるの。
ベンジャミンさんは、その1〜5の診断指標について、今度新しく4をTGって呼ぶことにしたんだって言うの。
1〜3はTVのままで、5もTSのまま。それは昔から医学用語になってました。
厚生労働省はICDの分類で行きなさいって奨励してるから、
精神科では、疾患名のGIDの中の、TVかTSかっていうタイプ分けをすることになるんだけど、TGはありません。
ベンジャミンさんの言ってた4は、今も医学的にはTVなんですよね。
TGは医学用語になってなくて、言わば文化運動用語。
病気の名前を言う言葉と、文化や趣味や運動を言う言葉が混じってると、なんとなく、ややこしいね。

昔、コロンブス(アメリカ発見のあの人)がね、恋人にこんな話をしました。
船乗りは、夜になると星ばっかり見てるんで、星を見ると恋愛したくなるんだ。
君の体は、夜空の天ノ川みたいだ、って言うの。
ロマンチックでしょう?

星を見ると、昔の船乗りの人はムラムラっと来るように、条件反射ができちゃうの。
車に轢かれたネズミの死体を見ると、性欲を感じるとか、ゴムの焦げる臭いを嗅ぐと、射精するとか、普通にありますよ。
ゴムの臭いのほうは、癲癇やヘルペス脳炎の後遺症でも起こるみたいだけど。

性欲の対象って、たんなる条件反射ですから、大脳の学習回路なんですよ。
同性愛のことを言ってます。
また、ややこしい言葉を使いますけど、GIDやTGと、性欲の対象とは無関係・・・でしょうね。


103 :引用子:2007/01/31(水) 18:52:46 ID:OeqjB8lc

http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/213 から引用

GIDは健康保険の効く精神科の病気ですから、
社会運動と同じ調子で、人をGIDと言うわけには行きません。
病気の診断は、医師しかできないのかって、法律に文句を言う人もいるかも知れないけど、
誰でも出来るようにしちゃうと、かえって変になるのでは?

GIDは病名で、精神科のほうで新しく特別に作った病気の概念です。
言葉も、精神科のほうで、この病気のために、新しく作った特別な言葉です。
だから、社会学のほうで使っても、もちろん精神科の作った意味を引っ張ってきているだけです。
多発性硬化症っていう言葉や病名と同じで、精神科や神経科のほうで特別に作ったのを、
何の意味もないと言って、自分勝手な意味で使ったのでは、混乱します。



104 :引用子:2007/01/31(水) 18:55:25 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/239 から引用

循環器障害、脳血管障害、摂食障害、視力障害etc.
くも膜下出血は、循環器障害で、しかも脳血管障害ね。
狭心症も、大動脈瘤破裂も、循環器障害ね。
摂食障害は、拒食症って言って、
カーペンターズの妹さんが死んだ病気。
統合失調症(分裂病)の人が多かったので、いまは除外診断します。
視力障害は、生まれつき目の見えない人も、仮性近視も、どっちもこれ。

障害の前の言葉、何々障害の、何々にあたる言葉は、
正常な器質、生理、器官、組織、機能などを表しているの。
そこに病気があるって意味。
まだ病気の症状をはっきり特定できないときに、よく使います。
研究不足の病気ね。
何々病っていうのは、原因と仕組と症状と治療法と予後など、最初から終わりまでのストーリー付きの、病名の付け方。
よく研究されていないと、何々病とは、なかなか言えない。
何々症は、単に症状の名前。
症って付いてなくても、たとえば、腹痛は、それで一つの症状。
癌の腹痛もあれば、風邪の腹痛もあります。
何かわからないけど、とにかく痛いってとき、おなかいたって書きます。
何々症ってのは、そういう病気。
何々症が一杯ワンセットになってると、何々症候群って言うこともあります。
ICDっていう分類は、できるだけ症状で病気を分類する姿勢なので、
昔、日本で分裂病と言っていたものも、統合失調症になりました。


105 :引用子:2007/01/31(水) 18:57:22 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/240 から引用

病気にしておかないと、ホルモンとか手術とか、法律違反になるでしょう?
片目つぶって、病気になっておくの。
どうせ、診察室だけの話です。
それに、診断書あると便利でしょ?
戸籍を変更するときも、病気でないとダメなんだから。
性同一性障害って名前の付け方は、自我障害の一種だっていう意味です。
統合失調症や、解離性障害と、同じ名前のつけかたです。
自我がやられると、自覚できなくなるんで、病識を持てなくなるの。
自我の重要な機能の一つに、自己同一性というのがあります。
アイデンティティって言います。
これがやられて、性に関して、自己同一性がインチキになるっていうような感じの、病名の付け方。
だから、ひでぇ病名だって言って、怒っているGIDの当事者もいます。
当事者でお医者さんやってる人。
自我がやられると、自覚なんか、できなくなるから、病識を持てません。
統合失調症は、脳に病変があるから、症状が出ている時、物凄く苦しくて、
お薬が利いて来ると、気持ちよくなって、病識を持ちます。
性同一性障害は、脳に病変がないから、お薬では治りません。
症状が出ているときに、物凄く気持ちよくなって、
自分は病気じゃないと確信して、トラブルを起こします。
本人は、気持ちいいまま。周囲は迷惑。
そういう病気っていう認識です、GIDっていう病名の付け方。


106 :引用子:2007/01/31(水) 18:59:51 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/246 から引用

このスレ、拝見致しました。
MtFのかたは、お子様がいらっしゃらないのでしたら、
ホルモン療法の前に、精子の凍結保存をお勧め致します。
説明もせずに、ホルモン療法に入る医師は、いかがなものでしょうか。
精子の凍結保存には、保存施設の信頼性、料金、法的制約、将来の利用法など、知っておかねばならぬことが、多々あります。
また、FtMの卵子の凍結保存は、現在研究段階で一部成功していますが、実用段階にありません。
常に最新の情報を入手するルートを、確保しておられるでしょうか。
現在、日本での代理母出産は違法ですが、海外では合法的な国もあります。
GID以外の性転換では、すでに手術後にもうけた実子を、戸籍上の実子にする手法を確立しています。
またGIDでは、遺産相続について御家族と紛糾なさるかたが、少なからずいらっしゃいます。
お約束は、ホルモン療法に入る前に、御家族と言えども、文書に残されることをお勧め致します。
性転換後の遺産相続に伴う億単位の詐欺事件や、殺人事件なども、日本で発生しております。
精子の有無は男女に関係なく、人間の幸福にとって非常に重要な問題です。
ジェンダー意識を超えていますので、この問題に注意を払わずにホルモン療法に入られたかたは、GIDよりも広範で深刻な精神障害をきたしていると危惧されます。
少々、気に掛かりましただけですので、お気に掛けずに。
失礼致します。。


107 :引用子:2007/01/31(水) 19:02:02 ID:OeqjB8lc
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gay/1163421314/261 から引用
>> "したらば"では、『関東某重大事件』。
その事件、解離性の記憶喪失だから、ヒステリーの記憶喪失と同じだろう。
責任逃れの、蜥蜴の尻尾切りで、精神的ストレスに耐えられなくなると、記憶を失うタイプ。
裸踊りして酒アオって記憶失うの同じで、ヤケ酒飲んだのも自分、裸踊りして、これはマズイかなと思ったのも自分。
酔いがさめると何もかも忘れている。
酒を飲まなくても、ストレスが溜まると忘れられる便利な奴がいて、解離性障害。
すぐに、そそのかされる。酒飲まなくても無茶ができる。
ハマるとオウムの信者、GID、ギャンブル依存症などで、家族が連れ戻そうとしても無駄。
牙を剥いて怒る。
ハマれないと、ストレスで鬱が出る、リストカットする、拒食症になる、パニック障害になる。
GID周辺の精神障害は、全部同じ構造。
自我のストレスに耐性のない性格で、
脳を見ると、男なのに社会的に男で発達する部分が発達せず、女なのに女で発達する部分が発達しない。
反対にもならず、どちらも発達しない形態になる。
GIDが性ホルモンすると、脳が萎縮して、最終的にこの形に落ちる。
その時その時の自分に正直に、気持ちよく生きるという態度が、頑固になる。
昨日の自分の責任はとらない。我慢しなくなる。
>> 性別に関する自己同一性の障害と言っても、GIDはなんでもかんでも性別に関係づけるから、
ほとんど自己同一性全般の障害と同じかな。自我障害でいいんじゃないの?
>> 解離性同一性障害と言っても、GIDは性に関して自己同一性障害があるんだから、
こいつが転換障害起こせば、自動的に解離性同一性障害になるじゃんか。
解離性同一性障害の半分は、統合失調症と区別つかなくなるよ。
GIDの病名がなかったとき、統合失調症の中に放り込まれていたのも、わかる気がする。
GIDの転換性障害なんて、そこらじゅう、うじゃうじゃ転がってるから。


108 :引用子:2007/01/31(水) 19:31:32 ID:OeqjB8lc
引用ばかりしてしまいました。ゴメンナサイ。
どうして引用したかと言うと、
性同一性障害の人に聞いたのですが、
2ちゃんねるとか、したらばとか、Level3とか、とにかくネットの掲示板で性同一性障害のことを話している人は、
ほとんど精神科を受診していなくて、性同一性障害なのか、遊びなのか、流行に乗っているだけなのか、反抗期の青少年なのか、よくわからない人が、
自分で性同一性障害だと言って、イキがっているだけなのだそうです。
知識のなさ、自己分析の幼稚さ、人間関係の未熟さを見れば、
海のものとも、山のものともわからない子供達が、
ファッションをあれこれ言いながら無為に若さを潰しているだけの状態なのだそうです。
その人(性同一性障害で性転換手術をして現在60才近い人)は、
望みの性別で一般企業に就職しようとするとき、
ただ単に「なりたい」とか、「自分の心はこっちの性別だ」とか、「このスタイルが自分の生き方だ」と言っても、
言えば言うほど、「わがまま」を言っているだけとしか理解されない、と言っていました。
「わがまま病」と思われるから、そんな我がままな人を雇おうとする物好きな企業は、ほとんどありません。
多くの人にわかってもらうには、これは「わがまま」ではなく、精神病の一種だが、原因や機序がまだ研究途上で不明であり、
けっして、文化や趣味の問題ではなく、病気なのだということを、自分で証明して、
この病気が仕事に支障をきたすものでないことを、わかってもらわなければいけません。
どこが病気であるかを、よく自覚していなければいけません。
さもなければ、完全に、これは私の主張する新しい文化スタイルだと言って、世間の支持を獲得するほかありません。
二枚舌を使って、精神病の一種になったり、新しい文化を主張したりしても、
お人好しにも、ころっとだまされる世間の人は、ほとんどいないそうです。
>>93 どこが病気かという書き込みがありましたので、引用してきました。


109 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/01/31(水) 20:52:32 ID:nBEx1lVj
引用、面白かったです。

110 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 01:59:03 ID:ezkTZX2N
age

111 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 02:01:52 ID:ezkTZX2N
つまらん

112 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 06:29:31 ID:2KO8Awhg
当事者の医師に会ったが、性ホルモン中毒と文化運動の印象が残った。
本人はパスしているので容貌体型に促されたところもあるが、履歴を聞くと性欲の致すところかと思った。
同性愛の趣味が根底にあると推測できた。
当人は、日本の性同一性障害の診断基準は、医師が逮捕されないために作ったもので、
性同一性障害は反対の性別になりたい気持ちを実現しようとするだけで、病気とするのは法律上の便法にすぎないと言う。
精神的な異常は感じなかったが、子供時代に好んだ遊びの性別を力説し、ホルモンシャワー説を信奉している点など、便法とは矛盾する。
この医師は多数の当事者のリーダーになっているので、数時間話した。
大部分の当事者のことを、精神病か流行だと言い、精神病の疑いのあるものを治療するために精神科の受診を当事者に勧め、
自分でさえ性同一性障害であると確信できるまで5年かかったと言い、当事者に慎重な判断を促していた。

当事者の医師は世界に多数いるので、国籍不明ということにしておく。
ある医師とは、半陰陽の患者の性転換について数時間話し、医師自身の性同一性障害についても話したが、精神異常の印象を受けた。
おそらく統合失調症で、本人自身薬剤を処方服用しているが、精神科の治療を受けていないのだろう。
パスしない容貌体型で、仕事は生物学的性別でおこなっていた。
本人は性同一性障害の気持ちを、当事者でなければわからないと言い、説明拒否。
遊び感覚の当事者が多いが自分は遊びでないと言い、正真正銘の性同一性障害であることに奇妙な自尊心を持っていた。
この医師のもとでも多数の性同一性障害の患者が治療を受けており、危険を感じた。


113 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 06:30:26 ID:2KO8Awhg
単純すぎてお話にならないことだが、ペニスやクリトリスの勃起の緊密さが、性同一性障害に強く影響することもある。
男性ホルモンに対する反応が悪ければ、男ならば治療が非常に困難になり、女性的になり、反応がよければ、女なら受動的な性交渉では我慢できなくなる。
男性ホルモンに対する反応が強く、欲求不満状態でも、男は女装する。
当事者はそのことを話さない。また同性愛の有無や、同性愛に至った経緯も話さない傾向がある。
具体的なことを話さないので、性格の一般的傾向から推測せざるを得なくなる。
ある当事者の医師は、手術で身体の外観を変更するマニアのようなもので、骨削りや自家移植やプラスチックの挿入に躍起になっている。
人格障害ではないかと疑われる心理で、薬物濫用の結果かも知れぬと感じた。
おそらく日常的に各種の薬剤によって恣意的に精神状態を制御する癖がついており、外科手術によって身体的外観を変更する趣味も同様のものと思われた。
この医師の周囲にも、手術好きの当事者が集まっており、性同一性障害の流行は、医師が安易に薬物や手術を提供することによるかも知れない。

医師の性同一性障害当事者には、ヒステリー性格よりも人格障害や統合失調症の疑われる例が多いのではないか。
「性同一性障害に生まれて」のスレッドを見たが、ヒステリー性格と、性欲の強い女性同性愛と、覇気のないmtfの例が多く、
いずれも性ホルモンとその反応の程度によって説明できると感じた。
ホルモン療法で調節できるだろう。


114 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 06:30:57 ID:2KO8Awhg
性ホルモンの異常では、ホルモン量の異常と、反応の異常があり、反応が正常であれば、ホルモン量そのものの異常は、さほど問題でない場合が多い。
性ホルモンに対する反応の異常では、反応の種類の異常と、反応量の異常があり、また、身体的な反応の異常と、精神的な反応の異常がある。
身体的な反応の異常は、身体的な検査や症状から類推できるが、精神的な反応の種類と反応量の異常は、類推が困難になる。
問題は、身体的な反応と、精神的な反応とが、相似的でない場合で、
精神的な反応の異常を治療するにあたり、
生物学的性別に一致した方向でのホルモン療法では、身体的な正常を保てる範囲で精神的な正常を保てない例がある。
性転換の方向で、性ホルモンを処方することで、問題を解決できる場合があるので、本人が希望するなら、処方を検討する。

生物学的性別に一致する方向での性ホルモンの補充で対処できる例で、本人が性転換の方向に性ホルモンを希望する例や、
性ホルモンの量と反応が正常な例では、同性愛や性別の文化に対する誤解を解くなどの、心理療法のみで対処できるのではないか。

性ホルモンに対する反応の程度が、身体と精神で異なる時に、原因は何かと思案することが多い。
統合失調症やヒステリーなどで、自我と性欲の調整異常が引き起こす症状は、第二次世界大戦以前から知られていた。
この症状と性同一性障害の症状とが、当事者の間で識別されていない。
また、性ホルモンの処方に対するタブーがなくなったのは、ほんの20年ほど前で、
性ホルモンの調整によって治療する方法と、性同一性障害のホルモン療法との違いも、当事者には識別されていない。
同性愛は文化的趣味的嗜好だが、性同一性障害との混同が多いのも、性ホルモンに対する身体の反応と精神の反応の違いの誤認によると思われる。


115 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/02(金) 17:43:14 ID:ezkTZX2N
性同一性障害→統合失調症
なんかわかる!
だって、幻聴や幻覚凄いもん。
物心ついた時からだから、これが正常だと思ってたけど
違うらしいね?
健常者の頭の中には、呼びかけてくる声が聞こえたりしないのかな?

116 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/03(土) 03:44:46 ID:1PMJXe1O
ねえよwwww

117 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/04(日) 02:28:47 ID:X4MTnErL
後天的ってことかしら?

118 :引用子:2007/02/07(水) 01:39:25 ID:j29YDjMM
ちょっと、まとまったのが出てきたので、また以前のように引用します。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/79
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/80 から引用

あれが、ヒッピーの時代の始まりだったんだ。
マルコムXが殺されて、みんな、自然に帰ろうと言い始めた。
黒人の公民権運動よりも、ヒッピーが、ゲイの公民権運動の始まりだったんだ。
ベトナム戦争が終わると、黒人の公民権運動も落ち着いて、アメリカは失業の時代になった。
エイズが流行って、ゲイが死んだので、ゲイの公民権運動が一気に進んだ。
同性愛は精神病でない、犯罪でないとわかると、それと入れ替わりに、性同一性障害が精神病の一種になった。
医療の側に、ホルモン療法と手術の口実が必要だったから。

でも、本当は違うんだ。
僕は知っている。
GIDには精神異常が多いことを知っている。
子供のGIDは、ちょっと話しただけでも、すぐに精神異常とわかる。
そのまま、治らずに大人になるんだ。
年齢を重ねて、心が丸くなるように、心が広くなれば、治るのだけど、いつまでたっても、どうしても、人より狭いものは狭い。
融通が利かないんだ。
好き嫌いの許容範囲が狭くて、いったん嫌いだと思うと、いつまでたっても好きになれない性格なんだ。
だから、統合失調症と間違えられたが、それは違う。



119 :引用子:2007/02/07(水) 01:41:16 ID:j29YDjMM
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/81
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/82 から引用

その性格を、べつの言葉で言うと、自我のストレスに対する耐性の低い性格で、生まれつきの脳に由来しているんだ。
自我のストレスに弱い脳は、相対的に種族保存本能が優位に立ちやすいので、この本能は、別名、性本能と言うんだ。
集団本能や社会本能とも言うけどね。
親が自分の命を捨ててまで、子供の命を守ろうとする気持ちも、この本能なんだ。
自分の利益を顧みずに、社会のために命を捧げる気持ちも、この本能なんだ。
もしも自我が強いと、自分の利益を顧みずに行動するなんて、できないのだよ。
GID特有の行動は、自我が希薄になり、解離しているんだ。
解離は、統合の反対だから、統合失調症と紛らわしい症状が出るんだ。

でも、性本能は、性別に関係ないんだ。
人間の性本能は、性別に関することを、生まれた後の学習に委ねている。
精力や性欲の強弱とも関係なくて、人間特有の性本能なんだ。
人間と霊長類だけが、年柄年中、発情期だから、ほかの哺乳類には真似できない。
人間は、性交渉の体位反射もなくなり、ホルモンシャワー説も通用しないんだ。
性本能が強くなると、自我が弱くなり、自制力がなくなり、わがままになるんだ。
わがままと言うけど、自我が弱くなるから、本当はわがままでないんだ。
世間の言葉で言うと、わがままだけど、世間の人は、その違いを知らないだけで、本当はわがままでなく、種族保存の本能のままなんだ。
でも、知性には影響しない。


120 :引用子:2007/02/07(水) 01:42:49 ID:j29YDjMM
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/83
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/84 から引用

生物には、細胞単独と、細胞の集合としての個体と、個体の集合としての社会のプログラムがあって、相当明瞭に切り替わるんだ。
次元が違う、モードが違うと言ってもいい。
細胞が集合して個体になると、細胞の生理が変質して、個体の中の一部分として、それぞれの役割を受け持つようになるんだ。
胃とか、腸とか、脳とか、皮膚とか、手とか、足とかね。
個体が集合して社会になると、個体の生理が変質して、社会の中の一部分になるんだ。
こういう社会をコロニーと言って、近代の契約社会とは、根本的に違う。
コロニーの中では、それぞれの個体は、けっして、自分に有利になるように行動しようとはしないんだ。
我を捨てて、虚心坦懐になるんだ。

コロニーの集団モードになると、個体の生理が変質する。
カツオノエボシは、ただのクラゲのように見えるが、足は足で、一本ずつ、それぞれ違う個体で、傘は傘で、別の個体なんだ。
人間は、個体と個体とのコミュニケーション能力が、他の動物と比べて飛躍的に発達している。
文字もあるし、インターネットもあるし、通訳もいる。
個体と個体の距離が離れていても、情報交換がおこなわれていれば、コロニーを作ることができるんだ。
生態学者の中には、コロニーは無性生殖で、人間は有性生殖だという人もいるが、有性生殖は、無性生殖の一種で、雄と雌は、無性生殖の個体がコロニーを作るときの、役割分担の一つにすぎないんだよ。
胃とか、脳とか、皮膚とかがあったように、雄と雌とがあるだけなんだ。
個体の生理を変質させて、コロニーを作ろうとしているという証拠なんだ。


121 :引用子:2007/02/07(水) 01:44:11 ID:j29YDjMM
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/85
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/86 から引用

種族保存の本能というのは、性本能とか、集団本能とか、社会本能とかと言われているが、本当は、集団モードのコロニーを作るプログラムなんだ。
自我のほうは、個体維持のための、個体モードの本能のあらわれの一つで、これも人間が、ほかの動物に比べて飛躍的に発達している。
自我は、近代の契約社会を作るときに、自由があると前提された。
GIDの人は、コロニーを作る本能が、自我を作る本能よりも、優位に立ちやすい人なんだ。
そのことが、GIDの脳に表れているんだけど、そのことをまた、GIDの人達は、雄と雌の脳の違いのように思い込んでいるんだ。
知識の不足から、どうしても、同性愛という文化的偏見に捕らわれてしまう状況にあるんだ。

GIDでは、自己同一性が曖昧になりやすく、自我機能全般に障害の表れる傾向が、はっきりしているんだが、本人は絶対に自覚できない。
自我が希薄なって、それが自覚できれば、奇跡に近いよ。
夢は、いつも、だまされてしまうものなんだ。
夢から覚めると、朝立ちしているのは、性本能に支配されていたからなんだよ。
ここで言う性本能が、性欲や精力や男女の違いとは、また別のことだと、わかってもらえれば、半歩前進と言えるかも知れない。
それがわかれば、近松門左衛門の曾根崎心中とGIDのことも、わかってくると思うのだが。
解離と統合の初歩的説明は、ここにあったから、記しておく。
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gender/1167816868/59
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gender/1167816868/60
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/gender/1167816868/61





122 :引用子:2007/02/07(水) 01:47:52 ID:j29YDjMM
118〜121の引用文は、現代日本の、キング牧師さんの記事です。

123 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/10(土) 05:53:25 ID:9Uw66GUD
トランスジェンダー、トランスセクシュアルというよりはむしろ永遠のトランジット
http://ish.parfe.jp/tr/
 当サイトは、トランスセクシュアリティを中心に、インターセクシュアリティ、
ジェンダー/セクシュアリティを扱っています。主な関心事はトランスセクシュア
リティ自体というより、この素材を通じてより長い射程を持つ思考を試みることに
ありますが、トランスセクシュアリティを巡る一般的エピソードなども交えています。
 運営者はいわゆるMtFトランスセクシュアル当事者ですが、現在は平凡な?女性
として染色体上の性別を明かさず生活しており、狭い意味でのトランスセクシュ
アリティ自体についてはそれほど興味がありません。ただ一見わかりやすいこの
問題を導入とすることは、人間経験について精緻な思考を展開する上で有効であ
り、現在の「性同一性障害」(いわゆるGID)を巡る言説の向こうにこそ、この
現象の真価があると考えています。


124 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/10(土) 07:16:46 ID:9Uw66GUD
純子 にゃ 

125 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/13(火) 02:41:41 ID:AnejzIUu
またGID叩きスレかと思っていたけど、違ったようだな
なかなか興味深い…うーむ

126 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:08:18 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/99 から引用

とても悲しいお話。
うちの父から聞いた戦争体験です。
徴兵令状が来ると、訓練のために出頭します。
同じ部隊の人は、同郷の人ですので、
地方の町ですと、あー、あそこの何々屋さんの息子か、
というふうに、友達になりました。

父と同じ町の人で、MtFの性同一性障害の人がいました。
上官に、集中的にいじめられて、殴り殺されました。
軍隊ですので、連帯責任です。
MtFの人がドジを踏むたびに、同じ班の人が全員、殴られました。
みんなに殴り殺されて、死んだと、父は証言しています。
 


127 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:09:31 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/100 から引用

父は、この話をするたびに、涙声になりました。
どうか、男らしくなってくれと、私に頼みました。
形だけでも、男らしくしなさい、と。
この父にして、この子あり、でした。

父の話ですと、
ホモの人は、軍隊に、しっかりと適応できますが、
MtFの人は、態度、物腰、振る舞い、言葉つきが、
どうしても、めめしくて、すぐにバレてしまいました。

軍隊の訓練は、戦争に適応できない者を、間引く訓練です。
戦地で足枷になると、みんなが死んでしまいます。
みんなの迷惑になりそうな者を、
あらかじめ、内地で、いじめ殺します。




128 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:10:25 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/101 から引用

戦地に行くと、自由だったそうです。
部隊と一緒に行動しなければ、
敵の住民に、殺されてしまいます。
生きるも死ぬも、一蓮托生の、一つの命になりました。

父は、殺されたMtFの人の、病死のいきさつを、
ご両親に尋ねられました。
「からだが弱かったので、病気になった」
と、嘘をついたそうです。

そのことを、何度もわたしに言いました。
あれは、病死ではない、いじめ殺されたのだ、
お前も、しっかり、覚えておけ、
と、わたしに言っているかのようでした。


129 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/15(木) 01:11:02 ID:CtYvhDv2
またサヨの大嘘が始まったか・・・
阪神大震災でのレイプの事といい、本当に懲りないね。

130 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:11:24 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/102 から引用

わたしの世代では、子供の頃に、戦争映画をよく見ました。
まだ、戦争が終わって、10年そこいらでしたので、
大人の人は、みんな、戦争の現実をよく知っていました。

でも、ホモは描かれているのに、
性同一性障害は、描かれていませんでした。
7、8年前になって、やっと、妹尾河童という人の、
『少年H』という本が、映画化されました。
この映画の中の、おとこネエチャンは、
脱走して、首を吊りました。

131 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:12:20 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/103 から引用

どうして、MtFが適応できないのか、
わたしにも、わかりません。
生きるか死ぬかなのだから、
形だけでも、男らしくしておけばいいのに。
それができない心というのが、
性同一性障害の、精神病たる所以です。
女にもできるのに、MtF性同一性障害者にはできません。

父は、90才を超えていますが、
まだ、生きています。
あの町の、あの家の息子が、みんなに殴り殺されたことを、
今でも、しっかりと覚えています。
涙を流して、話します。
ご両親が、本当のことを知ったら、どんなに悲しむだろうか、
と、父は言っています。

132 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:15:32 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/104 から引用

人間魚雷というのを知っているでしょうか。
その搭乗員の人の遺筆の中に、
夢中大悟という言葉がありました。
これは、解離して、自我を捨てれば、
種族保存の本能で行動できる、という意味と同じです。

サンフランシスコの先生は、
性同一性障害は、解離しやすい脳のために、
男にも、女にも、適応できず、
男に生まれれば、わたしは女だと言いだし、
女に生まれれば、僕は男だと言うようになる、
と言いました。
解離しやすい脳は、性本能に支配されるそうです。

133 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:16:38 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/110 から引用

ねえ、だれか、書いてちょうだいよー
ナチの優生学と、現代の男脳女脳の考え方とが、同じだってこと。

優生学って、あれよ、日本の優生保護法の、あの優生。
いまは母性保護法に改名してるけど。
こいつのために、ホルモン療法とか性転換手術とかは、できなくて、
仕方なしに、性同一性障害っていう精神病を作ったの。
日本の場合ね。
精神病の治療のためなら、いっぱしの理由になるだろう、ってこと。
お医者さんが、逮捕されないようにするための、方便。
日本は、世界のケツっぺただったから、
外国の例を出すだけで、絶大な説得力になって、楽勝でした。

134 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:17:39 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/111 から引用
●あの優生って、ドイツが本家よね。
ナチスが、これを使って、
ユダヤ人虐殺とか、障害者駆除とかを、やったの。
GIDなんか、ガス室で殺して、ごみ焼却炉で焼いて、
石鹸とか肥料にしちゃったの。

遺伝って、簡単に、茶々入れられるのよね。
女はオッパイおおきくなければダメ、っていう文化にすると、
ぺちゃパイの女は、結婚できずに、子孫残せず、
あれよあれよっていうまに、世の中、巨乳女ばかりになります。
巨乳女と、ぺちゃパイ女は、脳が違いますから、
巨乳女ばかりになると、巨乳女の脳が、女脳になり、
そうでない脳は、男脳に見えてしまいます。
絶滅したはずの、ぺちゃぱい女が生まれると、
あれは男の体だ、脳を見ると、やっぱり男の脳だ、
ということになります。

135 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:18:38 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/112 から引用
●おっぱいなら、まだしも、
これが、ヒス起こす性格だったら、すぐに、だまされます。
女だったら、ヒス起こしても許される、
男だったら、ヒス起こすのはダメ男で、結婚できない。
ヒス起こす男は絶滅して、ヒス起こすのは女ばかりになります。
脳を見て、ヒス起こす脳を、あほ学者は、女脳だと言います。
自然科学だ、脳生理学だ、医学だと言います。
あほ。
それはヒス起こす脳なのよ、ただの文化なのよ。
男と女に、関係ないの。

ちっちゃい子供が、お人形さん好きでーすって言うと、
女の子だわね、脳を見ると、やっぱり女の脳をしている、
なるほど、なるほど、と納得するのも、同じ仕組み。
納得する気持ちが、ガス室送りのナチの考え方です。

136 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:19:21 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/113 から引用
●たとえ生まれつきの脳に表れていて、変更不能でも、
それは、ちょっとした文化にすぎないの。
文化が脳の形質の遺伝に表れてきます。
突然変異を自然淘汰するのは、人間の場合、この400万年、
ほとんど全部、人類自身の、ちょっとした文化でした。
文化のほうが、自然よりも、遺伝に対して影響力が大きいの。

男脳、女脳なんて、そうやって作られまーす。
脳の形質の違いを根拠にすることによって、
特定の趣向の文化を、まるで自然の摂理や法則のように、
客観的、科学的真理だと、誤解してしまうの。
宗教や政治が、よくやる手口。
インターセクシャルの人は、この手口にだまされませんが、
GIDの人は、積極的に、この手口を使う傾向があります。

137 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:21:46 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/114 から引用
●ナチスの優生学とか形質人類学とか民族学とかって、
この手口を使って、GIDやインターセクシャルや、その他の障害者を、ボタンや石鹸や肥料にしました。
偉い学者さんが、みんなだまされました。
第二次世界大戦後、これが批判されて、徹底的に叩かれました。
でも、共産主義が死んで、批判勢力がなくなると、
またぞろ、不死鳥のように、水虫のように、ぶり返してきました。
男脳論女脳論が、それ。

私はGIDだけど、これだけは、絶対に叩いておかないとダメ!
昔、ナチスがGIDをガス室に送った考え方です。
GIDは、自分で自分の首を絞めることになります。
男脳女脳論は、徹底的に潰して、
これを奉る学者なんか、野壺に突き落としてもかまいません。
私が許します!
野壺って、知ってる?

138 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:23:03 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/131 から引用
> 演技病、詐欺病、仮病っていう印象…
違うのよ、違うのよ。
演技とか、詐欺とか、仮病とかのほうは重要でなくて、
たとえばよね、嫌なお見合いの会食だと、お食事中に吐いて、みんなをびっくりさせて、お見合いをぶち壊しちゃうの。
人殺しをしたのに、嘘ついて、自分は神に誓って無罪潔白だと言って、怒ってみせるの。
でも、自分から吐いてぶち壊したとか、これは冤罪だとシラ切ったとか、ちゃんと本人が覚えていると、健康なの。
ヒステリーは、それを忘れるの。
自分からわざと演技的に嘘ついた動機の気持ちを、忘れてしまって、ほんとうに自分はどこか身体に病気があって嘔吐してしまったとか、ほんとうに自分は無実の罪で逮捕されたとか、信じ込んでしまうの。
だから、ポイントは、記憶の操作。
これがね、人間はみんな記憶を操作しているのよ。
重要でないことは、忘れるようになってるの。
忘れたいような嫌なことでも覚えているのは、嫌だけど重要だと思っているからなのよ。
忘れてしまうと、同じ失敗を何度も繰り返して、いつも嫌な目に遭うことになるしね。
でも、重要でない事は、あっさり忘れちゃいます。
何が重要か、重要でないかは、人それぞれの価値観だから、そんなの人の勝手です。

139 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:23:44 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/132 から引用
でも、なんか、おかしい。
自分の命や身体を重要でないと思うところまで行ってしまうと、なんか、おかしい。
わざと自分は女だと言い出して、
子供でもわかるはずなにのに、わざと苦しい社会生活を強いられる目に追い込んで、
実際に苦しみながら、わざと言い出した動機を忘れて、自分は本当に女なのだと思い込むのは、なんか、おかしい。
だから、解離性障害って、病気になるんだけど、これが昔ヒステリーと言われていた病気の本体部分。
あとは、こんな心理の結果、社会や自分自身との、いろんなトラブルが出てくるから、そのトラブルのほうに、リストカットだとか、アルコール依存症だとか、拒食症だとかっていう病名がつくの。
そういう本体部分と、二次的トラブル部分の両方を併せた総体が、昔のヒステリーっていう病気。
二次的トラブル部分に、GIDが入るっていうのが、ヒステリー説。
本体は、解離性障害だっていう意味。
自我障害の一種っていうことで、子供だと昔は発達障害って言われたんだけど、今は子供でもアル中って診断されるように、子供でもGIDって診断されるの。
記憶の操作と自我が、ポイント。
というのは、自我は、記憶の形式を規定するプログラムによって実行されているから。
プログラムが替わると、解離して、自分の過去を重要視しなくなって、自己同一性が壊れて、記憶が行方不明になって、責任感が希薄になって、現在の状況に夢中になって、仕事がはかどることもあるけど、ヒス起こすこともあるの。
これが、性本能とか種族保存とか集団本能とか言われるプログラムで、コロニー(群体)を作るプログラムと同じで、目に見える肉体のシステムとしては、♂と♀の役割分担システムしか持っていないそうです。

140 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:27:18 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/137 から引用
解離性同一性障害で一番多いのは、ほんの数十秒や数分で、感情が激変して、本人が別人格になったつもりで、演技的に調子に乗っている心理状態です。
さっきまで、笑って世間話をしていたのに、なんの理由もなく突然形相を変えて、怒鳴るようになります。
1分間ぐらい放っておいて観賞していると、今度は赤ん坊のようになったりします。自作自演の即興劇に興じているにするぎませんが、本人は絶対にわざとやったのではない、演技ではない、自然にこうなるのだと、あくまで言い張ります。

これは、解離性同一性障害でなく、ただの悪のり一人芝居ですが、最近はこういうのを解離性同一性障害と診断する流行りなので、よそがそういうふうに診断するのなら、うちもそれに合わせておかないと流行遅れになるという危機感から、解離性同一性障害と診断します。
多重人格だと言ってやると、当人は大喜びですから、この幸せをあえてぶち壊すような無慈悲なことはできません。
わざわざ傷口に塩をすり込むのが医療ではありませんから。


141 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:28:54 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/137 から引用
GIDも似たようなもので、こんなもん、ただの女装男が鏡見てうっとりして、道でパスして喜び、ホルモン使えばもっと気持ちよくなれると思って填ったにすぎませんが、GIDだと言ってやれば喜んでいますから、内科でホルモン療法をするように紹介状を書いてやります。
精子が再生不能になって困るのなら、そっちの医師に相談してください。
性腺を除去している人は、ホルモンが効かなくなれば、手のひらの指先や顔が赤くなり、自律神経失調症が出ます。
免疫力が落ちて、やがて身体的に病人になるでしょう。
ホルモンが効かなくなる体質かどうかがわかるまで、1年〜2年ほどかかります。
2年間は、早計に性腺を除去すべきではありません。
ホルモン耐性になったので性腺を除去するなどという自殺行為をしてはいけません。


142 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:31:31 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/137 から引用
ヒステリー性格は、病気の一種として想定されたものですので、悪いことばかりを列挙しています。
いいこともありますが、それは病気ではありません。
悪く出ればヒステリー性格と言われるもので、良く出ればこれこれという性格の全体像を想像しても、具体的な人柄がピンときません。
これは性格でなく、本能のことを言っているからです。
自我機能に関して言っていますが、個体保存の本能には、食欲や睡眠欲のようなものもあります。
腹が減ったときに、食い物にありつけないと、どういう心理になるか、満腹になれば、どういう心理になるか、眠れなければ、どうなるか、ぐっすり眠れば、どういう心理になるか、考えてください。

自我機能も個体保存の本能の一つです。
これが阻害されれば、どういう心理になり、満たされれば、どういう心理になるか、考えてください。
意識に関して、自我という個体保存の本能に拮抗する種族保存の意識状態があります。
自我機能が弱くなれば、反対に種族保存の意識状態が強くなります。
自我が強くなることは、種族保存の本能が阻害された状態です。
自我が弱くなるのは、種族保存の本能が満たされた状態です。
それぞれ、どんな心理になるかを考えれば、ヒステリー性格と名付けられた心理状態が導き出せます。

143 :引用子 2 :2007/02/15(木) 01:32:38 ID:tW+RedqE
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/137 から引用
これは性格ではなく、本能が阻害された時の心理状態です。
しかし、幼児期からこれが常習的になっていると、性格として形成されます。
さらに常習的になりやすい生まれつきの素質というのもあります。
普段、本能を調節しているのは、自律神経ですが、更年期やヒステリー状態では、自律神経失調症と言われる精神症状が出ます。
時間切れになりました、また会う日まで。

144 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/15(木) 04:44:48 ID:PaLNaJ50
男はつらいよ??

オカマはもっとつらいよ!!


145 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/16(金) 20:57:54 ID:drsOFvwC
当事者の立場の実情ってものが抜けているから
現実味がない

146 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/18(日) 07:55:35 ID:ym0OPSIk
こちらのほうに吸収されたようです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/


147 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/02/19(月) 23:44:11 ID:FDRh5WeB
アルコール依存症で言いますと、本人は酒を飲んで御機嫌ですが、周囲の迷惑は言うまでもありません。
拒食症もリストカットも、ギャンブル依存症も、本人は陶酔状態ですが、
周囲は親身になればなるほど振り回されて、身も心も疲れ果てます。

性同一性障害も、これと同じで、
本人はホルモン療法や、手術によって、すっかり陶酔気分ですが、
家族や会社では、障害者を差別しないように、
おだてながら、気を使って苦労します。
障害者本人が気持ちよく陶酔しているのに、
どうして、周囲が苦労しなければいけないのか、不満になります。
少なくとも障害者本人のほうが、周囲の苦労よりも大きな苦痛を感じてもいいのではないかと、
周囲の人は思います。
ヒステリー系の人は、ほんの少しの精神的苦痛によって壊滅的に崩れてしまう人達なので、周囲が本人の苦痛を分担して受け持ってあげなければならず、本人の背負う荷物が最も軽いという不公平が生じます。
障害者を持つ家族や社会は、それをしなければなりません。
これは、健康な人の義務だと思ってください。

148 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/06(火) 21:03:14 ID:YpoEo8H/
>>139 解離性障害だったんだー。へぇー。
このスレおもろいね

149 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/11(日) 22:52:22 ID:sOhmwdJM
ラビナス 小西真奈美18歳
http://www.youtube.com/watch?v=j2-pGsQZ_RY
http://www.youtube.com/watch?v=9H5MX9fM-yY

150 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/13(火) 02:22:22 ID:pEdFZAOj
ジェンダー概念にいつまでもとらわれ続けている過去の産物

151 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/20(火) 03:43:38 ID:8LmbbPAX
>>149
小西真奈美ってMTFか?

152 :真一毛 マチソ子先生♪ ◆OS8WR1dsUk :2007/03/20(火) 04:13:07 ID:JUo2OBYw
先日、黒澤監督の「叫び」って映画見た直後だったから、>>151の反応に
激しくウケてしまったW

153 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/20(火) 18:25:05 ID:ffWoAOzl
性同一性障害とは、生きながら死ぬこと。

154 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/21(水) 10:20:48 ID:knKs2IYX
相手にペニスを入れて合体したいのに自分のペニスがなくなっていたらどんな気分になりますか?

155 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/23(金) 00:57:38 ID:GiJ1LO51
>>72
性欲の強さを前提としているあたりと、理性を無視とまではいかないまでも
ないがしろにしているあたりも痛々しいな。

そんなお話で片付いてしまう患者さんもいるのかもしれないけど、
真理は多数決では決まらないよ。忙しさに逃げないで勉強して下さい。



156 :名無しさん 〜君の性差〜:2007/03/23(金) 01:10:47 ID:jKsW2bjz
       /        ヽ
      /  | | | | | | | | |  ヽ
     /  [ ー]'-`[ー ]ヽ  ヽ
     \/   、_ _,   ヽ /
       |      ヽ   |ノ
       ヽ    U    ' | 
       |_/⌒_⌒\._ノ| うるさいんだよ〜
       ヽ\|_|_|//
        ヽ、___, '|


117 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)